WRC モータースポーツ

WRC2017 ラリー・モンテカルロ 両雄激闘! トヨタ健闘!

更新日:

2017年のラリー・モンテカルロは、フォードに移籍して最初のラリーとなるセバスチャン・オジェと、ヒュンダイのエースの座を取り戻したいティエリー・ヌービルが、手に汗握るバトルを展開してくれました。

sponsored link


初日・2日目

4日間に渡って争われた2017年のラリー・モンテカルロですが、最初のステージで悲劇が起こってしまいました。詳しくはリンク先をご覧ください。

SS(スペシャルステージ)1がキャンセルとなったため、実質的には最初の競技区間となったSS2では、ヌービルがベストタイムを記録。
オジェは7.8秒遅れの2位で初日を終えます。

このままヌービルとオジェのバトルが続くかに思われましたが、2日目最初のSS3でアクシデントが発生。溝にはまったオジェのフィエスタが脱出に手間取り、大きくタイムロスしてしまったのです。
このたった一回のミスにより、オジェはヌービルから49.4秒遅れとなってしまいました。

雪壁に激突した後、溝にはまってしまったオジェのフィエスタ。

「すごく、すごく凍っていたんだ」とミステイクの場面を説明するオジェ。「ハンドブレーキを引いたけど、車は曲がってくれなかった。10km/hくらいしか出てなかったのにね。スーパートリッキーだ。この道を最初に走るのは災難だよ。もっと速く走れるとは思うけど、一日の始まりがこんなことになるなんて……。」

SS4〜6でヌービルが3連続ベスト。
ヌービルとオジェの差は、SS6終了時点で1分12秒にまで開いていました。

ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ・i20クーペWRC)

両者の間に割って入ったのがオットー・タナク(フォード)でしたが、スピードではヌービルに及びません。

オットー・タナク(フォード・フィエスタWRC'17)

SS7〜8ではオジェが連続ベストでやり返しますが、それでも差は45秒1までしか縮まらず。
SS3で失ったタイムを取り戻せないまま、オジェは3日目に臨むことになりました。

目次に戻る

3日目

SS9の最速タイムはヌービル。
オジェは2.6秒遅れの2番手タイムでしたが、3番手に意外な伏兵エルフィン・エヴァンス(フォード)が飛び込んできました。

エルフィン・エヴァンス(フォード・フィエスタWRC'17)

3台目のフォード・フィエスタWRC'17を駆るエヴァンスは、WRカーの中で唯一DMACKタイヤを履いています。
スノー・ステージではお話にならないDMACKタイヤでしたが、ほぼターマック(舗装路)となったSS9では目の覚めるような快走を見せ、エヴァンス自身も「サプライズだよ、でもオーケーだ」と驚いていたほどです。

エヴァンスはSS11こそタイヤをオーバーヒートさせ失速したものの、SS10・12・13でベストタイムを叩き出し、3日目だけでトップとの差を50秒近く縮める大健闘。総合6位でこの日を終えました。

ヌービルとオジェの総合トップ争いは、SS12を終えてもオジェの51秒遅れと、2日目終了時点とほぼ変わらず。
ヌービルは終始優勢にラリーを展開していました。

セバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタWRC'17)

しかしSS13でヌービルが痛恨のミス。
「低速コーナーの出口だった。リアがワイドに膨らんで、何かにヒットしたんだ」
彼のヒュンダイi20クーペWRCは右のリアサスを破損し、デイリタイヤに追い込まれてしまいます。

懸命に修復を試みたヌービルだったが……。

これでオジェがトップに返り咲き。2番手はタナク、そして3番手には復帰初戦のトヨタ! 慎重にラリーを進めていたヤリ-マティ・ラトバラが、ヤリスWRCを表彰台圏内にまで押し上げてきたのです。

ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)

目次に戻る

4日目

3日目終了時点のタイム差は、タナクがオジェから47.1秒遅れ、そしてラトバラがそのタナクから1分33秒5遅れ。
最終日に設置された4つのSSのタイムだけで逆転するには、いくらなんでもタイムギャップが大きすぎる状況です。
したがって、如何にミスをせずに順位をキープするかが重要になってきます。

しかしドライバーがミスをしなくても、マシントラブルが起きればどうしようもありません。
タナクのフィエスタWRCはエンジンが2気筒しか機能しなくなり、ロードセクションで立ち往生してしまいました。

修理中の#2

タナクが修理を行いリタイアだけは避けられたものの、タイムコントロールに5分遅れで到着したため、50秒のペナルティを課せられてしまいます。

これでラトバラが2位に浮上。
SS16のキャンセル(観客が危険区域に進入したため)等もあって、その後の順位変動は起こらず。
1位オジェ、2位ラトバラ、3位タナクで表彰台が確定しました。
トヨタは復帰初戦で2位に入るという快挙を達成したのです。

「アメージング!」とラトバラ。「(移籍して)最初のラリーで2位になるなんて信じられない! チームには本当に感謝している。彼らは素晴らしい努力をしていて、この順位にふさわしい。それにメイド・イン・フィンランドのラリーカーだからね!」

チュリニ峠を駆け抜けるヤリスWRC。

最終結果

順位 ドライバー メーカー トップとの差
1 S.オジェ フォード ──
2 J-M.ラトバラ トヨタ +2分15秒0
3 O.タナク フォード +2分57秒8
4 D.ソルド ヒュンダイ +3分35秒8
5 C.ブリーン シトロエン +3分47秒8
6 E.エバンス フォード +6分45秒0
7 A.ミケルセン シュコダ +9分32秒7
8 J.コペツキー シュコダ +12分58秒1
9 S.ルフェーブル シトロエン +14分43秒8
10 B.ブフィエ フォード +16分9秒4
15 T.ヌービル ヒュンダイ +30分52秒5
16 J.ハンニネン トヨタ +32分16秒8

次戦スウェーデンは2月9日にスタートが切られます。

目次に戻る

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-WRC, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.