Land Roverの新車情報 新車情報

新型レンジローバー・イヴォーク ヴェラール顔で登場! 48Vマイルドハイブリッドも追加

投稿日:

ランドローバーのコンパクトSUVであるレンジローバー・イヴォークが、フルモデルチェンジを受け第2世代となりました。

今回は新型イヴォークの概要についてお伝えします。


2代目レンジローバー・イヴォークの概要

エクステリア

新型イヴォーク。ヴェラールと同様の顔つきになった。


後傾したルーフは変わらず。


ルーフはボディ同色にしたり、黒塗りにしたりできる。


テールゲートガラスの面積が小さいが、カメラがあるので問題は無いだろう。


2代目イヴォークは、ボディサイズこそ初代とほぼ同じ(全長4.37m)なものの、顔つきはレンジローバー・ヴェラールに似たものになりました。

テールライトのデザインもヴェラール似ですが、イヴォークはリアオーバーハングが非常に小さいのでスポーティーな印象です。

ボディサイズ

寸法(mm) 新型(2代目) 旧型(初代)
全長 4,371 4,371
全幅 1,996 1,900
全高 1,649 1,635
ホイールベース 2,681 2,660

数値は欧州仕様のもの。

新型は100mm弱もワイドになっています。
全高とホイールベースもわずかながら拡がったようです。

目次に戻る

インテリア

後席はルーフが低い分だけ、寝そべるような形で座ることになる。


物理ボタンが極力廃されたダッシュボード周り。


センターコンソールのタッチスクリーンは2段式。


上のタッチスクリーンは少しだけチルトするようだ。


センターコンソールの下にも収納スペースがある。


電源も完備している。


ドアトリム。握りやすそうなグリップだ。


後席用の電源もちゃんとある。


パノラミックルーフのおかげで、ルーフが低くても圧迫感はなさそうだ。


荷室容量は十分だが、後席を倒してもフラットにはならないようだ。


ステアリングホイールが一新され、メーター類はデジタル・インストゥルメント・クラスターになりました。
センターコンソールにはワイドスクリーンのインフォテイメント・ディスプレイだけでなく、空調やオーディオなどを操作できる第2のタッチスクリーンも装備されています。

新型イヴォークのボディサイズは先代と変わりませんが、室内は広くなっています。
後席の膝周りのスペースは20mm拡がり、ラゲッジスペースも容量が10%アップしました。
実際のラゲッジスペース容量は、5名乗車時が591リッター、後席を折りたためば1,383リッターまで拡大可能です。

目次に戻る

シャシー

4輪駆動と前輪駆動を瞬時に切り替えるアクティブドライブラインは、第2世代バージョンに更新されています。

また、テレインレスポンスも「2」に進化しました。
テレインレスポンス2には、路面のサーフェスを自動で検出し、それに応じて車両の設定を調整、快適な乗り心地を提供してくれます。

そして新型イヴォークには、ClearSight Ground Viewという技術が採用されました。
これはフロントカメラで撮影した映像をスクリーンに映し出すことで、ボンネットに遮られた死角をカバーするものです。
これによりドライバーは、イヴォークの前方180°を見渡すことができます。

また新型イヴォークは、最大600mmまでの水深に対応しています。
ちなみに先代モデルは500mmでした。

目次に戻る

パワートレイン

インジニウム・エンジンが継続採用されています。
2リッター・直列4気筒のガソリンおよびディーゼルで、組み合わされるギアボックスはZF社製の9速ATですが、最も安いディーゼル車にはMTもあるようです。
ガソリン仕様は200ps, 250ps, 300psの3種類、ディーゼル仕様は150ps, 180ps, 240psの3種類となっています。

新型イヴォークで新たに追加されるのは、48Vマイルドハイブリッドです。
17km/h以下の速度域ではエンジンを切り、スターター・ジェネレーターのアシストによって走行します。
この48Vマイルドハイブリッドにより、CO2をkmあたり8g削減できるのだとか。
マイルドハイブリッドのエンジンは、300ps仕様の直4ガソリンターボです。

新型イヴォークにはプラグインハイブリッドも用意されます。
しかしローンチからは1年ほど遅れそうです。

目次に戻る

価格・発売日

英国価格は、前輪駆動・ディーゼル(150ps)・MTが31,600ポンド(459.5万円)から、4WDのガソリン車は35,950ポンド(522.7万円)からとなっています。
日本では200ps仕様のガソリン車が461万円からとなっているので、英国本国よりも安価です。

英国における新型イヴォークのデリバリーは、2019年春から始まる予定です。
日本のランドローバー公式サイトでも既に新型イヴォークが紹介されているので、日本導入も英国と同時期になると思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-Land Roverの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.