ロータス エミーラGT4 内燃機関を搭載する最後のロータス製レーシングカー

Lotusの新車情報スポーツカー, レーシングカー

Lotus Emira GT4

ロータスが「エミーラGT4」を発表しました。
ロータスがRMLグループと共同開発したレーシングカーで、世界各地で開催されているGT4クラスのレースに参戦できます。
RMLは日産やシボレーなどと共に、ツーリングカーレースで大成功を収めたコンストラクターです。

ロータスは今後EV専業メーカーとなるため、内燃機関(ICE)を搭載するロータス製レーシングカーとしては、エミーラGT4が最後のモデルとなります。

今回はエミーラGT4の概要をご覧ください。

Related Posts

ロータス エミーラGT4の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Lotus Emira GT4 Front
ロータス エミーラGT4

Lotus Emira GT4 Front three quarter
GT4クラスなのでエアロは控えめだが、フロントスプリッターは大型化されている。

Lotus Emira GT4 Rear
リアウイングはスワンネックステーで保持されている。ディフューザーはロードカーと同じものだ。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,410
全幅(mm) 未公表
トレッド幅(mm) 1,664
全高(mm) 1,290
車重(kg) 1,260

市販バージョンのエミーラが1,405kgなので、大幅な軽量化がなされています。

目次に戻る

シャシー

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式で、ダンパーはオーリンズです。
ブレーキはアルコン製で、ボッシュのモータースポーツ用ABSも装備されています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはトヨタ製の3.5リッター・V6で、Harropのスーパーチャージャーによって過給されています。
最高出力は406psです。

トランスミッションはxTrac製の6速で、パドルシフトで変速可能。
LSD(リミテッドスリップデフ)を介し、後輪を駆動します。

目次に戻る

価格・発売日

価格は公表されていません。

エミーラGT4は2022年シーズンに向けて少数が生産されます。
本格的な供給が始まるのは2023年シーズンになるようです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath