F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年11月23日)アロンソ「マクラーレン・ホンダ移籍は後悔していない」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えする「デイリーF1ニュース」。
今日のニュースは以下の4本です。

  • アブダビGP FP1・FP2の結果
  • アロンソ「マクラーレン・ホンダ移籍は後悔していない」
  • シロトキン「シート喪失は辛い瞬間だった」
  • FIAが新しいF3マシンを公開

それではご覧ください。


アブダビGP FP1・FP2の結果

FP1の結果(クリックで拡大)


FP2の結果(クリックで拡大)


目次に戻る

アロンソ「マクラーレン・ホンダ移籍は後悔していない」

引退するフェルナンド・アロンソですが、2015年のマクラーレン・ホンダ加入を後悔していないといいます。

「振り返れば決断を変えるかもしれないが、後悔は無い」とアロンソ。「マクラーレン・ホンダをドライブすることは、多くの人にとって夢だったと思う」

「我々は皆、『マクラーレン・ホンダは来年強いだろう』と言っていた。だから(不振を)誰もが予想していたわけではない。フェラーリのためにドライビングしたことは良かった」

第3期ホンダF1はたった1勝しか上げられなかったというのに、多くの人がマクラーレン・ホンダは強いと予想していたというのは、ちょっと意外ですよね。

Source: Alonso stands by decision to join McLaren-Honda - racefans.net

目次に戻る

シロトキン「シート喪失は辛い瞬間だった」

来季はロバート・クビサがレースドライバーに昇格することが決定したため、セルゲイ・シロトキンウィリアムズのシートを失うことになりました。

「昨日の夜、チームからそれについて聞かされた」とシロトキン。「しかし既に、私は先週SMPレーシング(シロトキンの支援者)と少しミーティングをしていた」

「我々は物事の同棲について分析した。そしてその後には、(シートを失うことが明らかになったので)私はもう本当にミーティングに参加したくないと思った」

「だから先週の時点で、既に何が起こるか知っていた。私自身、1週間心の準備をした」

「しかし気持ちの整理はつかなかった。私はまだそれが起こると信じられなかったんだ。それは私にとって辛い瞬間だったよ」

シロトキンは予選で度々ランス・ストロールを上回るなど、ドライバーとして高いレベルにあることを証明してきましたが、シートの獲得には至りませんでした。
SMPレーシングとしては、クビサ以上のマネーを出せないと判断したのでしょう。

Source: Ousted Sirotkin admits it's 'a tough moment for me' - f1i.com

目次に戻る

FIAが新しいF3マシンを公開

2019年から導入される新しいF3マシンがお披露目されました。

ダラーラ製の2019年型F3マシンには、F1ではもうおなじみとなったHaloが装着され、オーバーテイクを容易にするために空力が最適化されています。
ワイドなフロントウイングもその1つでしょう。

来年からGP3とF3が統合されるため、現在のF3よりもマシンパフォーマンスが向上しているようです。
エンジンはメカクローム製の3.4リッター・6気筒自然吸気で、380psを発生します。

このマシンは3年間に渡って使用される予定です。

Source: FIA reveals new ‘optimised for overtaking’ 2019 F3 car - racefans.net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.