ニッサンの新車情報 新車情報

日産Terra(テラ) SUV版リーフが新型EV大攻勢の先陣を切る!

2017/08/09

テラ・コンセプト(2012)

新型リーフを発表を1ヶ月後に控えた8月、日産はマレーシアの特許事務所に「Terra(テラ)」という名称を提出しました。

このテラという車は、新型リーフをベースとした電動クロスオーバーSUVであると見られています。

今回は日産テラの最新情報と、元になったテラ・コンセプトについてお伝えします。

sponsored link

テラ・コンセプトは燃料電池自動車だった

このテラという名前は、2012年のパリモーターショーで公開された、SUVのコンセプトカーと同じものです。

テラ・コンセプト

テラ・コンセプトは電気自動車(EV)ではなく、燃料電池自動車(FCEV)のデモンストレーションとして発表されました。

テラ・コンセプトのボディサイズは、ジュークとキャシュカイの間とされ、ボンネット下には2.5kW/Lの出力密度を持つ燃料電池を搭載、インホイールモーターで4輪を駆動します。

しかし日産がEVに注力し始めたために、テラ・コンセプトがFCEVとして日の目を見ることはありませんでした

そのテラ・コンセプトがEVに姿を変え、電動クロスオーバーSUVの日産Terraとして帰ってきたのです。

目次に戻る

日産テラの概要

新型リーフと同様に、60kWhのバッテリーオプションが用意されると見られています。
大容量のリチウムイオンバッテリーによって、テラは実走行においても480km程度の航続距離を確保できるでしょう。

また、後輪にモーターを追加することで、SUVらしい4WDに変更することもできます。

テラの武器=価格競争力

しかしテラでもっとも魅力的なのは、その価格です。

テラはSUVで室内が広いにも関わらず、セダンのテスラ・モデル3とほぼ同価格帯で登場すると考えられています。

つまり35,000ドル程度で、電動クロスオーバーSUVが手に入るのです。

テスラもモデル3をベースにした「モデルY」を計画中ですが、日産の方が動きが早いようですから、おそらくモデルYよりも先に発売されるでしょう。
モデル3の生産で手一杯なテスラ社が、今後1〜2年の間に新車を投入できるとはとても思えないので。

目次に戻る

日産のEV大攻勢が始まる

日産はテラ以外にも、リーフ・ベースのEVを多数計画中の模様です。
テラはその始まりにすぎず、電動SUVも各セグメント向けに複数のモデルが発売されるでしょう。

テラの発売時期はまだ不明ですが、リーフの発売後にはよりハッキリとした形で、テラの実像が見えてくると思います。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: ニッサンの新車情報, 新車情報
Tag: , ,

戻る