F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年9月29日)ガスリーがレーサーになったきっかけはオコン

2017/09/30

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • マレーシアGP FP1とFP2の結果
  • ガスリーがレーサーになったきっかけはオコン
  • パーマー、来季はインディカーに参戦か

それではご覧ください。

sponsored link

マレーシアGP FP1とFP2の結果

FP1の結果
FP2の結果

マレーシアGPの金曜セッションは、FP1は雨に、そしてFP2では排水口に祟られてしまいました。

ハースロマン・グロージャンは、FP2で外れた排水口のフタにぶつかり大クラッシュ。
セッション自体も赤旗中断となり、そのまま終了となってしまったのです。

めくれ上がってしまった排水口のフタ。
グロージャンにとっては避けようがなかったクラッシュ。運が悪かったとしか言いようがない。

目次に戻る

ガスリーがレーサーになったきっかけはオコン

マレーシアGPでF1デビューを果たしたピエール・ガスリーですが、彼がモータースポーツに触れるきっかけを作ったのは、フォース・インディアエステバン・オコンだったそうです。

「彼(ガスリー)がまだ幼かったころ、おそらく7〜8歳だったと思う。僕の両親は揃って、彼の両親と友人だった」とオコンは回想します。

「僕がゴーカートで走っていたある日、彼はサッカーをしていた。そのとき僕の父が『エステバンのゴーカートを試してみないか?』と言ったんだ。その後、彼はサッカーをやめたよ」

彼らはキャリアの最初から友人だったのです。
オコンの発言を受けてガスリーも、当時のことを振り返っています。

「エステバンとはかなり長い付き合いで、私たちは6歳からお互いを知っています。私たちは近所に住んでいて、一緒にカートをして育ちました」

「彼(オコン)がF1でチャンスを掴んだときは、嬉しかったですよ。私たちは異なるプログラムに参加していて、私はレッドブルにいましたから、私は(F1への)機会をもう少し長く待たなければなりませんでした」

「しかしこれまでのところ、私は自分のキャリアを彼のキャリアと比較したことはありません」

2人はまさに好敵手といった感じですね。
かつてはミカ・ハッキネンミハエル・シューマッハー、最近ではルイス・ハミルトンニコ・ロズベルグなど、幼いころから競争してきた2人が、F1の場で再び対決するというのは、いかにも運命的です。

Source: Gasly's career move down to Ocon | pitpass.com

目次に戻る

パーマー、来季はインディカーに参戦か

カルロス・サインツが来季からルノーに加入するため、、ジョリオン・パーマーはシートを失うことが決定しています。

パーマーはウィリアムズに残る1つのシートに注目しているようですが、ポール・ディ・レスタロバート・クビサといった有力候補がいるため、現実的には厳しいでしょう。

F1でサードドライバーを務めるつもりは無いというパーマーですから、おそらく来季はF1以外のシリーズに出ることになると思います。

パーマーは「ホイール・トゥ・ホイール・レーシング」を好んでいるそうですが、耐久レースは「ホイール・トゥ・ホイール・エンデュランス・レーシング」なので、WECやル・マン参戦は無さそうです。

となると残るはインディカーくらいですが、パーマーもアメリカン・オープンホイールに興味があるらしく、どうやらアメリカ行きが本命なようです。

でもパーマーには、ぜひともSUPER GTへの参戦を検討してもらいたいですね。
ホイール・トゥ・ホイールのバトルが発生する頻度では、世界有数だと思うので。

Source: Palmer considering all options | pitpass.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年9月28日号)ペレスとオコンは和解したのか!?

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年9月30日号)マレーシアGP予選結果

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
Tag:

戻る