BMW 新型7シリーズ(G11, LCI) キドニーグリル、デカすぎ

2019年1月10日BMWの新車情報, 新車情報BMW 7 series (G11), セダン

BMW7シリーズ(G11型)が、フェイスリフトされました。
画像のとおり、X7そっくりの巨大なフロントグリルが特徴です。

今回は新型7シリーズの画像とスペックをご覧ください。

更新情報

正式発表された画像を追加し、スペックを公式のものに修正しました。(2019/01/17)


新型7シリーズの概要

エクステリア

BMW 新型7シリーズ

フロント周りは全面的に刷新された。

ヘッドライトはDLLのデザインが変更されている。

サイズが40%も増したキドニーグリル。ノーズ部分の高さも50mmアップとなっている。

標準仕様のバンパー形状も変更された。両サイドはクロームで縁取りされている。

サイドに関しては加飾が追加された。

新しいデザインの軽量アロイホイールが装着されている。

「ホッケースティック」と呼ばれる加飾が追加された。

ホフマイスターキンクは健在。

ウインドウガラスが厚くなった他、リアホイールハウス内に防音材が追加されたため、静粛性が増している。

左右をつなぐライトストリップが、クロームバーの下に追加された。

35mm幅のスリムなLEDテールランプ。

リーク画像

流出した画像は、750Li、750Li Mスポーツ、そしてV12を搭載するM760Liです。

新型750Li。キドニーグリルにしか目が行かない。

リア周りはテールランプの小変更と、左右をつなぐライトストリップの追加のみ。

こちらはMsportモデル。巨大なキドニーグリルのせいで、あまりスポーティには見えない。

フロントフェンダーからサイドステップにかけての加飾を、BMWはホッケースティックと呼んでいる。

カッパー仕上げのM760Li。

Cピラーの根本に「V12」のバッジが追加されている。

巨大なキドニーグリルは、フラッグシップSUVであるX7を彷彿とさせる押し出しの強いものですが、やりすぎ感も否めません。
キドニーグリルが目立ちすぎて、その他の部分の印象が薄くなってしまっています。
ヘッドライトのデザインも変わっているのですが、そちらに目が行きません。

参考画像として、 M/C前のG11・7シリーズのフロント周り。

こちらはM/C前のG11・7シリーズのリア周り。

リア周りでは、テールライトのデザインが変更された他、左右のテールライトをつなぐライトストリップが追加されています。

別のリーク画像。テールランプとライトストリップの光り方がはっきりとわかる。

目次に戻る

インテリア

新型7シリーズのインテリア。

ステアリングは新しいデザイン。インフォテイメントも最新バージョンだ。

ナッパレザーのシートは、キルト加工が拡張されている。

アンビエントライトが組み込まれたドアトリム。

リアシートの質感は流石の一言。

後席用のエンターテイメントシステムとして、10インチのタッチスクリーンが装着されている。

ヘッドライナーのアンビエントライトも用意されている。

目次に戻る

パワートレイン

8シリーズでデビューした、新開発の4.4リッター・V型8気筒ツインターボがラインナップされました。
750i xDriveおよび750Li xDriveに搭載され、530PS・750Nmを発生します。

プラグインハイブリッドの740eも更新され、グレード名も新たに745eと変更されまっした。
745eは、EV走行距離が54~58kmに拡大された他、直列6気筒エンジンもパワーアップし、システム総出力は394ps・600Nmとなっています。

最上級グレードのM760Li xDriveには、ガソリン・パティキュレート・フィルターが追加されました。
6.6リッター・V12は、585PS・850Nmを発生し、3.8秒で0-100km/hをこなすほか、305km/hの最高速を誇ります。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。
現行型の7シリーズは、1232~2520万円で販売されています。

ヨーロッパでは2019年4月からデリバリーが開始される予定ですが、日本導入がいつになるかはわかりません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath