ランボルギーニ ウラカンEVO RWDスパイダー 最も刺激的なモデルかもしれない

2020年5月8日Lamborghiniの新車情報オープンカー, スポーツカー, スーパーカー, ランボルギーニ

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder

ランボルギーニウラカンEVO RWDスパイダーを発表しました。
ウラカンの後輪駆動バージョンをコンバーチブルにしたモデルです。
ドライバー志向の後輪駆動と、ルーフを開けてダイレクトに楽しめるV10サウンドの組み合わせは、最も刺激的なランボルギーニといえるかもしれません。

今回はウラカンEVO RWDスパイダーの概要をご覧ください。


ウラカンEVO RWDスパイダーの概要

エクステリア

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder
ウラカンEVO RWDスパイダー

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder front
顔つきはRWDクーペと同様だ。

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder roof open
ルーフを開けた状態。低さが強調されて非常にかっこいい。

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder roof close
ルーフを閉じた状態。ルーフラインはクーペとほぼ同じだ。

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder top
上から見るとドライバーが車体のほぼ中央に座っていることがわかる。

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder rear three quarter
エンジンフードはスパイダーならではのデザイン。

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder rear
ディフューザーはボディ同色となっている。

顔つきはウラカン EVO RWDクーペと同じで、AWDモデルと差別化されています。
ソフトトップを閉じた際のルーフラインはクーペとほぼ同様で、サイドインテーク周辺の処理が異なるだけです。

目次に戻る

インテリア

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder cockpit

8.4インチのタッチスクリーンを持つHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)は、ドライビング・ダイナミクスの制御やエンターテインメント機能の操作が可能です。
Apple CarPlayにも対応しています。

また、ステアリングホイールのANIMAボタンを使用して、ドライビングモードを切り替えることも可能です。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは5.2リッター・V型10気筒ガソリン自然吸気です。
610ps・560Nmを発生します。

ギアボックスは7速DCT。
新開発のP-TCS(パフォーマンス・トラクションコントロール)や軽量な車体(1,509kg)により、RWDながらも0-100km/h加速を3.2秒でこなします。
最高速は324km/hです。

目次に戻る

価格・発売日

日本価格は2,653.9万円です。

欧州では2020年夏からデリバリーが開始されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath