F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年9月19日号)2018年のF1シート、ほぼ埋まる

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • 2018年のF1シート、ほぼ埋まる
  • ノルベルト・ハウグ、ポルシェのF1復帰を支持
  • F1中継に360°ライブカメラが導入される

それではご覧ください。


2018年のF1シート、ほぼ埋まる

シンガポールGPの週末には、来季について数多くの発表がなされました。

フォース・インディアセルジオ・ペレスとの契約を1年間延長しました。
同チームは来季も同じラインナップで戦うことになります。

ルノーカルロス・サインツとの契約を発表。
来季はニコ・ヒュルケンベルグとコンビを組むことになります。
サインツの移籍は、ジョリオン・パーマーのルノー離脱を意味しています。

トロロッソ・ホンダのドライバーラインナップは発表されていませんが、レッドブル系かホンダ系のドライバーになることは確実です。
よってダニール・クビアトピエール・ガスリー松下信治などの中から選ばれる可能性が非常に高く、他所からドライバーが移籍してくる可能性はほぼありません。

ザウバーは、フェラーリ子飼いのシャルル・ルクレールアントニオ・ジョビナッツィがシートを得る可能性が高く、やはりここもフェラーリ系以外のドライバーが乗ることはなさそうです。

メルセデスフェラーリレッドブルハースなどのチームは、来季も今季と同じコンビで戦うことがすでに決定しています。

ルノーにスイッチするマクラーレンも、ストフェル・バンドーンの残留が決定していますし、フェルナンド・アロンソもおそらくチームに留まるでしょう。

したがって残っているのは、ウィリアムズのシートだけです。
しかしここもランス・ストロールは確定していますし、フェリペ・マッサが現役を続行するというシナリオもありますから、もしかするとシートが空かないかもしれません。

仮にマッサが現役引退しても、メルセデス系のパスカル・ウェーレインがシートを得る可能性が高いです。
ロバート・クビサもウィリアムズと交渉しているようですが、ウェーレインを乗せることによってウィリアムズが得られる利益(=エンジン代金の減額)を諦めさせるほどの資金力が、クビサにあるとは思えません。

2018 driver market is closing more and more doors | f1technical.net

目次に戻る

ノルベルト・ハウグ、ポルシェのF1復帰を支持

ノルベルト・ハウグ

画像の出典: By Antigorky (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

かつてメルセデスのモータースポーツ部門を率いていたノルベルト・ハウグは、ポルシェにF1復帰を勧めています。

「F1はポルシェに最適だ」とハウグ。「私はそれを上手く想像することができる。F1とポルシェはとても相性が良い」

「ポルシェはアウディのごとく、LMPに2.5億ユーロを費やすこともできるし、もう少しコストを費やして、メルセデスとともにF1で戦うことも可能だ」

「F1で成功すれば、国際的なメディアと視聴者への露出は比類なきものとなる。ポルシェはLMP1で素晴らしい仕事をし、優れたエンジンと車のコンセプトを有しており、F1にコミットメントする能力を証明した」

ポルシェがレッドブルを買収するという噂もありますが、VWグループがEV重視の戦略を打ち出している以上、F1よりフォーミュラEを優先するのは確実です。
2021年からの新レギュレーションでコストが大幅に下がらないかぎり、ポルシェのF1復帰は無いと思います。

Source: Former Mercedes boss Haug urges Porsche to enter F1 | en.f1i.com

目次に戻る

F1中継に360°ライブカメラが導入される

画像はサムスンの360°カメラ

画像の出典: By Maurizio Pesce from Milan, Italia (Samsung Gear 360 camera) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

シンガポールGPでは、新たな技術が導入されました。
パドックとアンダーソン・ブリッジに、360°ライブカメラが設置されたのです。

これはF1の技術パートナーであるTataによって行われた実験で、ライブでの360°放送が可能かどうか検証するために行われました。
360°映像は通常の5倍のデータ量があるため、処理に時間がかかり、これまではライブで使うのに問題がありました。

しかしTataのものは、遅延が30秒以下に抑えられているのだとか。
今後は車両への搭載を目指すとのことです。

Source: F1 moves closer to introducing 360-degree broadcasts | motorsport.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年9月18日号)フェラーリ、2台とも0周リタイア

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年9月20日号)ハミルトンは偽善者?

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.