Aston Martinの新車情報 新車情報

アストンマーチン 新型ヴァンテージS さらにパワーアップ&MTもラインナップ!

投稿日:

アストンマーチンヴァンテージSの開発を進めているようです。
先日デビューした新型ヴァンテージの、ハイパフォーマンス仕様となります。

今回はアストンマーチン・ヴァンテージSのスパイショットと、最新情報をご覧ください。


ヴァンテージSの概要

エクステリア

スパイショット

ヴァンテージSの開発車両。


現在のところ、外観上の変更点はほとんどない。


フロントのブレーキディスクが変更されているというが、画像からは確認できない。


リア周りもエアロの変更は無し。


目立つ変更点は、クアッド・エキゾーストになっていることくらいだ。


ヴァンテージSの開発車両を見るかぎり、ベースモデルからの変更点はわずかです。

標準のヴァンテージは、リアバンパーの左右にそれぞれ1本ずつ排気口が設けられていましたが、ヴァンテージSでは、左右それぞれ2本ずつのクアッド・エキゾーストに変更されています。

実は標準のヴァンテージにも、クアッド・エキゾースト仕様のオプションがあるのですが、ヴァンテージSのそれは、オプションのものとは形状が異なっているようです。

クアッド・エキゾースト装着車

また、ヴァンテージSの開発車両にはクロスドリルドローターが装着されているため、ブレーキシステムも強化された可能性があります。

目次に戻る

シャシー

先代のヴァンテージSでは、標準車からバンパーやサイドスカート、ホイールなどが変更された他、ブレーキの強化、クイックなステアリングギア比の採用、ダイナミック・スタビリティ・コントロールやサスペンションのリセッティング、約30kgの軽量化などが行われました。

ブレーキに関してはスパイショットからも明らかですし、今回のヴァンテージSでも、先代と同様の変更があると考えられます。

目次に戻る

パワートレイン

エンジン

エンジンは標準のヴァンテージと同じく、AMG製の4.0リッター・V型8気筒ツインターボが搭載されますが、最高出力が引き上げられると見られています。
具体的な数字は不明ですが、標準のヴァンテージの510psから、40psアップの550psになるという説もあります。

トランスミッション

マニュアルトランスミッション(MT)が用意されます。
メルセデス-AMGにはMTの設定がないので、アストンマーチンが独自にセットアップすることになるでしょう。
なお、MTに関しては、標準のヴァンテージでも選択できるようになるはずです。

オートマチック車に関しては標準のヴァンテージと同じく、ZF製の8速ATが採用されるでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報は現時点ではありません。

ヴァンテージSは2019年のデビューを予定しています。
新しい情報が入り次第、このページに追記していく予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-Aston Martinの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.