F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年6月20日号) 2018年のF1開催スケジュール 他

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • 2018年のF1開催スケジュール
  • アビテブール「クビサはリストに載っていない」
  • マグヌッセン、バンドーンについて語る。
  • ウォルフ「ボッタスは期待以上」

それではご覧ください。

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月19日号)ウィリアムズ・ホンダ復活!? 他

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月21日号)フェルスタッペン、フェラーリに移籍か? 他

sponsored link


2018年のF1開催スケジュール

開催地
3 25 オーストリア
4 8 中国
15 バーレーン
29 アゼルバイジャン
5 13 スペイン
27 モナコ
6 10 カナダ
24 フランス
7 1 オーストリア
8 イギリス
22 ドイツ
8 26 ベルギー
9 2 イタリア
16 シンガポール
30 ロシア
10 7 日本
21 アメリカ
28 メキシコ
11 11 ブラジル
25 アブダビ

4月開催だったロシアGPが9月に変更され、アゼルバイジャンGPが4月に移動しました。

6月最終週にはフランスGPが復活。
かつてはフランスGPといえばマニクール・サーキットでしたが、来年からはル・キャステレ村にあるポール・リカール・サーキットでの開催となります。

スケジュール的にタイトなのは、フランス-オーストリア-イギリスの3週連続開催と、ロシア-日本の2週連続開催ですかね。
ソチから鈴鹿までは直線距離で7,900kmほど離れているので、移動するだけでも大変です。

Source: FIA reveals 21 date 2018 calendar | pitpass.com

目次に戻る

アビテブール「クビサはリストに載っていない」

ルノーF1を率いるシリル・アビテブール氏は、先日テストを行ったロバート・クビサの復帰に関して、まだ検討段階にないことを明らかにしました。

「ある時点で、将来のラインナップについての議論を公開するつもりだ」とアビテブール氏。「われわれはニコ(・ヒュルケンベルグ)と長期契約を結んでおり、ジョリオン(・パーマー)とは2017年末までの契約を締結している。ある時点で、われわれはオプションを検討しなければならない」

「われわれが話しているように、彼(クビサ)はリストに載っていない。彼(クビサ)はリストに載ることができるように、もっと努力しなければならない」

ではなぜルノーは、クビサのテストを行ったのでしょうか?
アビテブール氏によると、ルノーチーム内部からの働きかけがあったようです。

「エンストン(イギリス・オックスフォードシャー州にあるルノーF1のファクトリー)には、ボブ・ベル、ニック・チェスター、アラン・パーマンからなるグループがあり、彼らはロバートとともに働いてきたから、ドライバーとしてのロバートをよく知っている」

「ロバートが完全にF1界の外にいた時も含め、彼らはロバートとの関係を維持してきた。(クビサのF1復帰は)彼らが常に議論してきたことだ」

「もし、ロバートがF1をドライビングする能力を取り戻す夢を見ることができるなら? われわれはそのような事情を抱えており、そしてそのような機会があった」

クビサのテストはフランス側(ルノー本社側)の考えで実現したのではなく、イギリス側の強い要望により行われたようですね。

これは一回限りだった」と、アビテブール氏も強調しています。
しかしパーマーのパフォーマンスが低迷し続けるならば、フランス側も何らかの手段を講じなくてはならないでしょう。
そのときの選択肢として、クビサはかなり強力なカードだと思います。

Source: Abiteboul: Kubica not part of Renault's 2018 plans | pitpass.com

目次に戻る

マグヌッセン、バンドーンについて語る。

ケビン・マグヌッセンストフェル・バンドーンは、F1にデビューした経緯や、デビューイヤーの境遇が似ています。
どちらもマクラーレンのジュニアプログラムからF1へとステップアップし、ワールドチャンピオンのチームメイトしてデビューしました。

デビューイヤーに苦戦を強いられているところもそっくりです。
マグヌッセンはデビュー戦でいきなり表彰台に上りましたが、現在のところそれが彼にとって唯一の表彰台となっています。
バンドーンも2016年にフェルナンド・アロンソの代役としてF1デビューした際には、いきなりポイントを獲得して衆目を驚かせましたが、今年はまだノーポイントです。

しかしマグヌッセンは「なぜバンドーンが苦戦しているのかわからない」と首を傾げています。

アロンソから0.5秒以上も遅れているから、バンドーンが幸せな場所にいないことは明らかだよ」とマグヌッセン。「だから少し驚いているんだ。バンドーンはもっと良い走りができると確信しているから。少しなら彼の相談に乗れると思うよ」

「彼はF1の中で最高の一人と見なされている人物を相手にしているので、それはとても良いチャンスだと思う」

「彼は本当の自分自身を見せる機会がある。とても良いドライバーだと知っているし、彼もそれをできるとわかっている。しかし彼はさまざまな理由で苦戦していて、状況的にはとても厳しいみたいだ」

ホンダエンジンの低い信頼性のせいで、ルーキーイヤーにマイレッジを稼げていないことが、バンドーンにとって大きな痛手となっています。

しかしマクラーレンのエリック・ブーリエ氏から「ドライビングスタイルが合っていない」と指摘されており、彼自身も一皮むける必要があります。

Source: Vandoorne not in his happy place at McLaren - Magnussen | en.f1i.com

目次に戻る

ウォルフ「ボッタスは期待以上」

バルテリ・ボッタスは、現在ドライバーズ・ランキング3位につけているとはいえ、チームメイトで選手権2位のルイス・ハミルトンに、36ポイントもの大差をつけられています。
にも関わらず、メルセデスF1を率いるトト・ウォルフ氏は、ボッタスの働きに満足しているそうです

「バルテリは強いポジションにある」とウォルフ氏。「冬の終わりに彼がチームに加入したことを忘れてはならない。そしてグランプリを7戦終え、彼はわれわれの予想を越えた」

「彼はポールに立ち、レースに勝ち、土曜日と日曜日の両方でルイスに挑んでいる」

今季はフェラーリキミ・ライコネンが不調なため、メルセデスはコンストラクターズ・ランキングで首位に立っていますが、スクーデリアのドライバーが2人とも好調だったならば、ウォルフ氏の見解も変わっていたことでしょう。

それにしても、ボッタスって大して期待されてなかったんですね……。

Source: Bottas has exceeded Mercedes' expectations - Wolff | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月19日号)ウィリアムズ・ホンダ復活!? 他

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月21日号)フェルスタッペン、フェラーリに移籍か? 他

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.