ランボルギーニ シアン・ロードスター 19台限定の超希少なハイパーカー

2020年7月9日Lamborghiniの新車情報ハイパーカー

Lamborghini SIan Roadster

ランボルギーニが「シアン・ロードスター」を発表しました。
たった19台しか生産されないというハイパーカーですが、そのわずかな台数も既に完売済みだそうです。

今回はシアン・ロードスターの概要をご覧ください。


ランボルギーニ シアン・ロードスターの概要

エクステリア

Lamborghini SIan Roadster front
ランボルギーニ シアン・ロードスター

Lamborghini SIan Roadster top
どこにルーフを格納しているのかわからない。

Lamborghini SIan Roadster side
シャープでアグレッシブなプロポーション。

Lamborghini SIan Roadster wheel
オロ・エレクトラムというカラーのホイールを装着する。

Lamborghini SIan Roadster rear three quarter
思わず息を呑むほど巨大なリアディフューザー。

Lamborghini SIan Roadster rear wing
リアウイングは走行時のみせり上がる仕組み。

シアン・ロードスターのテールライトデザインは、カウンタックにインスパイアされたものなのだそうです。

リアにはアクティブ・クーリング・ベーンが搭載されています。
これにはランボルギーニが特許を取得した独自の材料が使われており、排気システムからの温度に反応するスマートマテリアルエレメントによってベーンが回転し、エンジンの冷却を行います。
巨大なリアウイングも可変式で、通常時は格納されており、走行中のみせり上がってダウンフォースを発生する仕組みです。

目次に戻る

インテリア

Lamborghini SIan Roadster interior
シアン・ロードスターのインテリア

Lamborghini SIan Roadster
SF映画に出てくる宇宙船のコクピットみたいだ。

目次に戻る

パワートレイン

Lamborghini SIan Roadster

6.5リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載しています。
このエンジンと48Vマイルドハイブリッド(34ps)の組み合わせにより、819psの最高出力を発生。
パフォーマンスは0-100km/hが2.9秒以下、最高速は350km/h以上という凄まじいものです。

シアン・ロードスターにはスーパーキャパシタが搭載されています。
バルクヘッドに搭載されたスーパーキャパシタは、同出力のバッテリーと比べて1/3の重量に抑えられています。
モーターとスーパーキャパシタ合わせた電気システムの重量はわずか34kgしかありません。
つまり電気システムのパワーウエイトレシオは1です。
ちなみに車両全体のパワーウエイトレシオも2しかありません。

モーターは130km/hまでの加速においてアシストを行う他、トラクションの向上やシフトフィールの改善などの効果をもたらします。
電気システム非搭載車と比較すると10%も速くなるそうです。

目次に戻る

価格・発売日

シアン・ロードスターの生産台数はわずか19台で、その全てが既に完売しています。
ちなみにクーペの生産台数は63台でした。

ランボルギーニはシアン・ロードスターには正式な価格が付けていないそうですが、一説では370万ドルだと推測されています。
超希少車なので、今後カーオークションに出品された際には、それ以上の価格で取引されるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath