他メーカーの新車情報 新車情報

ロータス・エヴォーラGT430 ロータス史上もっともパワフルなロードカー

更新日:

ロータスエヴォーラGT430を発表しました。
ロータスの歴史上、もっとも強力なロードモデルだと彼らは主張しています。

今回はエヴォーラGT430の画像と概要をお伝えします。

sponsored link


エヴォーラGT430のエクステリア

大型のフロントスプリッターは、ダウンフォースの増大に貢献している。
フェンダー上にはルーバーが追加されている。
フロントフェンダー後端がえぐられているのは、ホイールハウス内の空気を抜くため。
リアフェンダー後方のダクトも、リアホイールハウス内の空気を抜くためにある。
GTウィングはレーシングカー並みのサイズだ。
ディフューザーが負圧を発生させ、床下の空気を引き抜く。

目次に戻る

エヴォーラGT430のインテリア

ノーマルのエヴォーラは2+2だが、GT430は軽量化のために2シーターとなった。
簡素な室内なのに、ドライビングに関連する部分だけは豪華なのがロータスらしくて良い。
カーボン地がむき出しな部分が多いのも、GT430の特徴だ。
シンプルだが握りやすそうなステアリングだ。

目次に戻る

エヴォーラGT430のエンジン

3.5リッター・V6スーパーチャージャーエンジンは、最高出力436ps最大トルク440Nmを発生します。
トルクの増加は、ギアボックスクーラーの追加によって促進されたそうです。

トランスミッションは6速マニュアルで、慣性質量の小さなフライホイールも併せて採用されています。

エヴォーラGT430は、0-60mph(0-96km/h)を3.7秒で駆け抜け、最高速は305km/hです。
もはやスーパーカー並みのパフォーマンスと言っても過言ではないでしょう。

この強烈な動力性能を安心して楽しめるように、エヴォーラGT430は電子制御も充実しています。
「ドライブ」「スポーツ」「レース」「オフ(電子制御無し)」という、4つのダイナミック・ドライブ・モードが用意されており、可変トラクションコントロールの機能を、1〜12%までのスリップ率で調整可能です。

目次に戻る

エヴォーラGT430のシャシー

ロータスの十八番である軽量化に関しては、さらに磨きがかかっています。
車重はたったの1258kgしかないのです。
エヴォーラ・スポーツ410と比較して26kg、標準モデルであるエヴォーラ400からは実に137kgも軽くなりました

軽量化はチタニウム・エキゾーストや、カーボンボディパネル、軽量化内装、軽いダンパーアセンブリなどの採用により達成されました。

しかし、エヴォーラGT430の最大の武器は、何といっても空力です。
エヴォーラ・スポーツ410の最大ダウンフォース量(64kg)をわずか145km/hで発生し、最高速時のダウンフォース量は250kgにも達するというのですから。

強大なダウンフォースを最大限に活用すべく、エヴォーラGT430は、フロントに245/35R19、リアに295/30R20のミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2を履いています。

パワフルかつ軽量で、空力にも優れたエヴォーラGT430は、ヘセルのテストトラック(ロータス本社にあるサーキット)で1分25秒8をマークしました。
このタイムは、ロータス・3-ELEVENロードカーと同等の速さです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.