F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年12月27日) ハミルトン「今年のマシンは最も難しかった」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ハミルトン「今年のマシンは最も難しかった」
  • レッドブル「リカルドの契約延長を優先する」
  • ストロール「批判には結果で応えた」
  • マグヌッセン、結局デイトナ24時間に出ず

それではご覧ください。


ハミルトン「今年のマシンは最も難しかった」

2017年のタイトルを獲得したルイス・ハミルトンですが、メルセデスの今年度型マシン「W08 EQ Power+」は、彼のF1キャリアの中で最も乗りこなすのが難しいマシンだったそうです。

「これ(W08)が最もタフなマシンだ」とハミルトン。「僕たちの抱えていた問題のいくつかには、何年も悩まされて続けてきた。そして何かする必要があることはわかっていた」

「新しい車はワイドになったので、問題も大きくなってしまったのだと思う。(これまでとは)異なるタイヤの動作があり、その点が最も難しかった」

「2008年も難しかったし、2009年は恐ろしかった。これは素晴らしい車だけど、それを動作させるのは難しい」

2008年はスタンダードECUが導入され、トラクションコントロールが禁止された年です。
また、2009年はオーバーテイクを促進するためにダウンフォースが大幅に削減されました。

W08のマシンのパフォーマンスを最大限まで引き出すためには、少しオーバードライブ(オーバーステアのことか?)気味に運転しなければならず、そのためには繊細な操作が必要だったといいます。
車の性能ではなく、自身のドライビング・テクニックで掴み取ったタイトルだったわけです。

Source: Hamilton: 2017 car most difficult of my F1 career | motorsport.com

目次に戻る

レッドブル「リカルドの契約延長を優先する」

レッドブルを率いるクリスチャン・ホーナーは、2018年末で契約が切れるダニエル・リカルドを引き止めようと必死です。

「私たちは長く苦しいシーズンを過ごしたばかりなので、最後にするのは契約について突っ込んだ話をすることだ」とホーナー。

「しかし私は新年の早い段階でもう一度車のパフォーマンスがどれほどか、どれほど上手くいっているかを見てから、少なくとも2020年までダニエルをチームに残すことを優先しようと考えている

「彼は28歳であり、キャリアにおいて重要な時期だ。この次のステップは、重要な役割を果たすことになる。彼のポテンシャルを引き出すために適切な車を確実に提供したい」

もしリカルドが移籍することになっても、レッドブルにはカルロス・サインツをレンタル先のルノーから呼び戻すというオプションがあります。
そのためリカルドとの交渉では、レッドブル側も強気に出られるはずです。

Source: Red Bull plan Daniel Ricciardo talks next year but have 2019 'options' | skysports.com

目次に戻る

ストロール「批判には結果で応えた」

シーズン序盤はクラッシュばかりで批判の雨あられだったランス・ストロールですが、アゼルバイジャンGPでは3位表彰台を獲得し、最終的にはドライバーズポイントを40ポイントも稼ぎ出し、ランキング12位でルーキーイヤーを終えました。
大先輩でチームメイトのフェリペ・マッサが、43ポイントでランキング11位だったことを考えれば、ルーキーとしては出色の出来だったといえるでしょう。

「(批判を見返すことが)できたと思う。実際に結果を出したからね」とストロール。「批判する人たちがそれを見たくないなら、それは彼らの問題だ」

「(見返したところで)満足することはない。誰が間違っているかを証明しようとしたことなんてない。自分のためにしたんだ。今年はそれがモチベーションになっていた」

「誰が間違っているかを証明するのではなく、自分が最善を尽くすことができて、自分の仕事をうまくやれると、自分自身に証明するためだ」

「だから僕にとっては何も変わらない。8ヶ月前、苦しい時を過ごしていたときと同じなんだ」

ウィリアムズのマシンが不調だったこともあって、コースによって好不調の波が激しかった感のあるストロール。
来季は良いマシンが手に入るといいですね。

Source: Lance Stroll: My Formula 1 rookie results answered my critics | autosport.com

目次に戻る

マグヌッセン、結局デイトナ24時間に出ず

先日ケビン・マグヌッセンが来年のデイトナ24時間レースにエントリーするとお伝えしたのですが、諸事情によりキャンセルとなったようです。
フェルナンド・アロンソランス・ストロールと共に、F1ドライバーが揃い踏みかと楽しみにしていたのですが、残念な結果になってしまいました。

Source: Kevin Magnussen rules out Daytona 24 entry for 2018 | crash.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年12月26日)メルセデス「90%の車を作るのが目標だった」

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年12月28日)なぜメルセデスはマクラーレンにエンジンを供給しなかったのか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.