F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年1月19日) メルセデスは「良い警官」フェラーリは「悪い警官」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • メルセデスは「良い警官」フェラーリは「悪い警官」
  • フェラーリの電動スーパーカー計画はF1にマイナス?
  • コスワース、アストンマーチンのF1計画に興味

それではご覧ください。

sponsored link


メルセデスは「良い警官」フェラーリは「悪い警官」

F1にとってメルセデスは良い警官で、フェラーリは「悪い警官」だと語るのは、ダイムラー会長であるディーター・ツェッチェです。
良い警官・悪い警官というのは、取調べのときに片方の警官が容疑者にきつく当たり、その後もう片方の警官が優しく接することで、自白を引き出すテクニックのことを指します。
コワモテの刑事が「お前がやったんだろ!」と締め上げておいて、定年間際の老刑事が「まあカツ丼でも食え。おふくろさんは元気にしてるのか?」と落としにかかるアレです。

「われわれは良い警官と悪い警官です。私たちはトラック上で狂ったようにお互いを打ち負かし、10分の1秒のアドバンテージを得ようとしていますが、同時のF1における思考と戦略的行動は100%合致しています」

フェラーリは「撤退するぞ!」とF1を脅していますが、メルセデスはどう考えているのでしょうか?

「われわれはF1にとどまっているものの、プラットフォーム自体は重要であり続けなければなりませんし、必ず発展しなければなりません」

F1が発展し続けなければ、「カツ丼」は出てこないというわけですね。

Source: Mercedes boss Zetsche on Formula 1 and Ferrari’s Marchionne | autocar.co.uk

目次に戻る

フェラーリの電動スーパーカー計画はF1にマイナス?

テスラ・ロードスターⅡは、0-100km/hを1.9秒でこなすという驚異の電動スーパーカーですが、もしそれが必要とされるのであれば、フェラーリは最初に作るとセルジオ・マルキオンネ会長がコメントしています。

「もし作るべき電動スーパーカーがあるなら、フェラーリが最初にやる」とマルキオンネ。「テスラがスーパーカーでしたことに人々は驚いている。私はイーロン・マスクがしたことを過小評価するつもりはないが、誰でもそれは可能だと思う」

もしフェラーリが電動スーパーカーを作り始めたら、フォーミュラEに参戦する必然性が出てきます。
「そのとき」がやってくるのは意外と早いかもしれません。

Source: Ferrari’s electric supercar plan: A warning to F1? | f1fanatic.co.uk

目次に戻る

コスワース、アストンマーチンのF1計画に興味

出典: italian.sakura.ne.jp

単独でF1にエンジン供給するつもりはないというコスワースですが、アストンマーチンとのパートナーシップには興味津々なようです。

「われわれもアストンマーチンとレッドブルのパートナーシップの中で仕事がしたいと思っている」コスワースのパワートレイン部門を率いるブルース・ウッドは、提携に意欲を見せました。

「われわれは何年もアストンと多くの仕事をしてきたし、ハイパーカーのヴァルキリーについては、レッドブルと非常に近いところで仕事をしている。一緒に働くことには一理あるだろう」

「コスワースは独立しているため、まずは利益を生み出さなければならない。利益を生むもので、他の誰かとコストを分担しているのであれば、F1に参戦するのも容易くなるはずだ」

全ては新しいエンジンルール次第ですが、フェラーリメルセデスの反対を押し切って、低コストなF1エンジンを導入できるとは思えません。
アストンマーチンやコスワースが考えているような展開にはならないでしょう。

Source: Cosworth keen on Aston Martin F1 engine partnership | motorsport.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.