スバルの新車情報 新車情報

BRZ STI? それともSTI Sport? → 米国版BRZ tSでした【6/9更新】

2017/06/11

アメリカ・ミシガン州にあるスバルの開発拠点付近で、BRZ STIのプロトタイプが目撃されました。
STI Sportの可能性も考えられましたが、公式発表でアメリカ版のBRZ tSであることが確定しました。

今回お伝えする内容は以下の通りです。

  • アメリカ版「BRZ tS」のスペック
  • 価格・発売時期
  • プロトタイプの画像
  • プロトタイプが「STI Sport」である可能性を検証

それではご覧ください。

更新情報

アメリカ版「BRZ tS」のスペック」と、「日本でも再発売される?」を追加しました。(2017/06/09)

sponsored link

アメリカ版「BRZ tS」のスペック

迎え角を調整可能な巨大なリアウイングの他にも、フロント、サイド、リアの各所にアンダースポイラーが装備されています。
これらはサーキット走行に対応するための空力アップグレードです。

ホイールは超軽量は18インチで、タイヤは215/40R18のミシュラン・パイロットスポーツ4を履いています。
ブレーキは日本版のBRZ tSと同じく、ブレンボの4ポットキャリパーです。

サスペンションはSACHSダンパーに交換されており、スプリングもそれに合わせて変更されています。
最近のSTI(コンプリートカーのS207や、レヴォーグSTI Sportなど)製車両と同じく、剛性を高めるための補強バーが、車体各部に数多く追加されました。

インテリアにも手が加えられており、室内は本革とアルカンターラ仕上げとなります。
ブラックをベースに、レッドステッチを加えたデザインになるそうです。

ボディカラーは、「WRブルー・パール」「クリスタル・ブラック・シリカ」「クリスタル・ホワイト・パール」の3色となる予定です。

目次に戻る

日本でも再発売される?

BRZ tSは、日本では2013年と2015年の2度にわたり発売されたモデルです。
最初は500台限定、次は300台の限定モデルでした。

しかし日本版のtSには標準でGTウイングがついておらず、2013年版では60万円も高い「GT PACKAGE」というものを選ぶ必要があったのです。
そして2015年版では、GTウイングの設定自体が無くなってしまいました。

また、米国仕様は後期型BRZをベースにしたものですから、日本で発売されたtSよりも性能が良いはずです。
日本版tSではビルシュタインだったダンパーも、米国版ではSACHSに変わっているなど、変更点も多く見られます。

BRZ tSが、日本でもこれまでに複数回発売されていることを考えると、2017年版tSが、再び国内で発売される可能性は高いといえるでしょう。

目次に戻る

プロトタイプの画像

プロトタイプにはアグレッシブなボディキットが装着されており、標準車とは明らかな差別化がなされています。

フロントバンパーの両サイドには擬装が施されている。
赤いビッグキャリパーのブレーキは、おそらくブレンボ製。
新デザインのホイールを履いているようだ。
STIらしい巨大なリアウイングが目を引く。
マフラー径は「GT」グレードと変わっていないように見える。
STIのエンブレムにテープが貼られているのがわかる。

画像の出典: motor1.com

目次に戻る

プロトタイプが「STI Sport」である可能性を検証

海外メディアは写真のプロトタイプを「BRZ STI」だと報じています。
たしかにSTIのバッジらしきものがついてますし、STI関連のプロダクトであるのは間違いないでしょう。

しかし2015年に発表された「BRZ STIパフォーマンス コンセプト」の過激さと比べると、写真のプロトタイプの外観は大人しすぎます。

BRZ STI Performance Concept

また、黒いボディカラーにシルバーの加飾という組み合わせは、「STI Sport」の手法そのものです。

レヴォーグSTI Sport

窓から見えるステアリングも、STI Sportのイメージカラーであるボルドー色に見えますし、このプロトタイプが「BRZ STI Sport」である可能性も捨てきれません。

画像の一部を拡大したもの。ボルドー色のステアリングに見えるが……。

画像の出典: motor1.com

STI Sportは「大人向け」のグレードなので、こんな巨大なリアウイングがふさわしいかは疑問ですが、BRZの顧客の年齢層が比較的若いとすれば、こうした外観にしたことにも納得が行きます。

決定的な情報が無いので全ては推測にすぎませんが、写真のプロトタイプが「BRZ STI Sport」ならば、さらに過激な「BRZ STI」が登場するかもしれないのです。

(2017年6月9日追記)

まあ、結局アメリカ版の「BRZ tS」でしたね……。
ステアリングの色はボルドーではなく、STIのロゴと同色のチェリー・ブロッサム・レッドのようです。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: スバルの新車情報, 新車情報
Tag: ,

Recommend

1
デイリーF1ニュース(2017年6月28日号)ハース、2台の明暗分かれる 他
最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース。本日のヘ ...
2
BMW新型X3(G01)モデルチェンジで軽量化×電動化(PHV)=低燃費に!【6/27更新】
3代目となる新型BMW X3の情報が、ついに正式公開されました!CLAR(CLu ...
3
日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証
ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOが、「ミッドイヤーには世界1位の自動車メーカー ...
4
日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【6/22更新】
日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。このページでは2代目となる ...
5
ポルシェ新型911(タイプ992)新デザインはPHV登場の伏線か【6/21更新】
先ごろマイナーチェンジモデルの911(通称991.2型)を発表したばかりのポルシ ...
6
VW新型ポロ モデルチェンジ後の画像・価格・サイズ・スペックなど【6/17更新】
第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。新型のボディ ...
7
ジャガーE-Pace 新型ミッドサイズSUVはデザイン最優先!?【6/21更新】
ジャガーがミッドサイズの新型SUV「E-Pace」を開発中です。登場すればアウデ ...
8
メルセデス・ベンツ次期Aクラス AMG新型A45は400馬力!【6/20更新】
フルモデルチェンジの迫る新型Aクラス(W177)の開発車両が、ニュルブルクリンク ...
戻る