F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年10月13日)F1、2019年の開催カレンダーを発表

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えするデイリーF1ニュース
本日のニュースは以下の3本です。

  • F1、2019年の開催カレンダーを発表
  • ラッセル「パディ・ロウに直接電話した」
  • F1ファンはDRSをどう思っているのか?

それではご覧ください。


F1、2019年の開催カレンダーを発表

F1が2019年のカレンダーを発表しました。

開催地に変更はありませんが、スケジュールには若干の変化が見られます。

まず、開幕戦オーストラリアの開催日が、一週間早まりました。
その代わり、今年は2週連続開催だったバーレーン-中国の開催間隔が伸びたので、アゼルバイジャンの開催日は今年とほぼ変わりません。

そして評判の悪かった、フランス-オーストリア-イギリスの3週連続開催は無くなりました。
フランス-オーストリアは2週連続開催ですが、イギリスはその2週間後となっています。

その余波を受けて、ドイツ以降の開催日が1週間ずつ後ろにずれています。
シンガポール-ロシアの間隔が2週連続になっていますが、その分ロシア-日本の間隔が空いているので、日本GPの日程も、今年より1週遅い10月13日です。

また、アメリカとメキシコの開催順が逆になっています。
最終戦アブダビは12月1日と、非常に長いシーズンになりました。

FIA formally approves 21-race F1 schedule for 2019 - racefans.net

目次に戻る

ラッセル「パディ・ロウに直接電話した」

ウィリアムズからのF1デビューが決まったジョージ・ラッセルですが、その契約交渉は、決してメルセデス任せだったわけではなかったようです。

「パディ(ロウ。ウィリアムズの最高技術責任者)に、来年F1に出たい、ウィリアムズの車に乗りたい。クレアとの話し合いを手配して、もっと話を進められませんか?」と、ラッセルはロウに直接電話をしたといいます。

「シミュレーターで1日を過ごしました」とラッセル。

「彼らは私のフィードバックとスピード、そしてチームとどのようにやりとりしたのかを評価していました。彼らはその後、とてもうまくいったと私に告げました」

「GP3とF2での実績も、重要な要素でした」

「条件交渉はメルセデスに委ねられましたが、私は関与しました。これは私のキャリアなので、彼らは私に多くの関わりを持っていました。それは共同の議論でした」

積極的なアプローチの結果、ウィリアムズのシートを手に入れたラッセル。
マシンに中団グループで戦えるだけの競争力があれば、ラッセルは必ず活躍できることでしょう。

Russell engaged Williams with a phone call to Paddy Lowe! - f1i.com

目次に戻る

F1ファンはDRSをどう思っているのか

F1がファンに対して行った、DRSに関するアンケートの結果が発表されました。

まず、70%のファンは、DRSがF1のオーバーテイクを促進し、レースにスペクタクルを与えると考えているようです。
一方、56%はDRSのせいでオーバーテイクが簡単になりすぎていると感じています。

DRSをいつどこで使うべきかについては、意見がきれいに3分されました。
34%はDRSゾーンのみにとどめるべきだと答えたのに対し、33%はコース上のどこでも使えるべきだと答え、残りの33%は使用回数制限という条件付きで、コース上のどこでも使えるようにすべきだと答えたのです。

これらの意見はFIAにフィードバックされ、DRSの将来像を考えるために使われるそうです。

F1 FAN VOICE: Fans have their say on DRS - formula1.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.