Volvoの新車情報 新車情報

ボルボXC40 期待の新型SUVは、XC90の技術を継承。【9/22更新】

更新日:

ボルボのラインナップに新たに加わるコンパクトSUV・XC40が、ワールドプレミアされました。
コンセプトカーの「40.1」と、ほぼ変わらないのデザインでの登場です。

今回はボルボXC40の概要と、内外装の画像をご覧ください。

更新情報

エクステリアインテリアの項目に公式画像を追加し、ページ内の記述を正式発表されたものに修正しました。(2017/09/22)

エクステリアインテリアの項目に流出画像を追加し、ページ内の記述を最新の情報に修正しました。(2017/09/16)

sponsored link


ボルボ・XC40とは?

ボルボのラインナップの中ではハッチバックのV40と並んで、最もコンパクトな車種となります。

ボルボはXC40を皮切りに、V40、S40と続く「新世代40シリーズ」によって、ブランドの販売台数を現在の50万台から80万台に押し上げる考えです。

XC40は年間10万台の販売を見込んでおり、ボルボの屋台骨を支えるモデルとして期待されています。
昨今のSUVブームを鑑みるに、ボルボの最量販車種となるのはV40でなく、このXC40となるでしょう。

目次に戻る

XC40のエクステリア

正式発表されたXC40のエクステリア画像

コンセプトカーそのままの姿で登場した「XC40」
北欧神話のトールハンマーを模したヘッドライトは、もはやお馴染みだ
空飛ぶレンガと呼ばれた頃の無骨さは全く無いが、このエンブレムだけは変わらない。
コンセプトカーと異なり、一般的な位置にリアドアハンドルが移された。
Rデザインでは黒いルーフを選べる。
Rデザインは21インチのホイールが選択できる。
ウエストライン(窓枠下のライン)から、テールライトへのつながりが美しい。
リアスポイラーの付け根には「R DESIGN」の文字が確認できる。
ボルボだと一目でわかるテールライト。本当に上手いデザインだと思う。

18インチ・アロイホイールとLEDヘッドライトは、全車標準装備となります。

XC40のボディサイズ

全長4425mmホイールベース2702mmということだけが判明しています。
全高はXC60(1715mm)よりも、3mmだけ低いようです。

Rデザインのエクステリア

Rデザインを選択すると、ブラック・ルーフ、ダイヤモンドカットまたはマットブラックのアロイホイールが装着されます。

また、「Pro」というオプションを選択すれば、最大21インチのアロイホイールも装着可能です。

40.1コンセプト

XC40のベースとなった、40.1コンセプトです。

こちらは「40.1コンセプト」
40.1コンセプトのリア周り。市販バージョンのXC40とは異なり、リアドアハンドルが窓枠部分についている。

XC40のスパイショット

開発初期段階のXC40を捉えたスパイショットです。

スウェーデンで撮影されたスパイショット。擬装されているが、ヘッドライト形状はわかる。
ルーフラインは真っ直ぐ。いかにもボルボらしい潔さだ。
特徴的なテールランプは、擬装されていても判別可能。
リアスポ形状やナンバープレートの位置などは、コンセプトカーそのままだ。

画像の出典: motorauthority.com

目次に戻る

XC40のインテリア

正式発表されたXC40のインテリア画像

質感の高いインテリア。デザインも良い。
内装色は選択可能。こちらはブラック/レッド。
ホワイト内装は車内が明るく感じる。
センターコンソールのモニタは9インチ。
ダイヤルの質感も高い。
ハーマン・カードンの1200Wオーディオはオプションだ。
シフトレバー周り。カップホルダーが片側に寄っているのが気になるが……。
シフトレバー奥には、ワイヤレス充電ができる小物入れがある。
ラゲッジスペースは460Lだと発表されたが、5名乗車時の数値ではないだろう。

センターコンソールの9インチタッチスクリーンからは、サテライトナビゲーションが利用できます。
これは高度な音声認識と、リアルタイム交通データを収集するためのSIMカードを備えているナビです。
また、「オンコール」と呼ばれるスマホアプリからは、リモートで冷房や暖房を操作し、予め車内を適温にしておくことができます。

アナログメーターに替わる12.3インチのデジタル・インストゥルメントは、ベースグレードの「モメンタム」にも標準装備されます。
デュアルゾーン・エアコンや、アクティブ・エアフィルトレーション(空気濾過)、リアパーキングセンサーなども同様に標準装備です。

ラゲッジスペース容量は460リッターだそうですが、その数値が仮に5名乗車時のものだとすると、おそらく床下の荷室も合わせた容量だと思います。
写真からすると、多分リアシートを倒したときの数値でしょうけど。

Rデザインのインテリア

Rデザインを選択すると、ヌバックレザーを用いたサポート性の高いシートと、ダッシュボードのアルミ加飾を組み合わせた、スポーティーな仕上げとなります。

また、「Pro」というオプションを選択すれば、1200kWのハーマン・カードン・オーディオや、半自動運転を追加可能です。

目次に戻る

XC40のシャシー

XC40には、コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ(CMA)が採用されました。
CMAは上級モデルのプラットフォームであるスケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ(SPA)と技術を共用しています。

したがってCMAでは、SPAのパワートレインやインフォテインメント、空調、データネットワーク、安全装備など、様々な要素を共有できるため、スケールメリットによるコスト削減や生産工程の合理化はもちろん、上級モデルの技術をエントリーモデルにも採用し、魅力的な車を生み出す手助けにもなるのです。

例えばボルボのフラッグシップSUVであるXC90(プラットフォームはSPA)には、「ツインエンジン」と呼ばれるプラグインハイブリッド(PHV)のグレードが設定されていますが、CMAもパワートレインの電動化を想定して作られているため、XC40にもPHVが用意されます。
上級モデルの技術を素早くスピンオフさせて、XC40の商品力を高めているわけですね。

目次に戻る

XC40のエンジン

ガソリンエンジンは3種類、ディーゼルは2種類がラインナップされます。

グレード 燃料 馬力(ps)
T3 ガソリン 156
T4 190
T5 250
D3 ディーゼル 150
D4 190

エントリーグレードのT3の場合には2WDしか選択できませんが、その他グレードでは2WDと4WDの両方から選ぶことができます。

ギアボックスは基本的に全グレードATで、T3とD3のみMTを選択可能です。

T5 ツインエンジン

プラグインハイブリッド(PHV)の「T5 ツインエンジン」は、1.5リッター・直列3気筒に、7速DCT74馬力のモーター、そしてバッテリーを組み合わせたものです。

XC90の技術がそのまま使われるならば、ギアボックスとモーターの間にスターター/ジェネレーターユニットが挟み込まれ、エンジンとモーターのトルクギャップを埋める役割を果たすことになります。

目次に戻る

XC40の安全装備

シティセーフティ

ボルボといえば、安全へのこだわりをイメージする方も多いでしょう。
XC40はCMAプラットフォームの採用により、上級車種の安全装備を採用することが可能になりました。

したがってシティセーフティ(オートブレーキ)が装備されるだけでなく、レーンキーピングアシストや、360°カメラ自動ブレーキ付きのクロストラフィックアラートなども利用できます。

360°カメラ
レーンキーピングアシスト
クロストラフィックアラート

また、小型SUVであるにもかかわらず、半自動運転も搭載されるというのですから驚きです。
半自動運転は「Pro」というオプションに含まれています。

目次に戻る

XC40の価格・発売時期

英国価格は27,905〜39,305ポンドです。
1ポンド=150円換算だと、およそ418.6〜589.6万円となります。

発売は2018年初頭ですが、日本への入荷がいつになるかは不明です。
プラグインハイブリッドは遅れて発売されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-Volvoの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.