マツダ車の評価・口コミ

ステーションワゴンの王様はわがまま 新型アテンザワゴンの評価・口コミまとめ

sponsored link

アテンザワゴン(GJ)_外観

画像の出典: mazda.co.jp

ステーションワゴンの王様は、忠誠心を要求する。

アテンザワゴンの評価や口コミを見ていると、アウディA4アバントBMW320dツーリングとの比較が多いことに気づきます。つまり、もはやアテンザワゴンのライバルはドイツ車なのです。国内でのライバルはレヴォーグくらいのものでしょうか。

そのくらいアテンザワゴンは、デザインや走行性能で抜きん出たものを持っています。しかしそれは乗降性や視界、乗り心地と引き換えに手に入れたものです。かつてのアコードワゴンのように、バランスの取れた車ではありません。

非常に高いレベルにあるアテンザワゴンですが、ドライバー側のニーズによっては、その高評価が覆る可能性もあるわけです。具体的にどのようなニーズと合致するかは、以下のまとめでご確認ください。

sponsored link

目次
  1. インテリア
  2. ナビ・電装系
  3. エクステリア
  4. エンジン・燃費
  5. ハンドリング・取り回し
  6. 乗り心地・静粛性
  7. 安全性
  8. 価格・値引き額
  9. 愛車を高く売る条件4つ。買取り、走行距離……では残りの2つは?

インテリア


シート

    アテンザワゴン(GJ)_前席

    画像の出典: autoc-one.jp

    △大きめのシートで疲れにくいが、座面は硬めで、腰回りのサポートが弱く感じる。
     →革シートはさらに座り心地が硬い。
     →寝そべるような感じで座ると腰に悪いので、座面を下げて背もたれを起こすと楽になる。
    ◯シートと、ステアリングのチルト・テレスコの調整幅は十分なので、最適なドライビングポジションを取りやすい。
    ◯Lパッケージにはメモリー機能付き電動パワーシートが装備される。
    ☓スポーツシートなので倒して寝るには向かない。
    ☓ヘッドレストが前後に動かず、上下調整しかできない。

室内の広さと使い勝手

    ☓ボディサイズの割りに狭い。頭上が特に狭い
     →リアの足元は広い
    ☓センターアームレストを前方にスライドさせると、カップホルダーが1つ潰れてしまう。
     →M/Cで変更
    ◯電磁式パーキングブレーキのおかげで運転席周りがすっきりしている。
    アテンザワゴン(GJ)_電磁式パーキングブレーキ

    画像の出典: mazda.co.jp


インテリアの質感

    ◯シンプルで落ち着きと品格があるインテリアデザイン。
    ◯ソフトパッドが各所に配置されており、触感が良い。
    アテンザワゴン(GJ)_ソフトパッド
    ドアトリムのソフトパッド。

    画像の出典: autoc-one.jp

    ステアリングの革は素晴らしく、こなれてくれば滑らなくなる
    アテンザワゴン(GJ)_ステアリング

    画像の出典: car.watch.impress.co.jp/

    ☓ピラーから天井、バイザーの質感がチープ。
    アテンザワゴン(GJ)_サンバイザー

    画像の出典: car.watch.impress.co.jp/

    ☓純正DOPのフロアマットは残念なレベル。

小物収納・ラゲッジスペース

    運転席・助手席周りの収納が大変少ない
    ☓ドアポケットは小さく、実質的にペットボトル専用。
    ☓9.5インチのゴルフバッグは横置きできず、カラクリトノカバーを外して4つ積めるのは9インチまで。ラゲッジ容量506リッター(5名乗車時)。
    アテンザワゴン(GJ)_ラゲッジスペース

    画像の出典: autoc-one.jp

目次に戻る

ナビ・電装系の評価


メーター

    アテンザワゴン(GJ)_メーター

    画像の出典: car.watch.impress.co.jp

    △シンプルで見やすいが、ヘッドアップディスプレイがあるのだからタコメーターを中央にして欲しかった。

ナビ・バックモニター

    ヘッドアップディスプレイが先進的
    ◯夜間でもバックモニターが明るい。
    ☓マツダコネクトナビの精度がいまいち。
    アテンザワゴン(DJ)_マツダコネクト
    マイナーチェンジ後のモデルに装備されるマツダコネクト

    画像の出典: mazda.co.jp


スイッチ・レバー類

    ◯ボタンを押したときのクリック感が良い。
    ☓サイドミラーの格納&展開スイッチが回転式で煩わしい。
     →マイナーチェンジで変更。
    ☓ATレバーがやや遠い。
     →マイナーチェンジで変更。

空調関連

    ☓外気と循環のスイッチが助手席側に近く、運転しながら押せない。
     →マイナーチェンジで変更された。

オーディオ

    ◯BOSEサウンドシステムの音質が良い。
     →Lパッケージに標準装備、プロアクティブにメーカーオプション。
      →ただBOSEの音が擬似的なので、合わない人もいる。
    アテンザワゴン(GJ)_BOSE

    画像の出典: mazda.co.jp

    ☓マイナーチェンジ前の純正ナビは音質が悪い。

その他電装系

    マイナーチェンジでアダプティブLEDヘッドライトが追加された
    アテンザワゴン(GJ)_アダプティブハイビーム

    画像の出典: mazda.co.jp

    ◯方向指示器のスリーフラッシュが便利。
    ☓オートハイビームが上手くハイビームに切り替わらない。
    ☓車速感応ドアロックがついていない。
    ☓純正フットランプが暗い。

目次に戻る

エクステリア


デザインと質感

    ボディラインや全体のバランスが良くかっこいい
    高級感と存在感が向上したマイナーチェンジ後のデザインの方が人気がある模様。
    ◯ソウルレッドの輝きが良い。
    ◯ディープブルーマイカは高級感がある。
    ◯19インチホイールのデザインと塗装も素晴らしい。
    アテンザワゴン(GJ)_ホイール
    Lパッケージの純正19インチだけ高輝度塗装されているので、輝きが違う。

    画像の出典: kakaku.com


乗降性と使い勝手

    Aピラーの角度がキツく乗降しづらい
    ☓ボンネット開閉機構がダンパーではない。

目次に戻る

エンジンと燃費

アテンザワゴン(GJ)_ディーゼル
スカイアクティブ-D 2.2

画像の出典: mazda.co.jp

実燃費

    ディーゼル

    ◯XD Lパケ FF AT 街乗り:12~16km/L,郊外・高速道路:18~22km/L
     →4WDモデルでも燃費はほぼ同等。
    ◯XD Lパケ FF MT 街乗り:18km/L, 郊外・高速道路:22km/L
    ☓DPFの再生で燃費が2割ほど落ちる。近場しか走らないならガソリン?
    ☓オイルが5リッターも入るので、オイル代がバカにならない。
    リッターあたり1000円以下のオススメ高性能エンジンオイル

    ガソリン

    ◯20S FF AT 街乗り:11~12km/L, 郊外・高速道路:16km/h
    ◯25S FF AT 総合燃費: 10〜12km/L

パワー・トルク

    ディーゼル

    発進加速はもっさりだが、踏めば余裕の加速感。坂道もグイグイ登る。
     →踏み込みに対し出力を絞り気味なので出だしが悪い。
      →エアコンON時はもっさり感が増す。

    ガソリン

    力強く、キックダウンすればスーッと加速する

トランスミッション

    ◯MTは軽いシフトフィーリングが良く、ディーゼルとのマッチングも良い。
    ◯ATはロックアップ領域が広い。マニュアルモードも楽しい。
     →ただ急ブレーキと判定されるとマニュアルモード操作がはじかれてしまう。

アイドリングストップのフィーリング

    強く踏めば作動するのは便利だが、毎度力を込めるのは疲れる
     →ブレーキ踏力を弱めながら止められない。

目次に戻る

ハンドリング・取り回し

アテンザワゴン(GJ)_コーナリング

画像の出典: webcg.net

走行性能

    ロールが少なくコーナリング時にフラット感がある
     →17インチでもコーナーに吸い付くように走る
    直進安定性が高い

小回り・取り回し

    1840mmの全幅はアルファードと同じなので、狭い場所では気をつかう
     →最小回転半径5.5m(クラウンアスリートは5.2m)
     →車線逸脱警報は、車幅を把握するのにも使える。

操作系統のフィーリング

    ◯低速時のハンドルの軽さに最初は戸惑うが、慣れれば小回りが効いて快適。中速・高速では適度な重さ。
    ◯オルガン式アクセルペダルは適度な踏みごたえがあって良い。
    アテンザワゴン(GJ)_アクセルペダル

    画像の出典: car.watch.impress.co.jp/

    エンジンブレーキの効き方に違和感
     →i-ELOOP(減速エネルギー回生システム)の影響か。
    ◯フットブレーキは初期制動の立ち上がりが穏やかで、フィーリングを感じ取りやすい。

視界

    △ダッシュボードが高く壁のよう。
     →マイナーチェンジで改善された。
    ☓Aピラーが右左折時に死角になるときがある。
    ☓ボンネットが長く着座位置も低いので、先端が見づらい。
    着座位置が低いので、後方視界も悪い
     →ブラインドスポットアシストや、リア・クロス・トラフィック・アラート、リアパーキングセンサーがなどがあれば、見切りの悪さをある程度カバーできる。
      →Lパッケージは上記アシストを標準装備。プロアクティブはMOP。その他グレードは設定なし。

目次に戻る

乗り心地・静粛性


路面からの突き上げ感・ボディのガタピシ感

    コツコツとした振動はあるが、おおむね良好
     →路面状況が伝わりやすい。
     →高速道路の段差などはいなしきれないことがある。
     →19インチでもそこそこ乗り心地は良いが、耐えられないなら17インチ+コンフォートタイヤに変更すべき。
     →5000kmを越えたあたりからサスが馴染んで乗り心地が良くなる。

騒音・振動

    静粛性は高い
     →マイナーチェンジでフロントホイール周りの騒音対策がなされた。
    発進時やアイドリング時に、ディーゼル特有のガラガラ音が聞こえる
     →走行時は高速道路を走っても低回転なので、ディーゼルでも静か

目次に戻る

安全性

◯=標準装備 △=メーカーオプション − =設定なし

名称20S20S PA※125S LパケXDXD PAXD Lパケ
横滑り防止装置
衝突被害軽減ブレーキ※2
クルーズコントロール◯※3◯(ACC)◯※3◯(ACC)
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
アダプティブヘッドライト
ヒルホールドシステム
運転席&助手席エアバッグ
サイド&カーテンエアバッグ

※1 プロアクティブの略

※2 スマート・ブレーキ・サポート(SBS)のこと。低速時に機能するスマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)とは異なる。ちなみに前進時30km/h以下での追突を防止する「SCBS F」は全グレード標準装備。後退時の衝突を防ぐ「SCBS R」はLパケのみ標準。

※3 プロアクティブのみメーカーオプションでアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)にアップグレード可能。


安全装備の使い勝手

◯MRCC(マツダにおけるACCの名称)はスムーズに作動し便利。
しかし状況と設定次第では急加速することも。
 →急加速した前走車が直後に急減速すると、MRCCが対応しきれずぶつかりそうになる。

目次に戻る

値引き額

本体値引き 0〜20万円

オプション値引き 0〜35万円

合計値引き額 0〜35万円

値引き額の平均 19万円

目次に戻る

愛車を高く売る条件4つ。買取り、走行距離……では残りの2つは?

インターネットで無料査定できる買取りなら、下取りより平均16万円も高く売れるとのデータがあります。

また、車の価値は25000km刻みで急落する傾向があるようです。つまり25000km、50000km、75000kmといった区切りを迎える前に、愛車の売却を一度は考えてみるべきです。

しかし高く売れる条件を満たしていても、ある2つのことについて知らないと、高値で売るどころかトラブルに巻き込まれる恐れもでてきます


その1 相場を知ること

実は査定依頼をしても、相場を教えてくれないことがあります。相場がわからなければ、査定額が適正なのか判断できません。

Goo買取なら買取店に査定依頼を出す前に、まずあなたに相場を教えてくれます

相場がわかっていれば、たくさんの買取店に一括査定を頼まなくても、査定額が高いか低いか判断できます。だから1〜2店舗ずつの査定・交渉でも、愛車が買い叩かれるのを防げますし、高額売却のチャンスも逃さずに済むのです。

交渉相手を少なくできれば、電話ラッシュも無くなります。このように相場情報は、売り手に大きな恩恵をもたらしてくれるのです


その2 評判を知ること

誰だって、不愉快な思いはしたくないですよね。でも買取店の評判がわからなければ、悪質な店を避けられません

Goo買取は、ガリバー等の買取店の系列ごとではなく、各店舗ごとにレビューが付けられる仕組みです。だからあなたの街の車屋さんの評判もバッチリわかります。高値で買い取ってくれる店や、サービスの良い店だけを選び出せるのです。


相場を知り、評判を知れば、買取危うからず。

出来る限り愛車を高値で売りたいですし、大金をやり取りするわけですから、安全・確実な方法をとりたいですよね。そのどちらにも優れている査定サイトは、現状ではGoo買取だけです。

Goo買取はもちろん査定無料。入力も3分ほどで済みます。あなたの車がどのくらいの価格で売れるのか、ぜひチェックしてみてください。

Goo買取の使い方がよくわからないという方は、こちらをご覧ください

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。ステーションワゴンに興味のある方は、以下の記事もぜひご覧ください。

レヴォーグ1.6GT/GT-Sの評価・口コミ 300万円で買える4WDステーションワゴンなんて他に無いよ?

走りに妥協はない BMW320dツーリングの評価・口コミまとめ

完璧な実用車 メルセデス・ベンツCクラスステーションワゴンの評価まとめ

sponsored link

Category: マツダ車の評価・口コミ
Tag:

戻る