Jaguarの新車情報 新車情報

ジャガーXE SV Project 8 ジャガー史上最速のスーパー4ドアセダン

更新日:

ジャガーXEに、SV Project 8と呼ばれる限定モデルが追加されます。

SVO(Special Vehicle Operations)のスペシャリストたちが手がけたハイパフォーマンスモデルの詳細を、早速見ていきましょう。

sponsored link


ジャガーXE SV Project 8とは?

ジャガーのサルーンの中で最もコンパクト(全長4680mm)な「XE」に、5.0リッターV8スーパーチャージドエンジンを搭載したモデルです。

パワーアップに伴う各部の強化だけでなく、カーボンパーツによる軽量化や、空力性能の向上も図られています。
強大なパワーを路面に伝えるべく、駆動方式は4WDです。

ちなみに北米市場向け以外はリアシートが除去され、2シーターとして提供されるのだとか。
軽量化のための措置だと思いますが、4ドアである必然性はありませんね……。

目次に戻る

エクステリア

ボンネットやフロントバンパーはカーボン製。
オーバーフェンダーを装着。リアフェンダー後端の処理はレーシングカーのようだ。
リアバンパーもカーボン製。ディフューザーはフラットなアンダーパネルにつながっている。
リアウイングもカーボン製だ。

目次に戻る

インテリア

アルカンターラ仕上げだが、スパルタンな2シーターとなっている。
4シーターは北米市場向け。

目次に戻る

エンジン・トランスミッション

5.0リッター・V型8気筒スーパーチャージドは、最高出力600ps最大トルク700Nmを発生します。

組み合わされるトランスミッションは8速クイックシフトで、パドルシフターかセンターコンソールのシフトレバーで変速可能です。

また排気系には、軽量なチタニウム製エキゾーストシステムが装着されています。
映像では良い音を響かせていますが、音量もかなり大きいようです。

これらの装備によってXE SV Project 8は、0-60mph(0-96km/h)は3.3秒という怒涛のパフォーマンスを実現しています。
最高速度は320km/hです。

目次に戻る

シャシー

パワーの増大に対応するため、スプリングがより硬いものに交換されている他、ショックアブソーバーも減衰力を手動調整可能なものとなっています。
サーキット走行時には、車高を15mm下げることも可能です。

安全上最も重要なストッピングパワーに関しても、XE SV Project 8は万全を期しています。
カーボンセラミックブレーキなのはもちろんのこと、フロントには400mmという大径ディスクを装備。
しかもこのブレーキには、F1で使われているシリコンナイトライド(窒化ケイ素)セラミック製のホイールベアリングを、ロードカーとしては世界で初めて用いたという力の入れようです。

電子式アクティブディファレンシャルにはオイルクーラーが装着され、サーキットでの連続走行に対応しています。
また、ジャガー車としては初めて、専用のトラックモードが搭載されました。
これは駆動系とトラクションコントロールが、サーキット向けのセッティングに切り替わるものです。

目次に戻る

エアロダイナミクス

前後バンパーはカーボン製に置き換えられ、空力だけでなく軽量化にも配慮されています。

リアウイングは迎角を調整可能。
アンダーフロアは完全にフラット化されており、アグレッシブなリアディフューザーと合わさることで、強烈なダウンフォースを生み出します。

目次に戻る

価格・発売時期

価格はいまだ不明ですが、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでワールドプレミアされる際に、何らかのアナウンスがあるでしょう。
発売時期に関しても同様です。

生産は300台限定、すべて左ハンドル仕様となり、右ハンドル仕様は生産されません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-Jaguarの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.