Radical SR3 XX 軽量化とスズキ・パワーでさらに速く

他メーカーの新車情報Radical Sportscars, スポーツカー, ライトウェイトスポーツカー

Radical SR3 XX

イギリスのスポーツカーメーカー「Radical」が、「SR3 XX」というニューモデルを発表しました。
最新の電気的アーキテクチャーとスズキ製の新しいエンジンを搭載しています。

今回はRadical SR3 XXの概要をご覧ください。


Radical SR3 XXの概要

エクステリア

Radical SR3 XX front three quarter
Radical SR3 XX

Radical SR3 XX front
フロントスプリッターは複雑な形状をしている。

Radical SR3 XX headlight
ヘッドライトは夜間のレースにも対応できるもの。

Radical SR3 XX side
車体側面はシンプルそのもの。

Radical SR3 XX mirror
小ぶりなレーシングミラーを装備。

Radical SR3 XX top
2シーターだがキャビンの広さは最低限だ。

Radical SR3 XX rear three quarter
リアウイングは最新のトレンドに則った形状。

これまでのRadical車と同様にレーシングカーのような外観をしていますが、SR3 XXのエアロはかなり洗練されているようです。
3D形状のフロントスプリッターや、スリットの入ったリアウイング翼端板、大型のリアディフューザーなどは、かなり複雑な形状をしています。

目次に戻る

インテリア

Radical SR3 XX dashboard

シンプルですが、ステアリングにデジタルディスプレイが搭載されています。
センターコンソールの方にはECUやデータ用のボタンが上部に、エンジンスターターボタンとヘッドライトのボタンは下部に配置されています。

目次に戻る

シャシー

サスペンションはフルアジャスタブルのNik-Linkサスペンションです。
Nik-Linkはダンパーの上部がロッカーに接続されており、そのロッカーは屈曲したバーを介して逆側のロッカーと接続されているので、左右どちらかのサスペンションの動きが逆側にも伝わります。
屈曲したバーはスタビライザー(アンチロールバー)のような働きをするのですが、スタビライザーがねじれることによってロールを抑制するのに対し、Nik-Linkは逆側のサスペンションの動きを利用してロールを抑制します。
そしてNik-Linkの方がロッドエンドやリンケージの数を減らすことができるのだそうです。

Nik-Linkに関する説明(英語)

ブレーキはフロントとリアに280φのディスクと4potキャリパーを装備しています。
また、パートナー企業のAiMテクノロジーが開発した新しいソリッド-ステート配電モジュールにより、配線の数をかなり減らせただけでなく、データの処理速度も大幅に向上したそうです。
車重は1.5リッターモデルでも620kgしかありません。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはスズキ・ハヤブサのエンジンをRPE(Radical Performance Engineering)がチューニングしたもので、排気量は1,340ccと1,500ccの2種類が用意されています。
前者は198ps、後者は230psを発生します。
トランスミッションは6速シーケンシャルで、リミテッドスリップデフも装備されています。

排気量(cc) 出力(ps) 0-96km/h(秒) 最高速(km/h)
1,340 198 3.3 227
1,500 230 3.1 236.5

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath