他メーカーの新車情報 新車情報

ロータス・エキシージ・スポーツ410 サーキットでも公道でも速いエキシージ

投稿日:

ロータスエキシージ・スポーツ410というモデルをリリースしました。
エキシージにはカップ430というバリエーションが存在しますが、サーキット向けの「カップ」に対し、「スポーツ」はサーキットと公道の両方に対応するモデルです。

今回はロータス・エキシージ・スポーツ410のスペックと画像をまとめてみました。


エキシージ・スポーツ410

シャシー、サスペンション、そして3.5リッター・V型6気筒スーパーチャージドエンジンは、カップ430のコンポーネントが流用されています。
クロスレシオの6速マニュアルトランスミッションも、カップ430のものです。

ただし車の性格に合わせて、各コンポーネントは再調整を受けました。
エンジンのパワー・トルクはそれぞれ20ps・20Nm引き下げられていますし、3way調整が可能なNitronダンパーも、サーキット以外の路面にも対応できるよう、新たな空力設定に合わせてセッティングが変更されています。

ブレーキはAPレーシング製だ。

スポーツ410最大の特徴は、軽さです。
乾燥重量は1054kgしかありません。
新たに装着されたチタン・エキゾースト・システムだけで、10kgもの軽量化に成功しています。
ホイールも超軽量な鍛造アロイホイールです。

スポーツ410はカップ430とは違い、ロードスターも選択できる。

軽量なチタニウム製エキゾースト。

十分なパワーと軽さを両立したスポーツ410は、0-100km/h加速に3.4秒しかかかりません。
最高速は290km/hです。

カーボンファイバー製のフロントスプリッター

リアウイングも当然カーボン製だ。

カーボンファイバー製のフロントスプリッターやボンネット、サイドポッド、リアウイング付きのテールゲート、リアディフューザーなどは、主に軽量化のために装着されているパーツですが、空力面での貢献も見逃せません。
スポーツ410は最高速時に、150kgものダウンフォース(フロント60kg : リア90kg)を生み出すからです。

インテリアはシンプルそのものだが、アルカンターラがふんだんに使われている。

シートはカーボン製で、表皮はアルカンターラと本革。レザーのみの仕様もある。

インテリアはスパルタンなものですが、公道での使用を前提としていることもあり、カップ430よりはコンフォート性に配慮されています。
iPodやBluetooth接続が可能なエンターテイメントシステム(エアコン操作含む)の存在こそが、スポーツ410という車のキャラクターを現しているといえるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.