F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年8月19日号)ペレスのシートは意外と危うい?

2017/08/20

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ペレスのシートは意外と危うい?
  • ルノー「後半戦はもっと良くなる」
  • ウィリアムズの40年間を支えた「音」

それではご覧ください。

sponsored link

ペレスのシートは意外と危うい?

セルジオ・ペレスフォース・インディアに在籍して、すでに4年目です。
普通ならばそろそろ移籍、となるところですが、上位チームのシートに空きは無く、フォース・インディアも好調なため、来年も契約延長することになりそうです。

「セルジオはまだ署名していませんが、(署名する日は)それほど遠くはないでしょう」と語るのは、フォース・インディアのCOOである、オットマー・サフナウアー氏です。

「常に『プランB』となる可能性があります。私たちが何らかの理由でチェコ(ペレスの愛称)とサインしなければ──私はサインすると信じていますが──、(パスカル)ウェーレインを含めてドライバーを探さなければなりません。彼はそれほど悪くないですからね!」

パスカル・ウェーレインの名前が出てきたのは興味深いですね。
ウェーレインが現在所属するザウバーは、来年からフェラーリのジュニアチームのような扱いになるため、メルセデスのドライバーである彼は放出されるのが確実な情勢です。

フォース・インディアはメルセデスエンジンユーザーですから、ウェーレインがシートを得るかもしれません。
しかしエステバン・オコンもメルセデスのドライバーであるため、その場合フォース・インディアを追われるのは、ペレスの方でしょう。

Source: Force India and Perez contract talks in final stretch | en.f1i.com

目次に戻る

ルノー「後半戦はもっと良くなる」

ルノーはイギリスGPでシャシーの大幅なアップグレードを行い、RS17のパフォーマンスを大きく引き上げることに成功しました。

しかし開発リソースに限度があったために、他の更新を遅らせざるを得なかったようです。
ルノースポールF1を率いるシリル・アビテブール氏は、後半戦での巻き返しに期待しています。

「われわれは何を求めているのか把握していた」とアビテブール氏。「しかし車のフィロソフィーに大きな変化があったために、開発には少し時間がかかるとわかっていた」

「われわれにはその部分が必要だったので、ある程度、もしくはほとんど開発を停止することになった」

優先的にやることがあったため、他の開発を遅延させたということでしょう。

「それはフロント周りや、バージボードを含む車体中央、そしてリア周りのための、新しい開発の枠組みを開くものだった」

「今はそれが終わり、シーズンの残りに投入されるものが沢山ある」

コンストラクターズランキングでランクアップが狙えないチームは、後半戦を捨てて来季のマシンを開発し始めるものですが、ルノーはまだ今シーズンを諦めていないようです。

ルノーは26ポイントで現在8位、7位のハースとはたった3ポイント差ですが、6位のトロロッソとは13ポイントも離れています。
新パーツの投入で、どこまで追い上げることができるでしょうか。

Source: Abiteboul sees more potential to unlock at Renault | en.f1i.com

目次に戻る

ウィリアムズの40年間を支えた「音」

The sounds of 40 years in Formula 1
If you're missing F1​ during the summer break, we've put together this film of the sounds from 40 years of our amazing cars just for you! Williams Martini Racing
The sounds of 40 years in Formula 1

ウィリアムズが過去に走らせたマシンたちが、シルバーストンに集結しました。

走行したマシンは、1977年にウィリアムズが新チームとして再出発した際に、マーチから購入して走らせたマーチ761や、翌78年のFW06、グラウンド・エフェクト・カーのFW07、6輪の怪物マシンFW08B、「レッドファイブが右に左に」の名実況でお馴染みのFW14B、36歳のデイモン・ヒルに悲願のワールドタイトルをもたらしたFW16、そしてウィリアムズとしてメルセデスエンジンを初めて搭載したFW36などです。

ヒルやジャック・ヴィルヌーヴっぽいデザインのヘルメットは確認できたものの、本人がドライブしているかどうかはわかりませんでした。
ランス・ストロールがFW36に乗り込んでいるシーンはあったのですが。

それにしても、やっぱりF1マシンのエキゾーストノートは良いですね。
特にV10時代の音は最高です。

Source: Williams puts together 40 years of F1 sounds | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年8月18日号)レッドブルはベッテルのタイトルを予想!?

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年8月20日号)Fインディア、Haloのせいで開発に遅れ

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
Tag:

戻る