F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年7月18日)ハースの好調を支えるキーパーソン「トミーさん」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えするデイリーF1ニュース
本日のニュースは以下の3本です。

  • ハースの好調を支えるキーパーソン「トミーさん」
  • マリヤ「F1チームの格差を知っていたら参入してなかったかも」
  • マイアミ、F1と異例の20年契約か

それではご覧ください。


ハースの好調を支えるキーパーソン「トミーさん」

現在コンストラクターズランキング5位につけているハース
これまでの2年間は8位でしたから、このままいけば過去最高位でシーズンを終えることになります。

ドライバーのケビン・マグヌッセンは、そんなハースの好調を支えるキーパーソンとして、Tommy-sanの名前を挙げています。
トミーさんとは、タイヤエンジニアの富塚裕のことです。
富塚エンジニアは、ブリヂストンでレースタイヤの開発に携わっていた人物で、BARやアロウズの担当としてF1の現場で働いていた経験もあります。

「我々が彼のような人物を切望していたのは、ピレリが非常に複雑なタイヤだからだ」とマグヌッセン。

「ドライビングの観点からだけでなく、レースを管理し、タイヤ温度を上げる車のセッティングの面でも、戦略的にアウトラップでドライビングスタイルを切り替える上でも、困難なタイヤなんだ」

「ピレリのタイヤを試して理解するには、タイヤの経験が豊富な人物が必要だ。理解するのは簡単ではないからね。だからトミーさんがここに居てくれることは、チームにとってとても大きなことなんだ」

「理解するのを助けてくれる誰かがいるのは、大きな利点だよ。他のタイヤメーカーでの経験があれば、試して理解するのは容易だし、より早く理解できる」

「週末は毎週新しいターマックで、温度は違うし、タイヤコンパウンドも違う。車のセットアップも違うので、毎回再学習しなければならない。タイヤの挙動も違ってくる。誰かが経験を活かしてタイヤに目を向けてくれるのは、大きな助けになる」

ロマン・グロージャンも富塚エンジニアを絶賛しており、今やチームに無くてはならない存在となっているようです。
実際、ブリスター地獄となったオーストリアGPで、ハースは4・5位に入っていますし、タイヤ管理の面で大きくレベルアップしているのは間違いないと思います。

Ex-Bridgestone man a big factor in Haas performance - Magnussen - f1i.com

目次に戻る

マリヤ「F1チームの格差を知っていたら参入してなかったかも」

現在のコンコルド協定では、メルセデスレッドブルなどの大きなチームが優遇されています。
特にフェラーリの優遇ぶりは図抜けていて、2017年(2016年の成績に基づく)は、分配金全体の約19% (およそ1億8000万ドル)を受け取っていました。

「バーニーはけちな人参をぶら下げて、我々にサインするよう脅した」と語るのは、フォース・インディアのオーナーであるビジェイ・マリヤです。

「バーニーは全体像を明らかにせず、しかも他チームとも取引していた」

「格差の大きさを知っていれば、私はおそらくサインしていなかっただろう」

ザウバーとフォース・インディアは、EUの競争委員会(日本ならば公正取引委員会か)に、トップチームの優遇措置を是正するよう訴えたことがあります。
しかしリバティ・メディアがF1を買収すると、彼らはこの訴えを取り下げました。

「ザウバーとフォース・インディアは、EUへの訴状を撤回した。なぜならリバティ・メディアが我々の意見を認識し、懸念事項が解決されることを保証したからだ」

リバティ・メディアは予算制限を設けようと熱心に活動していますが、分配金の偏りを無くすだけでも、中団より後ろのチームにとっては、かなりの助けになるはずです。

F1 teams were “bullied” and misled over unfair income deals – Mallya - racefans.net

目次に戻る

マイアミ、F1と異例の20年契約か

F1の契約は、5年契約+5年間の延長オプションというのが通例となっています。
しかしマイアミで新たに開催されるグランプリは、10年契約+10年間の延長オプションという、過去に類を見ないものになりそうです。

マイアミ市とF1の交渉期限は7月1日までとなっていましたが、結局7月26日にずれ込みました。
その日に行われる公聴会において、シティマネージャーがホストシティ契約を締結することを許可する見込みです。

マイアミGPの運営とプロモートは、South Florida Racing LLCという企業が行います。
この会社をコントロールしているのは、NFLマイアミ・ドルフィンズのオーナーであるステファン・ロスのようです。
彼は不動産業で財を成した人物で、Forbesによると、資産額は76億ドルとされています。

Miami could get unprecedented 20-year deal - pitpass.com

目次に戻る

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.