F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年9月9日)メルセデス「レースでのパワーはフェラーリに匹敵」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えするデイリーF1ニュース
本日のニュースは以下の3本です。

  • メルセデス「レースでのパワーはフェラーリに匹敵」
  • FIA会長「F1がEVになることはない」
  • F1、マイアミでもイベントを実施か

それではご覧ください。


メルセデス「レースでのパワーはフェラーリに匹敵」

パワー競争でフェラーリの先行を許したメルセデスですが、パワーサーキットのモンツァでは、見事優勝を果たしました。
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の自滅があったとはいえ、跳ね馬と互角に戦えたことは収穫です。

「予選において我々は、全てのストレートで負けていた」と語るのは、シルバーアローを率いるトト・ヴォルフです。

「これは決して言い訳ではないが、予選のストレートで我々は0.3秒を失っていた。しかしレースにおいてはそうではなかった」

「彼らが1周でデプロイできるパフォーマンスは、レースを通して複製できるものではないようだ」

しかしベッテルは、1周目の接触でマシンをひどく損傷していたと主張しています。
ベッテルが万全の状態であったら、ルイス・ハミルトンのペースを上回っていたかもしれません。

Source: Mercedes closer to Ferrari power levels in race trim – Wolff - racefans.net

目次に戻る

FIA会長「F1がEVになることはない」

少し前に、F1のモータースポーツ・ディレクターであるロス・ブラウンが「グランプリレースは今後10年間でオー​​ルエレクトリックシリーズになる可能性がある」と展望を語ったものの、フォーミュラE(FE)の主催者側から「FIAとは2039年までの独占契約がある」と反論された出来事がありました。

FIAのジャン・トッド会長も、フォーミュラEの独占的地位を認めています。

「FEのプロモーターと、シングルシーターにおける一定年数の独占契約を結んでいることは真実だ」とトッド。

「来るべき将来にF1がEVになるというのはデタラメだし、それは起こらないだろう。単にそれをすることができないからだ」

「FEはF1のようなパフォーマンスを持っていない。現時点においてFEが都市で開催されている理由のひとつは、例えばモンツァのようなサーキットでFEを走らせることに興味がないからだ」

「我々は2つの異なるカテゴリーについて話している。FEとF1を比較するのは完全な誤解を招く」

全固体電池が開発されれば、FEとF1のパフォーマンス差は近づくでしょうが、それでもまだF1の方が速いはずです。
それこそ2039年ごろにならなければ、両者のパフォーマンスが同等になることはないでしょう。

Source: Todt shuts down 'nonsense' talk of electric future for F1 - f1i.com

目次に戻る

F1、マイアミでもイベントを実施か

来年のマイアミGP開催は不可能となりましたが、同地でのデモンストレーション・イベントは開催されそうです。

このイベントは2019年10月17日に開催を予定しているもので、マイアミのビスケーン・ブールバードに690mのストレートを設置し、デモ走行を行います。
F1マシンはストレートの端でドーナツターンして、スタート地点に戻る形になりそうです。

4日間にわたるイベントでは、F1のデモ走行だけでなく、スーパーカーの展示やステージイベント、巨大なスクリーンによるレースのパブリックビューイングなども行われる予定です。
このイベントには全てのチームが参加するわけではありませんが、どのチームが参加するかはまだ不明です。

しかしマイアミGPと同様に、このイベントも住民の反対運動に直面しています。
やはりストリートレースを開催するのは簡単なことではありません。

Source: Plans for Miami demonstration event revealed - pitpass.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.