マクラーレン アルトゥーラ ハイブリッドスーパーカーは2021年発売!

2020年10月9日McLarenの新車情報PHEV, スーパーカー

McLaren Artura Badge

マクラーレンハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)の車名を発表しました。
車名は「Artura(アルトゥーラ)」だそうです。

アルトゥーラは、マクラーレン GTとスーパーシリーズ(720S)の中間に位置する商品となります。
なおスポーツシリーズは、現在販売中の620Rを最後に廃止されるそうです。

このページではマクラーレン アルトゥーラに関する最新情報を随時更新中です。

更新情報

上記画像と車名に関する情報を追加しました。(2020/11/24)

スパイショットパテントイメージを追加し、パワートレインの情報を更新しました。(2020/10/27)


マクラーレン HPHの概要

エクステリア

ティザー画像

McLaren High Performance Hybrid Teaser
マクラーレン ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)

McLaren High Performance Hybrid Teaser
かなり高い位置にマフラーがあるのが特徴だ。

スパイショット

McLaren HPH Spyshot Front
マクラーレン HPHのスパイショット

McLaren HPH Spyshot Front three quarter
ヘッドライトは既存のマクラーレン車と少し異なり、LEDが奥まった所にある。

McLaren HPH Spyshot Front side
フロントバンパー両端の空力処理が興味深い。

McLaren HPH Spyshot Side
ノーズの低さが目を引く。リアオーバーハングは非常に短い。

McLaren HPH Spyshot Rear three quarter
ピラーに見える部分はフライング・バットレスなので、向こう側が丸見え。

McLaren HPH Spyshot Rear
エキゾーストは高い位置にある。独特なディフューザー形状は2段式だろうか。
画像の出典: carscoops.com

パテントイメージ

McLaren HPH Patent Image Front
マクラーレン MPHのパテントイメージ

McLaren HPH Patent Image Rear
ハイブリッドを搭載するにもかかわらず、リア周りはコンパクトな作りだ。

目次に戻る

シャシー

マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャ(MCLA)が初採用されます。
これはマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)で開発されたもので、ハイブリッドパワートレイン用に最適化されているそうです。

目次に戻る

パワートレイン

アルトゥーラのパワートレインは、V型6気筒(おそらくツインターボ)に電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドです。
ゼロ・エミッション走行距離(EV航続距離)は約32kmだと言われています。

パフォーマンスに関する数値は不明ですが、マクラーレンによると「驚異的なパフォーマンスと都市部の移動のほとんどをEV走行でカバーできる、並外れた車」とのことです。電動モーターを搭載しているので、0-100km/hの加速性能にも期待できます。

2020年10月27日追記

システムの総出力は600ps以上になる見込みだと、複数の海外メディアが報じています。
マクラーレン GTが620ps、マクラーレン 720Sが720psなので、その中間くらい(660ps前後)になるという予想もあるようです。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありませんが、商品の位置付け的に、GTとスーパーシリーズの中間に位置する価格帯になるでしょう。
ちなみにマクラーレン GTの国内価格は2,695万円から、スーパーシリーズのマクラーレン 720Sは同3,461万円からとなっています。

アルトゥーラは2021年前半に発売予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath