新型レンジローバースポーツ(第3世代)最新プラットフォームでカイエンを追撃!

2020年1月28日Land Roverの新車情報7人乗り, PHEV, SUV

Land Rover Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot

レンジローバースポーツが、2022年にフルモデルチェンジされます。
第3世代となる新型レンジローバースポーツは、プラットフォームが最新のものに切り替わり、何らかの形で電化される予定です。

今回は新型レンジローバースポーツに関する最新情報とスパイショットをご覧ください。

更新情報

最新のスパイショットを追加し、シャシーパワートレインの情報を更新しました。(2020/02/18)


新型レンジローバースポーツ(第3世代)の最新情報

エクステリア

スパイショット

Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot front
第3世代レンジローバースポーツのテストカー

Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot front three quarter
ボクシーなフォルムは現行型と変わらない

Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot side
7人乗り仕様も用意されると言われている

Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot rear three quarter
テールゲートスポイラーはやや大きめ

Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot rear
テールランプなどのディテールは判別できない

新型レンジローバースポーツにおいても、7人乗り仕様が用意されると見られています。
ライバルであるポルシェ カイエン等のハイパフォーマンスSUVに対して、実用面で大きなアドバンテージを生み出すからです。

最新のスパイショット
Land Rover Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot front
スノーテストを行う新型レンジローバースポーツ

Land Rover Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot
フロントグリルは意外と傾斜がついている。

Land Rover Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot side
フロントオーバーハングの短さに注目。

Land Rover Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot rear three quarter
車体後部は絞り込まれているようだ。

Land Rover Range Rover Sport 3rd Gen Spyshot rear
クアッドエキゾーストからはV8のようなサウンドが聞こえたという。
画像の出典: motor1.com

目次に戻る

インテリア

新型ディフェンダーに採用された最新のインフォテイメント「Pivi Pro」が搭載されます。
このインフォテイメントシステムには、Qualcommの車載用プロセッサ「Snapdragon 820Am」と、BlackBerry QNXというOSが搭載されており、デュアルe-SIMによる通信が可能です。

Land Rover Defender 110 2020 interior
新型ディフェンダーのインテリア

目次に戻る

シャシー

MLAプラットフォームが採用されます。
このプラットフォームは最新のもので、次期レンジローバーや、新たに追加されるレンジローバーのクロスオーバーSUVにも採用される予定です。
新プラットフォームにはアルミニウムが多用されるということで、大幅な軽量化が見込まれています。

目次に戻る

パワートレイン

MLAプラットフォームはツインモーター仕様のEVにすることが可能ですが、新型レンジローバースポーツで採用されるかはわかりません。

プラグインハイブリッド(PHEV)に関しては、現行型(L494型)と同様にラインナップされるでしょう。
現行型のPHEVは2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボ「インジニウム」に、モーターとバッテリーを組み合わせたもので、システムの総出力は404psとなっています。

新型レンジローバースポーツでも、直6+マイルドハイブリッドのセットアップが提供されるでしょう。
また、BMW製のV8を搭載したモデルが登場する可能性があります。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

発売は2021年末または2022年初頭の予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath