テクノロジー・業界分析 批評

不人気50プリウスがヨーロッパでは売れている……!?

更新日:

新型プリウスが売れてない!という記事を、以前書いたことがあります。
実際、先代30プリウスほどには売れていません……日本とアメリカでは。

ところがヨーロッパでは事情が異なるようで、なんと、あの「オタク向け」「アニメのデザイン」と揶揄されている50プリウスの販売が、絶好調だというのです。
ギリシャ時代から培ってきた西欧人の審美眼に、何が起きているのでしょうか?

sponsored link


ヨーロッパにおけるトヨタのハイブリッドカー販売台数

トヨタ・ハイブリッドカーの2016年欧州販売台数は、295,000台でした。
2015年は同209,000台だったので、前年比+41%という驚異的な伸びです。

ヨーロッパで最も売れたトヨタのハイブリッドカーは「ヤリス・ハイブリッド」で、86,600台を売り上げました。
ノンハイブリッドモデルを含めたヤリス全体では208,600台でしたから、ヤリスの欧州販売台数の4割強はハイブリッドだったことになります。

ヤリスの次に売れ行きが良かったのが、オーリス・ハイブリッドです。
こちらの販売台数は85,800台でした。
オーリス全体では144,100台が販売されたので、ハイブリッドの割合はほぼ6割に達します。

3位がRAV4・ハイブリッドで、こちらはハイブリッドが44,700台、モデル全体では110,100台でした。

日本ではまったく売れていないRAV4だが、北米やヨーロッパでは主力モデルだ。

実はハイブリッド販売台数の1-2-3位は、ノンハイブリッドを含むモデル全体での1-2-3位と同じです。
元々売れているモデルのハイブリッドバージョンが、ヨーロッパでは好まれるのでしょう。

目次に戻る

50プリウスの売れ行き in Europe

販売台数の1-2-3位には、50プリウスが入っていませんでした。
しかし50プリウスは、トヨタのハイブリッドカー欧州販売を大きく貢献した立役者といえます。

というのも、50プリウスは前年比+117%もの伸びを記録しているからです。
プリウス(PHVなどプリウス・ファミリーは除く)の2015年欧州販売台数は7,853台でしたが、2016年は17,072台と、2倍以上に増えています。

C-HRハイブリッドも販売台数増に大きく貢献しました。
台数的には6,720台でしたが、発売されたのが12月なので仕方がないでしょう。
でも伸び率で見ると50プリウス以上に勢いのある車種です。

目次に戻る

欧州におけるレクサス・ハイブリッドの売れ行き

レクサス・ハイブリッドで販売増となった車種は、RXハイブリッド9,111台(前年比+155%)GSハイブリッド1905台(同+25%)くらいです。

スピンドルグリルを止めればもっと売れるのでは? と思ってしまう。

レクサスブランドの伸びは前年比+16%で、トヨタブランドの伸び(+5%)を上回っていますが、ハイブリッドに関してはトヨタブランドの圧勝みたいですね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-テクノロジー・業界分析, 批評
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.