アルファロメオが日産ジュークのライバルを計画中!?

2020年1月27日Alfa Romeoの新車情報Bセグメント, EV, SUV

Alfa Romeo Baby SUV rendered by AutoExpress front
AutoExpressによる予想CG

アルファロメオがBセグメント(全長3.8~4.2m程度)に該当するコンパクトSUVを計画しているようです。
アルファが現在開発中の「トナーレ」よりも一回り小さいSUVとなります。

このコンパクトSUVは、FCA(フィアット・クライスラー)とPSA(プジョー・シトロエン)の経営統合により実現可能となったモデルで、プラットフォームにはPSAが開発したCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)が採用されます。
また、BEV(バッテリーEV)仕様もラインナップされる見込みです。

今回はアルファロメオの新型コンパクトSUVに関する最新情報をご覧ください。


アルファロメオ 新型コンパクトSUVの最新情報

エクステリア

予想CG

Alfa Romeo Baby SUV rendered by AutoExpress front
AutoExpressによる予想CG

Alfa Romeo Baby SUV rendered by AutoExpress rear
AutoExpressによる予想CG

アルファロメオの新しいコンパクトSUVは全長4.1m前後で、日産 ジューク(2代目)のライバルとして計画されているようです。
よってかなりデザインコンシャスなモデルになると思われます。

目次に戻る

パワートレイン

プラットフォームにCMPが採用されることで、エンジン等もPSAのものを搭載することが可能となります。
アルファの新型コンパクトSUVには、PSAの1.2リッター・直列3気筒ターボが搭載される予定です。
この1.2リッターエンジンは、プジョー 208やオペル コルサにも使われています。

EV仕様

CMPには最大50kWhのリチウムイオンバッテリーと、フロントアクスルに1つの電動モーターを搭載することができます。
航続距離は最大320kmです。

モーターを1つしか搭載できないので、AWD(全輪駆動)仕様は用意されないでしょう。
ガソリン車もFWD(前輪駆動)モデルのみかもしれません。

目次に戻る

価格・発売日

価格・発売日ともにまだ判明していません。

アルファは2022年までに、トナーレの発売やステルヴィオやジュリアのマイナーチェンジを予定しているため、新型コンパクトSUVの投入は2022年以降になる可能性があります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath