F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年7月28日)ハンガリーGP FP3・予選の結果

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えするデイリーF1ニュース
本日のニュースは以下の3本です。

  • ハンガリーGP FP3・予選の結果
  • フォース・インディア、破産手続開始
  • 因縁のリアウイングを再導入したウィリアムズ

それではご覧ください。


ハンガリーGP FP3・予選の結果

FP3の結果(クリックで拡大)


予選結果(クリックで拡大)


雨に翻弄された予選となりましたが、トロロッソ・ホンダの2台はピエール・ガスリーが6番手、ブレンドン・ハートレーが8番手と、揃って好グリッドを獲得しました。

ブレンドン・ハートレー(#28 トロロッソ・ホンダ)

目次に戻る

フォース・インディア、破産手続開始

財政難が伝えられていたフォース・インディアの、破産手続きが開始されました。
副代表のボブ・ファーンリーは、破産管財人が指名されたことを認めています。

申し立てを行った主な債権者は、メルセデスAMGやセルジオ・ペレスなどだそうです。
メルセデスはエンジン使用代金900万ポンド(約1180万ドル。1550万ドルという説もある)、ペレスも300万ポンド(約400万ドル)の返還を求めています。

フォース・インディアの買収先としては、イギリスのエナジードリンクメーカーであるリッチエナジーや、ウィリアムズのドライバーであるランス・ストロールの父、ローレンス・ストロールなどの名前が取り沙汰されていましたが、結局買収よりも先に破産が申請されてしまいました。

なお、新たな買収候補者として、ロシアの億万長者であるドミトリー・マゼピンの名前が浮上しています。
彼の息子は現在フォース・インディアでテストドライバーを務めているニキータ・マゼピンです。

また、ドイツの自動車メディアAuto Motor und Sportは、アメリカ人ビジネスマンやニューヨークの投資ファンド、そして現メインスポンサーのBWTなども買収に興味を示していると報じています。

破産した企業の資産は管財人によって売却され、債務の支払いに充てられます。
しかし破産状態でも、事業譲渡は可能です。
フォース・インディアには潜在的な買い手が多くいるので、このまま会社が消滅することはなさそうですが、事業譲渡には債権者の承諾が必要となります。
今後はフォース・インディアの譲渡価格に注目が集まりそうです。

Source: Force India goes into administration - pitpass.com

目次に戻る

因縁のリアウイングを再導入したウィリアムズ

イギリスGPでは、DRSを閉じた際に気流が失速する現象が発生し、スピンに悩まされたウィリアムズ
結局このリアウイングはレースで使われず、2台のマシンは古いリアウイングでシルバーストーンを戦いました。

この因縁浅からぬリアウイングを、ウィリアムズはハンガリーGPで再び導入しました。

「シルバーストーンで我々が抱えていた問題は、これまでのところ一つも見られていない」と語るのは、ドライバーのセルゲイ・シロトキンです。

「フロア周りを少し改良し、ウイングそれ自体のセットアップも少し変えた。とても小さなことだが、それが機能しているように見える」

最高技術責任者のパディ・ロウによると、シルバーストーンで発生した問題の原因は、ディフューザーだったようです。
コーナリング・パフォーマンスを引き上げるべく施した変更が裏目に出て、車を断続的に失速させるような副作用が生じたと説明しています。

Source: Williams reintroduce Silverstone rear wing which caused spins - racefans.net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.