ランボルギーニ ウラカンEVOに「ペルフォルマンテ」追加か?

Lamborghiniの新車情報スポーツカー, スーパーカー

ランボルギーニウラカンに新たなバージョンを追加するかもしれません。
それらしきテストカーが公道テストを行う姿が目撃されました。

ウラカンは2019年に「EVO」モデルに進化しました。
ランボルギーニが現在開発しているのは、ウラカンEVOベースのペルフォルマンテであると考えられています。

今回はウラカンEVOペルフォルマンテのスパイショットをご覧ください。


ウラカンEVOペルフォルマンテの最新情報

エクステリア

スパイショット

ウラカンEVOペルフォルマンテと見られるテストカー

ウラカンEVOのバンパーがテープで固定されている。

サイドビューは他のウラカンと同じ。

ルーバー状のエンジンカバーは、ウラカンでは初だろう。

暗くて判別しづらいが、ディフューザー部分が取り外されているように見える。
画像の出典: motor1.com

テストカーにはウラカンEVOのバンパーが装着されていますが、テープで固定されているだけで、バンパーと車体の色も合っていません。
よってウラカンEVO用のバンパーはあくまで仮のもので、今後専用品に取り替えられる可能性が高いでしょう。

また、ウラカンでは見たことがないエンジンカバーが装着されています。
通常のウラカン(EVO含む)はガラス製のエンジンカバーが装着されていますが、テストカーはアヴェンタドールのようなルーバーとなっています。

このテストカーがウラカンEVOペルフォルマンテだとすれば、搭載している5.2リッター・V型10気筒ガソリン自然吸気エンジンの最高出力は、640psを上回るものとなるはずです。
0-100km/hも2.9秒以下のタイムとなるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath