ロータス初の電動SUV「ラムダ」のスパイショット

Lotusの新車情報EV, SUV, クーペsuv

Lotus Lambda Spyshot

ロータス初となる電動SUV「ラムダ」が、中国でスパイショットされました。
これまではタイプ132というコードネームで呼ばれてきたモデルです。

今回はロータス ラムダの最新情報とスパイショットをご覧ください。

Related Posts

ロータス ラムダの最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Lotus Lambda Spyshot
ロータス ラムダのスパイショット

Lotus Lambda Spyshot Side
ルーフラインからクーペSUVだとわかる

Lotus Lambda Spyshot Rear
リアフェンダーはかなりワイドな感じだ

パテントイメージ

Lotus Lambda Patent Top
ロータス ラムダ(タイプ132)のパテントイメージ

Lotus Lambda Patent Front
ロータスらしいスポーティーな顔つき

Lotus Lambda Patent Side
クーペSUVだがデザインに違和感はない

Lotus Lambda Patent Rear
シンプルな丸形テールランプ。ディフューザーも装備されている。

目次に戻る

パワートレイン

シングルモーターとデュアルモーターの2つの仕様がラインナップされます。
前者は590ps・700Nm、後者は740ps・1,100Nmです。

ラムダのプラットフォームは、ロータスの親会社である吉利自動車の「SEA(Sustainable Experience Architecture )」がベースとなっています。これは800Vのシステムに対応しています。
そのため350kWの急速充電が利用でき、バッテリー容量の80%までなら、わずか20分程度で充電可能と言われています。
バッテリー容量は90~120kWh、航続距離は最大650kmです。

目次に戻る

価格・発売日

開始価格は80,000ユーロからになると言われています。

ロータス ラムダは2022年春に発売される予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath