ロータス エリーゼとエキシージがファイナルエディションで有終の美

Lotusの新車情報スポーツカー, ライトウェイトスポーツカー

Lotus Elise and Exige Final Edition

ロータスが「エリーゼ」と「エキシージ」のファイナルエディションを発表しました。
四半世紀に渡りロータスを支えてきたエリーゼにも、ついに引退するときが来たのです。

今回はファイナルエディションが追加された5車種について、概要をご覧ください。

Related Posts

エリーゼとエキシージのファイナルエディション

エリーゼ スポーツ240 ファイナルエディション

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Front
ロータス エリーゼ スポーツ240 ファイナルエディション

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Side
車体の各所にファイナルエディションのデカールが追加されている。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Rear
スポーツ240の外観は、エアロパーツが無いためシンプルだ。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Taillight
テールライト下にもデカール

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Engine cover
コクピット後方もなかなかかっこいい。

スポーツ240ファイナルエディションのエンジンは、244ps・244Nmを発生します。
軽量オプションを全て装着した場合の車重が898kgしかないので、0-96km/hの加速にも4.1秒しかかかりません。

ホイールは10スポークの鍛造アロイ。
タイヤはヨコハマのV105(フロント195/50 R16, リア225/45 R17)を履いています。

インテリアは他のファイナルエディションと共通で、レザーとアルカンターラで仕立てられた新デザインのステアリングホイールやTFT液晶のデジタルダッシュボード、新しいシートトリムやステッチパターンが用意されています。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Cockpit
エリーゼ スポーツ240のコクピット。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Interior
ファイナルエディションは基本的に同一のデザインだ。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Seats
シートトリムやステッチが新しいものになっている。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Shifter
シフトリンケージが見えるデザインがかっこいい。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Meter
液晶メーターに進化。表示は2パターンから選べる。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition Steering
レザーとアルカンターラで仕立てられたDシェイプステアリング。

Lotus Elise Sport 240 Final Edition glovebox
こんなとこにもファイナルエディションのロゴが。

エリーゼ スポーツ240ファイナルエディションは、日本導入が決定しています。
価格は777.7万円です。

目次に戻る

エリーゼ カップ250 ファイナルエディション

カップ250には、フロントスプリッター、リアウイング、リアディフューザー、サイドフロアエクステンションなどの空力パーツが装着されています。
これらの効果により、160km/h走行時に66kgのダウンフォースを得ることが可能です。最高速(250km/h)走行時には、ダウンフォース量が155kgに増加します。

タイヤサイズはスポーツ240と変わらないものの、銘柄はヨコハマのA052にアップグレードされています。
ホイールは10スポークのダイヤモンドカット超軽量鍛造ホイールを装着。
ビルシュタインダンパーや調整可能なアンチロールバーも装備されています。
軽量なカーボンファイバーオプションを利用した場合の車重は、わずか931kgです。

目次に戻る

エキシージ スポーツ390 ファイナルエディション

Lotus Exige Sport 390 Final Edition Front
エキシージ スポーツ390 ファイナルエディション

Lotus Exige Sport 390 Final Edition Rear
各種エアロパーツは決して飾りではない。

3.5リッター・V型6気筒ガソリンスーパーチャージドエンジンは、403ps・420Nmを発生します。
車重は1,138kgしかないので、0-96km/hも3.7秒という俊敏さです。
最高速は277km/hで、その際のダウンフォース量は115kgに達します。

ホイールは10スポークの軽量鍛造アロイ。
タイヤはミシュラン パイロットスポーツ4(フロント205/45 ZR17、リア265/35 ZR18)を装着します。

エキシージ スポーツ390ファイナルエディションも、日本導入が決定しているモデルです。
価格は1,177万円となっています。

目次に戻る

エキシージ スポーツ420 ファイナルエディション

Lotus Exige Sport 420 Final Edition Front
エキシージ スポーツ420 ファイナルエディション

Lotus Exige Sport 420 Final Edition Rear
スポーツ390以上に過激なモデルだが、さらに上がある。

エンジンは426ps・427Nmを発生します。
パワーアップしているにもかかわらず、車重はスポーツ390よりも軽い1,110kgです。
0-96km/hは3.3秒、最高速は290km/hとなっています。

足回りには、調整可能なアイバッハ製アンチロールバーやナイトロン製ダンパーを標準装備。AP Racing製の鍛造4ピストンブレーキキャリパーを装着しています。
ホイールは10スポークの軽量鍛造アロイ。
タイヤはミシュラン パイロットスポーツカップ2(フロント215/45 ZR17, リア285/30 ZR18)です。

エキシージ スポーツ420ファイナルエディションも日本に導入されます。
価格は1,397万円です。

目次に戻る

エキシージ カップ430 ファイナルエディション

Lotus Exige 430 Cup Final Edition Front
エキシージ 430カップ ファイナルエディション

Lotus Exige 430 Cup Final Edition Rear
史上最強のエキシージといえるモデルだ。

最上級グレードのカップ430は、436ps・440Nmを発生します。
最大トルクは2,600rpmという低回転から発生するのが特徴です。
0-96km/hは3.2秒。最高速は280km/hとなっています。

最高速時のダウンフォース量は171kg。
フロントスプリッターやリアウイングなどにはモータースポーツグレードのカーボンファイバーパーツが装着されているので、車重は1,110kgに抑えられています。

バンプステアを増やすために、ステアリングアームの形状が変更されました。
ダンパーはナイトロン製で、3wayの調整が可能です。
アイバッハ製アンチロールバーは前後とも調整可能。
ブレーキはAP Racingの鍛造4ピストン。
タイヤはスポーツ420と同銘柄・同サイズですが、ホイールはダイヤモンドカットされています。

マフラーはハイフローチタンエキゾーストを標準装備。
トラクションコントロールも搭載されており、6段階の調整が可能です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath