その他モータースポーツ モータースポーツ

TCRのマシン一覧とレギュレーション

投稿日:

今シーズンからスーパー耐久ST-Rクラスに、TCRマシンが参戦します。

TCRは「ツーリングカーレース版のFIA-GT3」をコンセプトとして作られた規格です。
FIA-GT3と同じく、ハンデ(バランス・オブ・パフォーマンスのこと。BOP)によって多様な車種の参戦を促し、接近戦を演出するだけでなく、安価にマシンを供給することを目的としています。

今回はTCRのレギュレーションと、現在主流になっているマシンのスペックをご紹介します。

sponsored link


TCRのテクニカルレギュレーション

まず、参戦できるのは4ドアもしくは5ドアの車両のみとなります。

車両サイズは全長が最大4.2m、全幅が最大1.95mです。

車両の最低重量は、生産車用ギアボックス付きなら1250kgレース用ギアボックス付きなら1285kgとなっています。
いずれもドライバー込みの最低重量です。

エンジンの排気量は2.0リッターまで
ターボ付きならガソリンでもディーゼルでも構いません。

レーシングカーなのにウェットサンプでなければならないのは、興味深いポイントです。
おそらくコスト削減のためでしょう。

また、触媒は生産車の部品を使用しなければならないと決められているのも、TCRならではです。

駆動方式は2WDのみギアボックスは生産車のものを使うか、TCRで定めたシーケンシャル・ギアボックスを使用します

サスペンションは生産車と同じレイアウトでなければなりませんが、フロントサスのパーツは自由にデザイン可能、リアサスのパーツも強化することができます。

ブレーキはフロントが6ピストン・380φまで、リアが2ピストンまでです。
リアは生産車のABSを使用できるみたいですね。

ホイールは10×18インチ
最低地上高は80mmと高めに設定されています。

BOPの調整幅は、+70kg〜−20kgまでの範囲です。
FIA-GT3とは異なり、吸気リストリクターによる調整は行われていません。

目次に戻る

TCRマシン一覧

かつてはフォード・フォーカスやスバル・WRX STIなども参戦していたのですが、競争力にとぼしく使うチームが無くなってしまったようです。

この項目ではTCRで今も活躍している主流マシンのスペックを紹介します。

フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCR

画像の出典: leopardnatural.com

参戦台数がもっとも多いマシンです。
2016年はLEOPARD RACINGのゴルフGTI TCRが、TCRインターナショナルシリーズのチャンピオンに輝きました。

主要諸元
最高出力(ps)/rpm 330/6200
最大トルク(Nm)/rpm 420/2500
ギアボックス 6速シーケンシャル(パドルシフト)
フロントサスペンション マクファーソンストラット
リアサスペンション マルチリンク
全長/全幅/全高(mm) 4372/1950/1368
車重(kg) 1285(TCR最低重量)
0-100km/h(秒) 5.3
最高速(km/h) 230
価格(ポンド) 79,000

目次に戻る

セアト・レオン カップレーサーTCR

画像の出典: vwvortex.com

画像の出典: seat-sport.com

ワンメイクレース用のレオン カップレーサーを、TCR用に仕立て直したマシンです。
ワンメイクレースではギアボックスにDCTが用いられているのですが、TCR仕様では6速シーケンシャルとすることで、レギュレーションに合わせてあります。

主要諸元
最高出力(ps)/rpm 350/6200
最大トルク(Nm)/rpm 420/2000-5000
ギアボックス 6速シーケンシャル(パドルシフト)
フロントサスペンション マクファーソンストラット
リアサスペンション マルチリンク
全長/全幅/全高(mm) 4363/1950/不明
車重(kg) 1150
0-100km/h(秒) 5.2
最高速(km/h) 230
価格 不明

目次に戻る

アウディ・RS3 LMS

TCR Germanyに参戦するNiels Langeveldのマシン。

画像の出典: autosportnieuws.be

このマシンはスーパー耐久・ST-Rクラスに参戦することが決まっています。
一番新しいマシンなので実力は未知数です。

主要諸元
最高出力(ps)/rpm 330/不明
最大トルク(Nm)/rpm 410/不明
ギアボックス 6速シーケンシャル(パドルシフト)
フロントサスペンション 不明
リアサスペンション 不明
全長/全幅/全高(mm) 4258/1950/1340
車重(kg) 1160
0-100km/h(秒) 4.5
最高速(km/h) 不明
価格(万円) 1835

目次に戻る

ホンダ・シビックタイプR TCR

画像の出典: jasmotorsport.com

WTCCでもホンダと提携している、イタリアのJASモータースポーツが製作したマシンです。
2016年のマカオ・ギアレースでは、ティアゴ・モンテイロのドライブで優勝しています。
台数はVWやセアトより少ないものの、戦闘力では決して劣っていません。

日本では童夢がこのマシンでスーパー耐久に参戦します。
以下のスペックは、2016年モデルのものです。

主要諸元
最高出力(ps)/rpm 330/不明
最大トルク(Nm)/rpm 400/不明
ギアボックス 6速シーケンシャル(パドルシフト)
フロントサスペンション マクファーソンストラット
リアサスペンション トーションビーム
全長/全幅/全高(mm) 不明
車重(kg) 1260
0-100km/h(秒) 不明
最高速(km/h) 不明
価格(ユーロ) 121,950

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-その他モータースポーツ, モータースポーツ
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.