スバルの新車情報 新車情報

スバル初のプラグインハイブリッドはXV(クロストレック)! THS+4WDで2018年末に発売

更新日:

画像はガソリン車

スバルが世に送り出す初のプラグインハイブリッド(PHEV)車は、XV(米国名:クロストレック)となるようです。

名前はシンプルにクロストレック・ハイブリッドになるのだとか。
日本ではXVハイブリッドでしょうか。
「エヴォルティス」になるという情報もあったのですが、今回は空振りだったようです。

このページでは、スバル初のPHEVについてまとめてみました。

sponsored link


XVハイブリッド(PHEV)の概要

まずはスバルのプレスリリースを見てみましょう。
以下の引用部分は筆者の拙訳です。

新型クロストレック・ハイブリッドは、燃費の向上とともに、従来のスバル・クロストレックの全機能を受け継いでいます。
それはガソリンと電力の両方を使用し、通常は航続距離の不安を払拭するハイブリッドとして、もしくは地元通勤のための純粋な電気自動車として運転することができます。

クロストレック・ハイブリッドは、米国で3番目に売れている多目的コンパクトSUVの、先進的で環境に優しいバージョンです。
2019 スバル クロストレック・ハイブリッドは、トヨタ・ハイブリッド・システム(THS)と、スバルの4気筒BOXERエンジンシンメトリカルAWD全く新しいトランスミッションを独自に統合しています。

クロストレック・ハイブリッドは、ガソリン駆動による幅広いオフロード能力と、ハイブリッドによる効率を兼ね備えています。

今年末にスバルのディーラーに並ぶMY2019のクロストレック・ハイブリッドは、ユニークなスタイリングを特徴とし、明確に異なる能力を発揮します。

ガソリン仕様のクロストレックと同様に、MY2019のクロストレック・ハイブリッドは、ハイブリッドと電動パワートレインに対応するよう設計された、スバル・グローバル・プラットフォームを中心に構築されています。

プレスリリースから判明したことをまとめてみます。

  1. THSと4気筒BOXERの組み合わせ
  2. シンメトリカルAWDの採用
  3. 新型トランスミッションを搭載
  4. SGPが基盤となる
  5. 米国での発売は年末

目次に戻る

THSと4気筒BOXERの組み合わせ

かねてからの噂の通り、トヨタのTHSが流用されるようです。
現行型プリウスPHV(米国名:プリウス・プライム)のプラグインハイブリッドシステムを、水平対向4気筒エンジンと組み合わせるのでしょう。

この4気筒が、ターボなのか自然吸気(NA)なのかは不明ですが、おそらくはNAエンジンになると思います。

シンメトリカルAWDの採用

プリウスPHVには4WDのラインナップがありませんが、クロストレック(XV)ハイブリッドには、スバル伝統のシンメトリカルAWDが採用されます。
PHEV仕様の価格は、ガソリン車よりも間違いなく高価になるため、AWDによって付加価値を付けようとしているのでしょう。
何にせよ、プリウスPHVとの差別化が図られることは良いことです。

新型トランスミッションを搭載

画像はリニアトロニック

出典:By Photo: Qurren (talk) [GFDL or CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons

THSを4気筒のBOXERと組み合わせ、さらにはAWDにするわけですから、トランスミッションは新開発せざるを得ません。
先代(2代目)のXVハイブリッドも、トランスミッションは専用品でした。

プレスリリースには「all-new transmission」と書かれているので、既存のリニアトロニックを改良したものではない可能性が高いです。

SGPが基盤となる

スバル・グローバル・プラットフォーム

現行型のインプレッサ(GT型/GK型)から導入されたスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)が、クロストレック・ハイブリッドにも使われます。

SGPは電動パワートレインに対応していると当初から言われてきましたが、まさか他社製のプラグインハイブリッドシステムも搭載できるとは思いませんでした。

最初からTHSの搭載を前提にして開発してきたのか、それとも柔軟なプラットフォームなのかはわかりませんが、THS+SGPの組み合わせが可能となれば、インプレッサや新型フォレスターなどのPHEV仕様にも期待が持てます。

米国での発売は年末

米国で年末発売となると、ワールドプレミアは11月末からのロサンゼルス・モーターショーかもしれません。

日本での発売も、米国と同時期になると思われます。
プリウスPHVは日本で生産されているため、クロストレック・ハイブリッドも国内で生産するはずで、日本だけ発売が遅れるとは考えにくいからです。

価格はプリウスPHVより高くなるでしょう。
AWDですし、トランスミッションも専用品であるなど、安くなる理由に乏しいからです。

目次に戻る

Source:Subaru Announces 2019 Crosstrek As First Plug-In Hybrid | insideevs.com

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-スバルの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.