Aston Martinの新車情報 新車情報

ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク ワゴンなのに2人乗り!?

更新日:

アストンマーチンザガートのコラボレーションが、また新たなモデルを生み出しました。

ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークは、その名のとおりステーションワゴンタイプの車なのですが、なんとこの車、ドアは2枚(テールゲート除く)しか無く、しかも2人乗りです

今回はヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークの画像と、概要についてお伝えします。

sponsored link


エクステリア

見た目はステーションワゴンですが、中身は2シーターのGTカーです。
アストンマーチンは「個人的かつ非常に実用的なGT」だと主張しています。
ボディパネルは全てカーボン製だそうです。

ルーフがダブルバブル風になっているのが面白いですね。
本来ダブルバブルルーフは、全高の低いスポーツカーやレーシングカーにおいて、乗員のヘッドスペースを稼ぐために用いられるものです。

ダブルバブルの部分もカーボン製ですが、ルーフの中央(凹んでいる部分)は室内に光を取り入れるべく、ガラス製になっています。

特別に用意されたラゲッジセット(多分旅行カバンのようなもの)もあるようで、それらはラゲッジスペースにピッタリと収まるように設計されているとのこと。
テールゲートはもちろん電動で開閉可能です。

目次に戻る

エンジン

エンジンは他のヴァンキッシュ・ザガートと同じく、5.9リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気が搭載されます。
600ps・を誇るV12ですが、シューティングブレークの0-100km/h加速は、スピードスター(3.7秒)やヴォランテ(3.7秒)よりも、やや遅くなると見られています。

目次に戻る

価格・発売時期

シューティングブレークの価格は、75万ポンドだそうです。
1ポンド=150円換算だと、なんと1億1125万円
よくフェラーリなどの価格を「家が建つほど」だと表現しますが、ザガートなら「豪邸が建つ」というべきでしょうね。ちなみにヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテは、50万ポンド、スピードスターは130万ポンドでした。

注文はすでに受け付けているようですが、99台限定だそうです。
なのでヴォランテやスピードスターと同じく、即座に完売すると思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-Aston Martinの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.