マツダ車の評価・口コミ

アクセラスポーツ(BM)の評価・口コミ ディーゼル以外もかっこいい!

sponsored link

アクセラスポーツ_トップ画像

ガソリンエンジンの方がお得?

魂動デザインと走りの良さで好評を博しているマツダ・アクセラスポーツ。何かとディーゼルのSKYACTIV-Dばかりが注目され、ガソリンエンジン車は影が薄いのですが、口コミでの評価は高いです。

ディーゼルのXDはトルクフルですが、車両本体価格が高いので、トータルで見ると経済的と言えるかどうかは微妙なところです。長引く原油安(今後も数年間は続きそう)のせいで、ディーゼルのお得感もかなり色あせました。

というのも、中古車市場におけるXDの価格下落率が、ガソリンのそれと大して変わらないからです。デザインコンシャスな車だと多少性能で劣る安価なグレードでも売れやすく、結果的に価格下落率で上級グレードと差がつかないのだと思います。

よって現在の状況だと、ガソリンエンジン車を積極的に選ぶのもアリです。怒涛の加速を味わいたいのなら、XD一択なんですけどね。

走りの面での満足感は2.0Lの方が高いと思います。詳しくは以下のまとめの方で。

トップ画像の出典: netcarshow.com

sponsored link

評価・口コミまとめ

目次
  1. インテリア
  2. ナビ・電装系
  3. エクステリア
  4. エンジン・燃費
  5. ハンドリング・取り回し
  6. 乗り心地・静粛性
  7. 安全性
  8. 値引き・中古車動向
  9. 愛車を高く売る条件4つ。買取り、走行距離……では残りの2つは?

インテリア


シート

シートは柔らかすぎる、腰回りが安定しないとの指摘がありました。

アクセラスポーツ_1500_ファブリックシート

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

シート表皮はファブリック、レザーともに滑りやすく、あまり評判が良くありません

アクセラスポーツ_XD_ラックススエードレザーシート

画像の出典: autoc-one.jp

ただしLパケの「パーフォレーション(穴開き)レザー」シートに関しては、馴染んでくると滑らなくなるようです。

アクセラスポーツ_パーフォレーションレザーシート

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

ヘッドレストが合わず、逆さ利用している人もいるようです。


室内の広さ

前席の足元空間はそれほど広くありません。フットレストがついてないのも残念なポイントです。

アクセラスポーツ_ペダル回り

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

後席の足元は明らかに狭いので、後席に大人を乗せると不満が出るかもしれません。

アクセラスポーツ_XD_ラックススエードレザーリアシート

画像の出典: autoc-one.jp

ルーフ形状のせいで後席は頭上も狭いので、長身の方が長時間乗るのは厳しいでしょう。


インテリアの質感

質感は大幅に向上しましたが、プラスチック部品もまだまだ目立ちます。

アクセラスポーツ_1500_インテリア

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

サイドブレーキレバーの革が安っぽいのはともかく、本革ステアリングが滑りやすいのは問題ですね。

アクセラスポーツ_1500_ステアリング

画像の出典: car.watch.impress.co.jp


小物収納・ラゲッジスペース

収納の少なさは、もう最近の車ではデフォなんでしょうかね……。ドアポケットには500mlのペットボトル程度しか入りません。

アクセラスポーツ_XD_ドアトリム

画像の出典: autoc-one.jp

細身の缶だと安定しないカップホルダーは、ハッキリ言って手抜きです。

ラゲッジスペースは「もうちょっと狭くてもいいから後席を広くしてほしかった」と言われるほど、十分な容量(364L〜1263L)が確保されています。

アクセラスポーツ_XD_ラゲッジスペース

画像の出典: autoc-one.jp

目次に戻る

ナビ・電装系


インフォテイメント

マツダコネクトはテレビの受信感度の悪さ等の問題点はまだまだあるのですが、初期に比べればかなり改善され、一応使えるレベルにはなっています。

アクセラスポーツ_XD_マツコネ

画像の出典: autoc-one.jp

コマンダーコントロールも、使いやすいと評判です。

アクセラスポーツ_XD_コマンダーコントロール
画面まで手を伸ばさなくていいので操作しやすい

画像の出典: autoc-one.jp

バックモニターは雨の日に使い物になりません。水滴がついて何も見えなくなります。


オーディオ

BOSEサウンドは高音質なので、スピーカー交換は必要ありません。逆にBOSEを付けないと、かなりショボイ音を聞かされるハメになります。XD以外はメーカーオプションです。

アクセラスポーツ_BOSEスピーカー

画像の出典: mazda.co.jp


ヘッドアップディスプレイ(HUD)

アクティブ・ドライビング・ディスプレイは、いわゆるHUDです。視線移動することなく、車速やナビのルート指示表示などをチェックできます。

アクセラスポーツ_XD_HUD

画像の出典: autoc-one.jp

目の焦点調節が少なくて済むので、目の疲労を軽減する効果もある優れものです。でもHUDのフロントガラスへの映り込みが気になる人は、無理に付けなくてもいいと思います。


その他電装系

スイッチ類にランプが少ないので、夜間は操作しづらいです

目次に戻る

エクステリア

BMアクセラ最大のウリは、やはりルックスの良さです。購入者の大半が、そのエクステリアデザインを絶賛しています

アクセラスポーツ_1500_フロント外観

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

けれどスタイリッシュなデザインが災いし、乗降性は若干悪いです。

アクセラスポーツ_1500_リア外観

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

後部ドアがペラペラで、閉めるときの貧相な音します。ちょっと残念ですね。

目次に戻る

エンジン・燃費

アクセラスポーツ_XD_ディーゼルエンジン

画像の出典: autoc-one.jp

1.5L NA

実燃費は、街乗り11〜15km/L、郊外・高速道路で17〜19km/L程度です。水温が低いうちは燃費が悪化するのが玉にキズ。

1.5Lでも低速トルクは十分にあり、レスポンスも良好です。しかし高回転は伸びませんし、坂道では辛いです。


2.0L NA

実燃費は街乗り10〜16km/L、郊外・高速道路で15〜20km/L程度です。

2.0Lだからといって特別速くもなく、吹け上がりの高揚感もありません。音も平凡です。

それでも1.5Lよりトルクがあるため、多人数乗車時や坂道では余裕があります。1.5Lを買った人でも「もう少しお金出して2L買っとけばよかった」と思う人が多いようです。


2.2L ディーゼル

軽油なので経済性は高いのですが、実燃費は街乗り12〜13km/L、郊外・高速道路で15〜20km/L程度とやや物足りません

40kgf・mオーバーのトルクは伊達じゃありません。NAエンジンでは不可能な加速力を発揮します。

しかしSKYACTIV-Dは他のクリーンディーゼルと比較すると、最大トルク発生回転数が若干高回転よりにシフトしているため、体感ではBMWなどのディーゼルの方が速く感じられるそうです。


ハイブリッド

実燃費は街乗り16〜19km/L、郊外・高速道路で20〜23km/Lです。ハイブリッドとしてはイマイチな感じがしますね。

フィーリングの面でもトルク感の薄さが問題視されています。エンジンが主体となって走るハイブリッドなのに、エンジンのおいしいところを使えていないようです。


トランスミッション

アクセラスポーツ_1500_シフトレバー

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

ATは基本つながりがよくスムーズなのですが、1速から2速のつながりでギクシャクするという声(1.5Lのユーザー)もありました。

MTはスコスコと小気味良くシフトチェンジできると好評です。燃費もAT比で1割程度向上するみたいですよ。

目次に戻る

ハンドリング・取り回し・視界


ハンドリング

アクセラスポーツ_XD_コーナリング

画像の出典: autoc-one.jp

限界性能が高く、高速コーナーでも路面のうねりで挙動を乱すことはありません。ただし、ドイツの高級車的なフラットかつ硬質な足回りではなく、しなやかで懐が深い感じです。

2700mmのホイールベースのおかげか、直進安定性に優れています。

乗り心地のしなやかさはある程度犠牲になりますが、18インチの方が安定感があります。

アクセラスポーツ_18インチアルミホイール

画像の出典: autoc-one.jp


電動パワステのフィーリング

電動パワステは、最大舵角付近になると抵抗感が急に増えます。ステアリングセンター付近での感度の悪さは、マツダ車に共通する問題点ですね。(NDロードスターでも指摘されている)


ブレーキ

ブレーキの遊びが多く、強く踏むといきなりガツンと利くタッチが気になる人もいるようです。制動力自体は十分なのですが……。

ハイブリッドのエンジンブレーキは非常に効きが悪いと酷評されています。


取り回し・視界

1845mmの全幅のせいで、やはり取り回しに難があります

後方視界はデザインの犠牲になっています。バックモニターは必須です。

目次に戻る

乗り心地・静粛性


乗り心地

突き上げ感は大きめです。けれど伸び側のストロークが大きいのか、路面のへこみを通過する際には上手くいなしてくれます。

全般的に乗り心地が良いのは、やはり16インチの方です。

アクセラスポーツ_16インチアルミホイール

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

けれど2.0L NAやディーゼルモデルでは、18インチでも乗り心地良好との声が多かったので、車重との兼ね合い(2.0Lの方が50kgほど重い)で変わってくるのかもしれません。

ハイブリッドの乗り心地に関しては、コツコツ感はあるものの、突き上げというほどのものではないようです。とはいえ高級感のあるしっとりとした乗り心地を期待すると、肩すかしを食らうでしょう。

走行距離が進みダンパーが馴染んでくると、乗り心地が良くなるとの情報もありました。

後席の乗り心地が前席と比較して悪くないのは、アクセラスポーツの隠れた美点かもしれません。


静粛性

静粛性は高いのですが、XDはやはりディーゼルノイズがあるので、音が気になるならガソリンモデルを選んだ方が良いでしょう。

ハイブリッドは基本静かですが、加速時などにエンジン回転数が上がると、ガサツな音が室内に飛び込んできます。

また、18インチの場合は、ロードノイズが気になるとの報告がありました。特に高速巡航時のロードノイズが酷いそうです。

ハイブリッドのエコタイヤも、ロードノイズが大きいと指摘されています。

目次に戻る

安全性

◯=標準装備 △=メーカーオプション −=設定なし

装備XD20ST※120S15ST15S15C
横滑り防止装置
プリクラッシュブレーキ(低速)
プリクラッシュブレーキ(高速)
クルーズコントロール
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
アダプティブヘッドライト
ブラインドスポットアシスト
ヒルスタートアシスト
運転席・助手席エアバッグ
サイド・カーテンエアバッグ

※1 20S Touring Lパッケージを含む。

目次に戻る

値引き額・中古車動向


平均値引き額

対象平均値引き額(万円)
1.5L 本体17.5
1.5L オプション6.5
2.0L 本体15.4
2.0L オプション7.7
XD 本体6.3
XD オプション18.7
ハイブリッド本体12.9
ハイブリッドOP7.5

中古車動向

XD以外では、「ツーリング」と付くグレードのみに、レーダークルーズコントロールが装備されています。非常に便利な装備なので、ぜひとも欲しいところです。

そこで「15S ツーリング」を狙いたいところですが、流通台数が非常に少ないのがネックとなります。

20S ツーリング」ならば流通台数も多く、探すのに苦労しないと思います。車検残りが長めの個体でも、200万円前後からあります。カーセンサー Goonetでぜひチェックしてみてください。

ディーゼルはほぼ出回っていないに等しいですカーセンサーで見つけたらすぐに確保してください。

意外にハイブリッドの中古車流通台数が多いので、狙い目かもしれません。

目次に戻る

愛車を高く売る条件4つ。買取り、走行距離……では残りの2つは?

インターネットで無料査定できる買取りなら、下取りより平均16万円も高く売れるとのデータがあります。

また、車の価値は25000km刻みで急落する傾向があるようです。つまり25000km、50000km、75000kmといった区切りを迎える前に、愛車の売却を一度は考えてみるべきです。

しかし高く売れる条件を満たしていても、ある2つのことについて知らないと、高値で売るどころかトラブルに巻き込まれる恐れもでてきます


その1 相場を知ること

実は査定依頼をしても、相場を教えてくれないことがあります。相場がわからなければ、査定額が適正なのか判断できません。

Goo買取なら買取店に査定依頼を出す前に、まずあなたに相場を教えてくれます

相場がわかっていれば、たくさんの買取店に一括査定を頼まなくても、査定額が高いか低いか判断できます。だから1〜2店舗ずつの査定・交渉でも、愛車が買い叩かれるのを防げますし、高額売却のチャンスも逃さずに済むのです。

交渉相手を少なくできれば、電話ラッシュも無くなります。このように相場情報は、売り手に大きな恩恵をもたらしてくれるのです


その2 評判を知ること

誰だって、不愉快な思いはしたくないですよね。でも買取店の評判がわからなければ、悪質な店を避けられません

Goo買取は、ガリバー等の買取店の系列ごとではなく、各店舗ごとにレビューが付けられる仕組みです。だからあなたの街の車屋さんの評判もバッチリわかります。高値で買い取ってくれる店や、サービスの良い店だけを選び出せるのです。


相場を知り、評判を知れば、買取危うからず。

出来る限り愛車を高値で売りたいですし、大金をやり取りするわけですから、安全・確実な方法をとりたいですよね。そのどちらにも優れている査定サイトは、現状ではGoo買取だけです。

Goo買取はもちろん査定無料。入力も3分ほどで済みます。あなたの車がどのくらいの価格で売れるのか、ぜひチェックしてみてください。

Goo買取の使い方がよくわからないという方は、こちらをご覧ください

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

BMアクセラのエアロをカスタムすると、こんなにカッコよくなるんだ

sponsored link

Category: マツダ車の評価・口コミ
Tag:

戻る