マクラーレンの3座席ハイパーGT「スピードテール」

2017年9月29日McLarenの新車情報ハイパーカー

McLaren Speedtail

マクラーレンのハイパーカー「スピードテール」が、403km/hの最高速度記録を樹立しました。
スピードテールは、かつてのマクラーレンF1のように、3座席のレイアウトを特徴とするGTカーです。

このページではマクラーレンの新型アルティメット・シリーズ「スピードテール」についてまとめています。

更新情報

403km/hの最高速度記録樹立の項目を追加しました。(2019/12/24)

リーク画像やティザー画像を消去し、オフィシャル画像に挿し替えました。また、スペック等を正式発表された数値に更新しました。(10/27)

エクステリアのリーク画像と、インテリアのリーク画像を追加しました。(2018/10/26)

エクステリアのティザー画像とインテリアのティザー画像を追加し、最新の情報に合わせてページ内の記述を修正しました。(2018/10/13)


マクラーレン スピードテールの概要

エクステリア

マクラーレン スピードテール

ホイールカバーはホイールアーチ周りの乱流を減らすためのものだ。

サイドミラー代わりのカメラはリトラクタブル式。

全長は5,137mmと長い。

上から見るとテール部分の長さがよくわかる。

3人乗りなので、キャビンは結構ワイドだ。

エンジンフードは集合体恐怖症には辛いデザインだ。

奇妙な形をした独特なテールエンドを持つ。

あらゆるところに穴が開いている。

ディフューザーの効果を上げるために、排気の力を利用しているようだ。

リアエンドのアクティブエルロンは、継ぎ目の無いデザイン。

スピードテールのシャシーはカーボン製ですが、チタン蒸着が施されています。
これはミクロン単位のチタンの薄い層を、カーボンに直接織り込んだもののようです。
これにより重量を抑えつつ強度を高めることが可能になったほか、カーボンにクロームの光沢が加わりました。

目次に戻る

インテリア

やっぱり乗り降りはしづらそうだ。

モニタが3つ並ぶダッシュボード。物理ボタンはほとんど無い。

運転席の頭上には、エンジンスタートボタンやモード切替スイッチがある。

カーボン製のシートが並ぶ。3人で快適な長旅ができると言うが……。

目次に戻る

パワートレイン

マクラーレン・P1のように、スピードテールにもハイブリッド・パワートレインが搭載されます。

マクラーレン・P1

スピードテールは最高出力1,070ps最大トルク1,150Nmを発生します。
最高速は403km/h0-300km/hは12.8秒というとんでもないスペックです。
ちなみに0-300km/hのタイムは、1500psのブガッティ・シロン(13.1秒)をも上回ります。

マクラーレンが開発したバッテリーパックの出力密度は5.2kW/kgです。
これは現在のあらゆる自動車用高電圧バッテリーシステムの中で、最も優れた電力対重量比となっています。
プラグインでの充電はできませんが、スピードテールの駆動中は常にバッテリーが充電されるそうです。

スピードテールには「ベロシティ・モード」という運転モードがあり、選択すると側面のリトラクタブル・カメラが格納され、アクティブエルロンが最適な角度に変化、車高も35mm下がり、高速移動に対応します。

403km/hの最高速度記録を樹立!

McLaren Speedtail

アメリカ・フロリダ州にあるケネディ宇宙センターの滑走路において、マクラーレン スピードテールが403km/hの最高速を記録することに成功しました。
スピードテールがスペック通りの性能を持っていることが確認されたわけです。

McLaren Speedtail
ケネディ宇宙センターの滑走路に停車するスピードテール。

McLaren Speedtail
地平線まで伸びる滑走路の長さは3マイル(約4.82km)に及ぶ。

テストを担当したのは、マクラーレンのチーフテストドライバーを務めるケニー・ブラックです。
1999年のインディ500で優勝した実績を持つブラックは、ケネディ宇宙センターの滑走路上で、403km/hの最高速を30回も記録したそうです。

McLaren Speedtail

これによりスピードテールは、名実ともにマクラーレンで最も最高速度が高いモデルとなりました。
ちなみにこれまでその座を守ってきたのはマクラーレン F1(最高速386.4km/h)です。

マクラーレンはスペインやドイツのテスト施設でも同様のテストを行っていましたが、今回のテストで高速走行プログラムを終了します。

目次に戻る

価格・発売日

McLaren Speedtail

価格は250万ドルで、106台の限定生産ですが、すでに完売しているとのことです。

スピードテールは2018年10月26日発表されました。
最初のデリバリーは2020年を予定しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath