ニッサンの新車情報 新車情報

日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【7/6更新】

2017/07/12

日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。
このページでは2代目となる新型リーフの最新情報を、画像を交えつつお伝えします。

更新情報

プロパイロット・パーキングの項目を追加しました。(2017/07/06)

エクステリアインテリアの画像を、最新のものに貼り替えました。(2017/06/22)

画像の出典: insideevs.com

sponsored link

エクステリア

初代とは異なり、ヘッドライトはとてもシャープなデザイン。
擬装されているが、「Vモーショングリル」になるのは確実だ。
ルーフは高い位置にあるが、Aピラーは比較的寝ている。
新型リーフの元となったIDSコンセプト。雰囲気は残っているが、全くの別物だ。
リア周りは新型マーチっぽい?

目次に戻る

インテリア

新型リーフのインテリア。
モニタは新型マーチと似たサイズなので、7インチのはず。
エアコンパネルは物理ボタン式。
セレクターはまるでジョイスティックみたいだ。
よく見るとDシェイプステアリングだとわかる。

目次に戻る

航続距離

初代リーフのバッテリー容量は24kWh30kWhの2種類ですが、60kWhの大容量バッテリーを搭載するシボレー・Bolt EVの登場以来、リーフの短い航続距離は、事あるごとに批判されてきました。

実燃費にもっとも近いとされる米国EPAのテスト方式だと、Bolt EVの航続距離は383km
対する初代リーフは171kmでしかありません。

メーカー名車種名航続距離(km)
シボレーBolt EV383
日産新型リーフ224/352
ヒュンダイアイオニックEV198
BMWi3182
日産初代リーフ171

航続距離は米国EPA基準

新型リーフの航続距離

新型リーフは大幅に航続距離が伸びます。
60kWhのバッテリーを搭載するグレードでは352km
40kWhでも240kmと、ヒュンダイ・アイオニックEVBMW i3を上回る航続距離です。

Bolt EVには負けていますが、新型リーフの方がリーズナブルな価格設定になると言われており、商品の競争力では決して負けていないはずです。

バッテリーは韓国製?

新型リーフのリチウムイオンバッテリーのサプライヤーがどこなのかは、まだ判明していません。
同じグループのルノーは、ZOEのバッテリーを韓国・LG化学から調達しているので、日産がオートモーティブ・エナジー・サプライ製のバッテリーを、LG化学製に切り替える可能性も十分に考えられます。

新型リーフには自動運転システムが搭載される予定です。
C27セレナと同じプロパイロットになるでしょう。

目次に戻る

プロパイロット・パーキング

【日産リーフ】100%電気自動車 #日産リーフ 「プロパイロット パーキング」を搭載!
「プロパイロット パーキング」は、国産車初の本格的自動駐車システムです。 駐車操作のすべて(アクセル・ブレーキ・ハンドル・シフト、さらにパーキングブレーキまで)を自動制御します。 今年9月6日に公開する、新型「日産リーフ」にご期待ください。
【日産リーフ】100%電気自動車 #日産リーフ 「プロパイロット パーキング」を搭載!

その名のとおり、完全に自動で駐車してくれるシステムです。

プロパイロット・パーキングの機能をオンにして、ドライバーが駐車スペースを指定、あとはプロパイロット・ボタンを押すだけで、新型リーフが自動的に駐車してくれるという優れものです。

駐車スペースの広さが足りているかどうかをシステムが判断してくれるため、狭い場所でも安心して使用できます。

目次に戻る

価格・発売時期

発表は2017年9月6日(日本時間)です。
初代リーフの競争力はもはや無いに等しいため、新型リーフの投入が早まることはあっても、遅れることは無いでしょう。

シボレー・Bolt EVの価格が37,495ドル、初代リーフの30kWhモデルが30,680ドルですが、新型リーフ・40kWhモデル(米国EPA航続距離で240km)は30,000ドルになる予定です。
60kWhモデルは、35,000ドル程度になるでしょう。

ちなみにシボレー・BOLT EVは1台当たり約103万円の赤字だと言われているので、新型リーフがBolt EVよりも極端に安くなることは、まずありません。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: ニッサンの新車情報, 新車情報
Tag: ,

戻る