BMWの新車情報 新車情報

BMW X7 3列シート・7人乗りのフラッグシップSUVは威風堂々・豪華絢爛

投稿日:

BMWのフラッグシップSUVであるX7が公開されました。
3列シート・7人乗りの大型SUVは、最上級モデルにふさわしい堂々たる姿です。

今回はBMW X7の画像と概要をご覧ください。


BMW X7の概要

エクステリア

史上最大のキドニーグリルを持つ「BMW X7」


ごついSUVだが、クロカン風味は感じない。


ヘッドライトは新型3シリーズと同様のデザイン。


ちょっとやりすぎな感じのキドニーグリル。


エアカーテン付きのフロントダクトは最近の流行り。


室内空間を優先したボクシーなフォルム。


ルーフはほぼ真っ直ぐ。テールゲートも垂直に近い。


リアを見ても、バッジが無ければBMWだとわからないと思う。


テールランプのデザインはシンプルそのもの。


3列シート・7人乗りのSUVということで、居住スペースを確保するためにボクシーなフォルムが採用されています。
BMW史上最大のキドニーグリルは、存在感こそ抜群なものの、好みの分かれるデザインと言えるでしょう。

ボディサイズ

各部寸法(mm)
全長 5,163
全幅 1,999
全高 1,805
ホイールベース 3,103

数値は海外仕様のもの。

全長5メートルをゆうに超える大型のSUVです。
ホイールベースも3メートルを大きく上回っています。

目次に戻る

インテリア

X7のインテリア。


メーターは「BMWライブコクピット」という12.3インチの液晶ディスプレイだ。


エアコン吹出口周りは新型3シリーズとほぼ同じ。こちらのモニタも12.3インチ。


ガラスのシフトノブは高級感抜群。


温冷両対応のカップホルダー。


Bowers & Wilkinsのオーディオは、20スピーカー・出力1500ワット。


3列目シートへのアクセスも良好そうだ。


この3列目シートなら、大人も快適に過ごせそうだ。


3列目シートの頭上。パノラミックルーフのおかげで開放感がある。


テールゲートは上下に分割して開く。


ラゲッジ容量は、3列目使用時が326リッター。3列目を倒せば750リッター。


2列目まで倒せば、2120リッターの広大な空間が生まれる。


アンビエントライトも装備。


頭上にもアンビエントライトが装備されている。


フラッグシップモデルにふさわしい、豪華絢爛なインテリアです。
本革やウッドパネル、メタリックやガラスのマテリアルが、スタイリッシュにミックスされています。

目次に戻る

シャシー

2軸エアサスペンション

2軸エアサスペンションが標準装備されています。
オート・セルフ・レベリング機能付きで、荷物が不均一に積載された場合でもバランス調整が可能です。
また、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)と連動しており、その時々の車両の重さを、ブレーキ制御に反映させることもできます。
車高は、138km/h以上で走行する際には自動で20mm下がります。通常時にはドライバーが最大40mmまで車高を上げることも可能です。

アクティブ・ロール・スタビライゼーション

エグゼクティブ・ドライブ・プロと呼ばれるオプションは、アクティブなロールコントロールを可能にする電動スイベルモーターを採用しており、コーナリング時の車両の傾きを、迅速かつ正確に補正します。
コーナリングが安定するだけでなく、トラクションも向上するようです。

オフロード・パッケージ

インストゥルメント・クラスタとコントロールディスプレイに、特別なグラフィックスが用意されます。
また、運転モード選択用の特別なボタンが、センターコンソールに追加されます。
ボタンでxSnow、xSand、xGravel、xRocksモードを自由に選択し、あらゆる路面状況において快適な走行が可能です。
フロントの床下にはアンダーガードも装着されます。

「駆け抜ける喜び」も味わえる

X7はラグジュアリー&コンフォートな要素が重視されていますが、4輪操舵のインテグラル・アクティブ・ステアリングもオプションで用意されていますし、M50dにはM Sportディファレンシャルも装備されています。

目次に戻る

パワートレイン

グレード 排気量(L) 燃料 出力(ps) トルク(Nm)
xDrive 40i 3.0 ガソリン 340 446
xDrive 50i 4.4 462 648
xDrive 30d 3.0 ディーゼル 265 620
M50d 400 760

規制が厳しい米国では、ディーゼルはラインナップされないそうなので、同様に規制が厳しい日本でもそうなるかもしれません。

M50dは直列6気筒に4つのターボ(クアッドターボ)を組み合わせたエンジンを搭載しています。

目次に戻る

運転支援システム

  • トラフィックジャムアシスト
  • レーンキーピングアシスト
  • オートマチックスピードリミットアシスト
  • エマージェンシーストップアシスト
  • パーキングアシスタントプラス(後退アシスト付)

最新の運転支援システムが、ひと通り揃っている印象です。
トラフィックジャムアシストには、プリクラッシュブレーキやアクティブ・クルーズ・コントロールが含まれています。

目次に戻る

価格・発売日

米国価格は、xDrive40iが73,900ドル、xDrive50iが92,600ドルとなっています。
記事執筆時点のレートだと、前者が約818万円、後者は約1040万円となります。
しかし日本だとX5ですら920万円もするので、X7の日本価格はさらに高額になるはずです。

米国のディーラーに到着するのは、2019年3月だと言われています。
日本でもそれに近いタイミングでデリバリーされるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-BMWの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.