F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年5月23日号) F1、予算制限導入か? 他

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • F1、予算制限導入か?
  • アロンソ、問題を抱えながらの予選だった
  • 揺らぎ始めたエンジンの信頼性
  • 来季のピレリは柔らかめのタイヤを投入か

それではご覧ください。

sponsored link


F1、予算制限導入か?

F1はバジェットキャップ(予算制限)を1年間だけ導入し、その効率性を評価しようと考えているようです。試しにやってみよう、というわけですね。

F1では開発コストの高騰が、長らく問題視されてきました。
「勝つのはいつも金持ちのチームばかりで退屈」「持参金さえあればF1ドライバーになれる」などと言った批判は、いずれも巨額の開発コストに端を発するものです。

マックス・モズレー氏がFIAの会長だったころにも、予算制限が検討されたことがありますが、有力チームの反対で結局導入されませんでした。

F1の新オーナーであるリバティ・メディアが検討中の予算制限案は、スタッフや生産、ツールに制限をかけるもののようです。
チームの人数や、生産設備の使用時間などを規制するのでしょう。

今回はあくまで試験的に導入されるもので、たとえ違反したとしても、コンプライアンス違反に問われることはないとのこと。
リバティ側としては、監視の仕組みが機能するかどうかを確認したいそうです。

Source: F1 could introduce a budget cap one-year trial | en.f1i.com

目次に戻る

アロンソ、問題を抱えながらの予選だった

インディ500の予選で、フェルナンド・アロンソは5番手に終わりましたが、4周ある計測ラップの2周目に、オーバーブーストの問題が起こりました。

インディカーのレギュレーションでは、1.4バールを越える過給圧が発生した際に、ECUがパワーカットしなければならないと定められています。
つまりアロンソのマシンは予選の途中で、突然パワーダウンしてしまったのです。

「2周目の最終ターンを出るあたりからオーバーブースト問題が起こった。ブレーキを踏んだようなものだった」とアロンソ。「私はギアを下げて、再び速度を上げ始めた。コントロールラインを越えたときは、225mphかそこらだと思ったよ!」

平均速度が230mphオーバーの世界ですから、アロンソの表現は大げさだと思いますが、そのくらい遅く感じたということでしょう。
にもかかわらず、アタックを終えた段階では彼がトップだったので、とても驚いたそうです。

Source: Alonso: Indy pole possible without overboost issue | en.f1i.com

目次に戻る

揺らぎ始めたエンジンの信頼性

スペインGPでは、バルテリ・ボッタス(メルセデス)のパワーユニット(PU)にターボトラブルが発生し、彼はリタイアに追い込まれました。
完全無欠のメルセデスエンジンに問題が起こったのは、「絶対的な限界」にメーカーが追い込まれつつあるためだと、メルセデスF1代表のトト・ウォルフ氏が語っています。

「われわれとフェラーリとのような戦いで、100分の1秒をあきらめるわけにはいかない」とウォルフ氏。「これは技術的なスポーツであり、限界を拡大しようとすれば、技術的な問題に直面するだろう」

「毎週末、われわれは限界までプッシュする。これが新しいF1の現実だ。この3年間は特別だった。しかし今年は、私がなぜこのスポーツを愛するのかを再発見したよ」

「この競争は簡単には勝利できないが、そのかわり激しい戦いがある。それでスペインのようにトップに立てたら、その気持ちはさらに素晴らしいものになる」

開幕戦のオーストラリアGPでは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の先行を許した際に、ウォルフ氏が机に拳を何度も叩きつけるシーンもありました。紳士的な見た目に反して、実際はかなりの「闘将」なのかもしれません。

Source: Battle up front driving engine reliability to the brink - Wolff | en.f1i.com

目次に戻る

来季のピレリは柔らかめのタイヤを投入か

ピレリはスペインGPの期間中に、F1ドライバーたちとミーティングを行いました。その結果、今季のタイヤコンパウンドの選択が「保守的すぎた」と結論づけたようです。

今季のピレリタイヤは、ウルトラソフトタイヤで40周も走行できるくらいに硬く、ハードタイヤなどはドライバーに「要らない」と断言されるほどでした。

来季のタイヤについて決めるのは時期尚早だとピレリ側は話していますが、今季のものよりも柔らかくなるのは確実でしょう。

Source: Pirelli mulling softer compound choices for 2018 | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年5月22日号)| 車知楽

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年5月24日号)ラウダ、アロンソ獲得の可能性を完全否定 他

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.