Porscheの新車情報 新車情報

ポルシェ981ベルクスパイダー ボクスターで伝説のヒルクライムマシンをリバイバル

投稿日:

ポルシェが、981ベルクスパイダーを公開しました。
伝説のヒルクライムマシン「909(通称ベルクスパイダー)」のコンセプトに基づき、981ボクスターをベースに製作したプロトタイプです。

今回は981ベルクスパイダーの概要をご覧ください。


ポルシェ 981ベルクスパイダーの概要

ポルシェ 909とは?

Porsche 909

ポルシェ 909は、プロトタイプ・レーシングカーの910を、ヒルクライム用に改造したレーシングカーです。
909は279psの2.0リッター・水平対向8気筒エンジンを搭載していたにも関わらず、車重はわずか384kgに抑えられていたため、優れたパワーウエイトレシオを実現していました。

ポルシェは1958年からヨーロッパ・ヒルクライム選手権・スポーツカークラスで連覇を続けていましたが、1968年にフェラーリがヒルクライムマシンとして「212E モンターニャ」を発表します。
212Eは68年の実戦投入こそ叶わなかったものの、軽量・ハイパワーな212E(車重500kg, 2.0L・水平対向12気筒は320psを発生)が、翌年以降ポルシェの脅威となるのは確実でした。

Ferrari 212 E Montagna

そこで212Eに対抗すべく、フェルディナント・ピエヒは909に徹底的な軽量化を施したのです。
909は1968年シーズンに投入されたものの、ポルシェのドライバーたちは910ベルクスパイダーを好み、タイトルを防衛したのも910の方でした。

Porsche 910/8 Bergspyder

そして69年のヨーロッパ・ヒルクライム選手権では、フェラーリにタイトルを奪われてしまいます。
しかし909はテクニカルコース用のレーシングカー「908/03」に姿を変え、サーキットで成功を収めたのです。

目次に戻る

981ベルクスパイダーの概要

981と909の比較。909がいかに小さいかわかる。

981ベルクスパイダーも909と同じく、徹底的な軽量化を施されています。
何しろ車重は1,099kgしかありません。
ベースの981ボクスター(MT仕様)が車重1,377kgであることを考えると、驚異的な軽さです。

そしてエンジンは、ケイマンGT4の3.8リッター・水平対向6気筒が搭載されています。
このエンジンの最高出力は393psです。
よってパワーウエイトレシオは2.796となります。
0-100km/hを約4秒でこなし、ニュルブルクリンクを7分30秒前後で周回するパフォーマンスを想定しているそうです。

981ベルクスパイダーは、シングルシーターに改造されています。
そのためダッシュボードも新設計されました。
シートはイミテーションレザー製で、防水仕様です。
助手席部分はラゲッジスペースとなっていて、ヘルメットなどを置くことができます。

981ベルクスパイダーのインテリア


シングルシーターに改造されているが、助手席部分に荷物を置ける。


メーターは近代的。


981ベルクスパイダーは2年間に渡ってヴァイザッハの開発センターに展示されていましたが、最近ポルシェ博物館に移管されたそうです。
2019年のガイスベルク・ヒルクライムレースにて、実車が初公開されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

-Porscheの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.