F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年12月11日) ブラウン「フェラーリとの提携にも限界がある」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ブラウン「フェラーリとの提携にも限界がある」
  • マクラーレン「ルノーのおかげでスポンサー探しが捗る」
  • フォース・インディアは2018年型マシン開発を急ぐ

それではご覧ください。

sponsored link


ブラウン「フェラーリとの提携にも限界がある」

フェラーリは2021年からの新エンジンレギュレーション案に抵抗し、F1から撤退すると脅していますが、F1のモータースポーツ・ディレクターを務めるロス・ブラウンは、フェラーリのための忍耐にも限界があるとコメントしました。

「私はこれらの(新エンジン案に対する)反応にかなり驚いた」とブラウン。「エンジンが達成すべき新しい目標について全会一致で合意し、それに基づいて新レギュレーション案を作り出したからだ」

ブラウンは現行のレギュレーションにとどまることはできないと考えています。
全てのF1ファンの60〜70%がより大きく魅力的な排気音のするエンジンを求めていますし、F1への参入を検討中のメーカーは開発コストの安いエンジンを要求しているからです。

「もちろんフェラーリを失いたくはない。フェラーリはF1から恩恵を受け、F1もまたフェラーリから恩恵を受けている。しかしすべてのパートナーシップには限界がある

フェラーリがどこまで本気なのかはわかりませんが、新エンジンレギュレーションを巡る政治的な駆け引きは、今後さらに激しくなっていくことでしょう。

Source: Brawn: 'Formula 1's partnership with Ferrari has its limits' | en.f1i.com

目次に戻る

マクラーレン「ルノーのおかげでスポンサー探しが捗る」

マクラーレンのエグゼクティブ・ディレクターであるザック・ブラウンは、これまでスポンサーが見つからなかったのはホンダのせいだと考えています。

「われわれはこれまで、スポンサーに来年こそ良くなるという話ができなかった」とブラウン。「それが新しいエンジンサプライヤを必要とする理由の1つだった」

「われわれが変化を厭わないことを証明しなければならなかったし、ドライバーを維持しなければならなかった。マクラーレンを、ルノーを、そしてアロンソとバンドーンをまだ信じている人たちがいる」

「新しいスポンサーとの話し合いがうまくいったからこそ、私は言うことができる」

ホンダがマクラーレンに資金援助していた額は年間100億円以上と言われていますが、それを埋めるスポンサーを見つけるのは難しいでしょう。
フェラーリですらサンタンデール銀行のスポンサーシップを失うご時勢ですからね。
おそらくブラウンらは、小口のスポンサーをいくつか見つけてきてお茶を濁すはずです。

マクラーレンが証明しなければならないのは、変化を厭わないということではなく、レッドブル並のシャシーを開発できるということですからもし大型スポンサーを獲得するとしても、来季以降の話になると思います。

Source: Honda disaster hindered McLaren's search for sponsors | en.f1i.com

目次に戻る

フォース・インディアは2018年型マシン開発を急ぐ

2年連続でコンストラクターズ・ランキング4位となったフォース・インディアは、さらに上を目指すべく奮闘しています。

「私たちは今、2018年に前進する必要があります」と語るのは、テクニカル・ディレクターのアンディ・グリーンです。「それが可能だとわかります。私たちは明らかに最速のチームではないので」

「私たちの先を行く3チームは遥かに速いので、そこにパフォーマンスがあることはわかっているんです。私たちもそれを見つけますし、絶対にそうするんだという意欲に満ちています」

フォース・インディア躍進の原動力は、生産プロセスの合理化にあるのだそうです。
新しいパーツが素早く実装されるようになったことで、トラックでのパフォーマンスが大きく改善されました。

「各レースでトラックにパーツを持ち込み、レースごとに重要な変更が行われていたのは、本当にエキサイティングでした。ファクトリーで作業中のパーツが素早くトラックに到着するようになったことが、本当に皆のモチベーションになっていたんです」

また、ドライバーの努力がファクトリーにもたらすモチベーションについても、グリーンは強調しています。

「ドライバーが全力を尽くしているのを実際に見ると、彼らがファクトリーに戻った時にどうなるか。ファクトリーのスタッフは、ドライバーから自分たちと同様の献身的な姿を見たいと思っているんですよ」

サーキットの現場とファクトリーの一体感こそが、現在のフォース・インディアの強さにつながっているようですね。

Source: Force India development to remain at full speed in 2018 - Green | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年12月10日)ボッタス「チーム以外からの評価は気にしない」

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年12月12日)ウィリアムズはクビサではなくシロトキンを選ぶ?

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.