VW ID Roomzzコンセプト 電動SUVの市販は2021年!?

VWの新車情報, 新車情報EV, SUV

フォルクスワーゲンが、新たなIDコンセプトを公開しました。
今度は比較的大型の電動SUVです。

今回は上海オートショーで発表される「ID Roomzzコンセプト」の概要をご覧ください。


VW ID Roomzzコンセプトの概要

エクステリア

VW ID Roomzzコンセプト

全長4,915mmという比較的大きなサイズのSUVだ。

前後どちらのドアもスライドドアとなっている。

リア周りはシンプルだが、未来的だ。

ヘッドライトはIDに共通するデザインだが、細部が異なっているようだ。

テールライトのLEDは、鱗のようなデザインだ。

顔つきはIDに共通するファミリーフェイスですが、ID Roomzzコンセプトには、前後どちらのドアもスライドドアであるという、際立った特徴があります。

ID Roomzzコンセプトの全長は4,915mm、全幅は1890mm、全高は1,760mm、ホイールベースは2,965mmです。
アメリカではミッドサイズSUVに分類される大きさですが、日本ではやや大型のSUVといえるでしょう。

目次に戻る

インテリア

ID Roomzzコンセプトのインテリア。ダッシュボードが無い。

インストゥルメントは非常にシンプル。

ステアリングの大部分が表示領域になっている。

市販バージョンは3列シートになる予定だが、コンセプトは4人乗りだ。

肘掛け部分の先端にタッチパネルが埋め込まれている。

乗降時にはシートが外向きになるようだ。

ルームランプも手が込んでいる。

ID Roomzzコンセプトには、ダッシュボードがありません。
あるのはタッチスクリーンと、大部分がデジタル・ディスプレイに覆われたステアリングだけです。

ID Roomzzコンセプトは、レベル4自動運転を想定したインテリアとなっています。
自動運転時には個々の座席が25°内側に回転し、ラウンジのような雰囲気を演出してくれるのだそうです。

マテリアルにもこだわっており、シートには再生可能な原材料から作られた「AppleSkin」と呼ばれる素材を用いています。

なおVWによると、室内はトゥアレグ以上に広いとのことです。

目次に戻る

パワートレイン

ID Roomzzコンセプトは、2つの電動モーターを搭載しています。
システムの総出力は306psです。

バッテリー容量は82kWhで、航続距離はWLTP基準で450kmとなっています。
150kWのDC急速充電に対応しているので、約30分間という短時間で、バッテリー容量の80%をチャージ可能です。

ちなみに最高速度は180km/h、0-100km/hは6.6秒となっています。

目次に戻る

発売日

ID Roomzzコンセプトは、4月18日からの上海オートショーでワールドプレミアされます。
市販バージョンは3列シートのフラッグシップSUVになると言われており、登場は2021年になりそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath