ランドローバー 新型レンジローバー 中身は大幅進化!

Land Roverの新車情報PHEV, SUV

Land Rover Range Rover 2022 Front three quarter

ランドローバー新型レンジローバーを発表しました。先代のデザイン言語を継承しているので、外観はそれほど大きく変わっていませんが、中身のエンジニアリングは大幅に進化しています。

今回は新型レンジローバーの概要をご覧ください。

Related Posts

新型レンジローバー(2022年モデル)の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Land Rover Range Rover 2022 Front three quarter
新型レンジローバー

Land Rover Range Rover 2022 Side
全長とホイールベースが伸び、室内も広くなった。

Land Rover Range Rover 2022 Rear three quarter
デザインはキープコンセプトだが、クリーンな印象になっている。

Land Rover Range Rover 2022 Rear
縦に長く細いテールランプになった。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Land Rover Range Rover 2022 Interior
新型レンジローバーのインテリア

Land Rover Range Rover 2022 Display
センターコンソールのディスプレイは13.1インチ。

Land Rover Range Rover 2022 Cooler
ドリンクを冷やす冷蔵庫も完備。

Land Rover Range Rover 2022 Console
セレクターレバーが小型化された。

Land Rover Range Rover 2022 Front seat
ヘッドレストにはノイズキャンセリング機能が装備されている。

Land Rover Range Rover 2022 SV rear seat
「SV」のリアシートは4人乗りの豪華仕様

Land Rover Range Rover 2022 Seven seater
7人乗り仕様も用意されている。

Land Rover Range Rover 2022 Rear entertainment
リアエンターテイメントシステムも用意されている。

Land Rover Range Rover 2022
後席で充電もできる。

Land Rover Range Rover 2022 Luggage
後席背面にもキルティングが貼られている。

目次に戻る

シャシー

Land Rover Range Rover 2022 Chassis

プラットフォームはモジュラーアーキテクチャのMLA-Flexが採用されています。これによりハードウェアとソフトウェアによる高度な統合シャシー制御が可能となりました。

新型レンジローバーにはショートホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)の2種類が用意されており、前者の全長は5,052mm、後者は5,252mmです。
ホイールベース自体も75mmも伸び、室内が広くなりました。

全輪ステアリングも新たに採用されました。
電動リアアクスルは、低速時に最大7°まで後輪を操舵し、11m以下の旋回円(最小回転半径だとおそらく5.5m)を実現します。
逆に高速域では前輪と後輪を同じ方向に操舵し、安定性を高めることが可能です。

エアサスは空気ばねのボリュームがさらに増しています。ツインバルブダンパーとの組み合わせで、アダプティブダイナミクス制御ソフトウェアによって管理されています。

iAWD(インテリジェント全輪駆動)トランスミッションは、IDD(インテリジェントドライブラインダイナミクス)システムによって制御されます。
このシステムはドライバーの入力と路面のグリップレベルを1秒間に100回監視し、各車輪に対し予測的にトルクを配分します。

48Vの電子制御スタビライザーにより、車体のロールも適正に管理されています。
また、900mmまでの渡河性能を備えるなど、オフロード性能も万全です。

目次に戻る

パワートレイン

Land Rover Range Rover 2022 PHEV

ガソリン車は3.0L・直6(400ps・550Nm)と4.4L・V8(530ps・750Nm)です。前者にはマイルドハイブリッドとスーパーチャージャーが装着されています。後者はBMW製のV8で、ツインターボ仕様です。

ディーゼル車は3L・直6のみで、300ps・650Nmと350ps・700Nmという2つの仕様が用意されています。ちなみにディーゼル車は米国に導入されないそうなので、日本でも販売されないかもしれません。

プラグインハイブリッド(PHEV)は3L・直6と電気モーターの組み合わせで、最高出力は440ps仕様と510ps仕様の2つです。
バッテリー容量は38.2kWhで、80~100kmのゼロ・エミッション走行(EV走行)が可能となっています。

目次に戻る

価格・発売日

英国価格は98,000ポンドからとなっています。
PHEVの価格はまだ公表されていません。

欧州では2022年春からデリバリーが開始されます。
日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath