F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年9月6日号)ポルシェがF1復帰!?

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ポルシェがF1復帰!?
  • ホーナー「エンジン割当を増やしたい」
  • シンガポールGPでのタイヤ選択

それではご覧ください。

sponsored link


ポルシェがF1復帰!?

ポルシェの副会長であるルッツ・メシュケ氏が、イタリアGPのパドックにおいて、F1のモータースポーツディレクターであるロス・ブラウン氏と面会したそうです。

ポルシェは2021年からのエンジン・レギュレーションに関する会議にも代表者を出席させているなど、F1に関心があるようですが、2019-20シーズンからフォーミュラEに参戦することをすでに決定・発表済みです。

「F1は適切な場所の1つになるかもしれない」とメシュケ氏。「ご存知のように、フォーミュラEは今のわれわれにとって非常に重要であり、F1は常に、考慮に値する良い話題を提供してくれる。新しいエンジンについては、かなり良い議論がある」

しかしメシュケ氏は、「絶対にF1のコストを削減しなければならない」と付け加えることも忘れませんでした。

フォーミュラEに参入した直後に、F1にエンジンサプライヤーとして復帰するというのは、ちょっと無理があるような気がします。
ポルシェのF1復帰は、開発コストが大幅に下がるならば、という前提条件付きでしょう。

Porsche considering return to F1 as engine supplier from 2021 | autosport.com

目次に戻る

ホーナー「エンジン割当を増やしたい」

イタリアGPでは、エンジンやギアボックス交換によるグリッド降格ペナルティが7台に課せられ、予選順位と決勝のスターティング・グリッドは、似ても似つかぬものになってしまいました。

その中でも影響が大きかったのは、レッドブルの2台です。
彼らは予選で2・3番手を確保したにも関わらず、決勝では13・16番グリッドからスタートしたのですから。

来シーズンからはエンジン・エレメント(MGU-Hやターボなど)の使用基数が、3基に減少します(今季は年間4基)
グリッド降格ペナルティが廃止されなければ、今季以上に予選の形骸化が進むでしょう。

レッドブルF1を率いるクリスチャン・ホーナー氏は、エンジン・エレメントの使用基数を、年間5基に戻すことを提案しています。
年間5基というのは、2016年の水準です。

「今年初めの会議でエンジン割当の変更を訴えたが、賛同されなかった」とホーナー氏。「おそらく被害を受けるチームが増えてくれば違ってくるだろう。現在から今年の終わりまでに、さらにペナルティが課されるか注視しておくよ」

メルセデス勢をさらに有利にしてしまうレギュレーションは、さっさと廃止するべきです。

Horner wants engine allocation increased | pitpass.com

目次に戻る

シンガポールGPでのタイヤ選択

ピレリからシンガポールGPにおける各チームのタイヤ選択が発表されました。
どのチームもウルトラソフトが最大限多くなるようにチョイスしています。

しかしハースF1チームだけは、ウルトラソフトが8セットと少なめです。
また、ルイス・ハミルトンセバスチャン・ベッテルパスカル・ウェーレインの3名だけが、ソフトタイヤを2セット確保しています。

Teams favour ultrasoft tyres for Singapore night race | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年9月5日号)グリッドペナルティシステムを廃止か

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年9月7日号)リカルド「マクラーレンは他のエンジンにすれば速くなる」

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.