F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年10月15日)ラウダ「両ドライバーに解雇すると警告した」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ラウダ「両ドライバーに解雇すると警告した」
  • ハース、フェラーリの要求を拒否
  • オランダの大都市は公道レースの開催に否定的

それではご覧ください。

sponsored link


ラウダ「両ドライバーに解雇すると警告した」

メルセデスAMG W07 ハイブリッド(2016)

画像の出典:By Andrew Locking [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

メルセデスのノン・エグゼクティブ・チェアマンであるニキ・ラウダは、チームの両ドライバーを解雇すると警告したことを明らかにしました。
といっても昨年の話ですが

2016年はメルセデスが突出して速かったため、開幕戦の時点から、ニコ・ロズベルグルイス・ハミルトンの2人がタイトルを争うことが予想されていました。

第5戦スペインGPで両者が接触しダブルリタイアとなると、2人の関係は一気に悪化。
ラウダによれば、危機的な状況に陥ったそうです。

「バルセロナで彼らが互いに押し合い、リタイアしたときに言った」とラウダは回想します。「メルセデスは容認できない、とね」

「もし君たちがもう一度やったら、契約解除を考える」とラウダは警告。「われわれはここではチームプレーヤーであり、お互いを破壊するようなことはできないのだ」と2人に告げたそうです。

その後はトト・ウォルフの尽力により、ロズベルグとハミルトンが衝突することは減ったものの、2人の対立は結局最後まで続きました。

今季はフォース・インディアの2人が一時険悪な仲になりましたが、ラウダくらい強烈なやり方でいかないと、エゴの強い(悪い意味ではなくて)F1ドライバーを制御できないのかもしれません。

Mercedes threatened to sack Hamilton and Rosberg, reveals Lauda | en.f1i.com

目次に戻る

ハース、フェラーリの要求を拒否

ハースはすでに、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)アントニオ・ジョビナッツィを、金曜日のフリー走行で走らせていますが、来季のラインナップに組み込むつもりはないようです。

「われわれはフェラーリと緊密に協力しているが、彼らはわれわれの決断を尊重してくれる」と語るのは、ハースを率いるギュンター・シュタイナーです。

「われわれが何をするかについて、彼らとはとてもオープンだ。なぜならそれがパートナーシップを機能させる唯一の道だからだ」

「外からの助けが、われわれ自身を混乱させるとは言いたくないが、しかし全てがわれわれにとって新しいことであり、一貫性に反することもある」

「時には新鮮な血が役立つこともあるが、われわれは基盤を構築する必要がある。われわれは両方のドライバーと一緒に仕事をしているので、現時点では変更することはない

ハースの堂々たる戦いぶりを見ていると忘れがちですが、彼らはまだ2年目のシーズンなんですよね。
基盤の整備が完全に終わっていない状況では、できるだけ不安定な要素を排除したいのでしょう。

ですがこれでジョビナッツィが来季F1デビューするのは、難しくなったかもしれません。
ザウバーには今年のF2チャンピオンであるシャルル・ルクレールが乗るはずなので、シートを2つともフェラーリが独占できるとは思えません。
それをやっちゃうと、もう完全にフェラーリのジュニアチームですからね。

Source: Ferrari approached Haas about driver line-up | racer.com

目次に戻る

オランダの大都市は公道レースの開催に否定的

マックス・フェルスタッペンの大活躍により、F1人気がうなぎのぼりのオランダでは、GP復活の機運が高まっています。

しかしオランダのアムステルダムロッテルダムの両都市の代表は、F1側とまったく接触していないようです。

しかもアムステルダム行政のスポークスマンは、「車の競争は旧市街の中心ではなく、サーキットで行われるべきだ」と語っています。

一方、ロッテルダム行政のスポークスマンは、レース開催について話し合いには応じるものの、市街地の再開発があるため、今後3年間は開催できないだろうと語りました。

また、以前市街地で開催されたレーシング・イベントでは、騒音の問題を気にする市民が多かったそうで、それも行政を躊躇させる要因になっているようです。

まあ、公道レースが駄目なら、以前のようにザンドフールト・サーキットで開催すれば良いわけで、オランダGP復活は時間の問題だと思います。
フェルスタッペンが引退するまでには、少なくとも10年以上の猶予があるわけですし、それまでには開催状況も整うでしょう。

Source: Amsterdam and Rotterdam turn down Dutch GP street race | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年10月14日号)トロロッソ、ブレンドン・ハートレーの起用を決定!

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年10月16日号)アストンマーチンがF1からスタッフを引き抜く

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.