フェラーリ F8トリブート 488GTBから何が変わった? 違いを比較

Ferrariの新車情報, 新車情報スポーツカー, スーパーカー

フェラーリが、488GTBの後継モデルである「F8トリブート」を発表しました。
F8トリブートは、スペチアーレの488ピスタとほぼ同等のパフォーマンスを持っています。

今回は新型V8フェラーリの概要をご覧ください。


フェラーリ F8トリブートの概要

エクステリア

フェラーリ F8トリブート

デザイン自体は488GTBと似ていますが、フェラーリは「新しいデザイン言語への架け橋」だと主張しています。
高性能と優れた空力効率という、フェラーリにとって重要な特徴を強調するものなのだそうです。

ノーズ部分にSダクトが見える。

空力については、488ピスタで採用されたSダクトが、F8トリブートにも装備されています。
ちなみにSダクト単体で、ダウンフォース量の増加(488GTB比)に15%もの貢献をしているそうです。

F8トリブートのフロント。ヘッドライトの上にインテークが新設された。

こちらは488GTBのフロント。

ヘッドライト上部には、新たにインテークが設けられました。
これはバンパー外側のインテークと共に、ブレーキを冷却するためのものです。
これによりブレーキサイズを大型化(=重量増)することなく、さらなる高速化に対応できるようになりました。

フロントラジエターは後傾した状態で搭載されています。
ダイナミックエンジンエアインテークが、リアスポイラーの両端から吸気しているというのは面白いですね。

F8トリブートのリア。スポイラーをリアパネルと一体化して、308GTB風に見せている。

488GTBのリア。F8トリブートに比べるとシンプルだ。

なお、LEXAN™で作られたリアスクリーンのルーバーはF40のオマージュ、丸2灯のテールライトとボディ同色のテールパネルは、308GTBのオマージュだそうです。

F8トリブートのリア。丸2灯のテールライトが久しぶりに復活した。

こちらは488GTBのリア。

目次に戻る

インテリア

F8トリブートのインテリア。

こちらは488GTBのインテリア。

フェラーリはインテリアを完全に新設計したと主張していますが、デザインは488GTBから多くを引き継いでいます。

488GTBとの違いは、エアコン吹出口が円形になったこと、小径化されたステアリングホイール、リデザインされたスイッチ類、パッセンジャー用の7インチタッチスクリーンなどです。

目次に戻る

パワートレイン

3.9リッター・V型8気筒ツインターボは、720ps・770Nmを発生します。
パワーとトルクの値は、488ピスタと全く同じです。
最高速も340km/hで並んでいます。

ピスタとの違いを以下の表にまとめました。

488ピスタ F8トリブート
最大トルク発生rpm 3,300 3,250
0-100km/h(秒) 2.85 2.9
0-200km/h(秒) 7.6 7.8

0-100km/hと0-200km/hの加速でF8トリブートがわずかに遅いのは、ピスタと比較して車重が重いためでしょう。
488ピスタの乾燥重量は1,280kgですが、F8トリブートはそれよりも50kg重く、1,330kgとなっています。
ただし488GTBと比較すると、F8トリブートは40kgも軽量です。

より高度な電子制御

マネッティーノでRACEモードを選択した際には、Ferrari Dynamic Enhancer(FDE+)の最新バージョンを作動させることができます。

FDEは488ピスタに初搭載されたシステムで、サイドスリップコントロールのアルゴリズムに基づいてヨーレートを予測、ブレーキ圧を制御することで、各ホイールのトラクションの喪失を相殺し、車体の動きを制御するものでした。
FDH+は、その発展形でしょう。
プレスリリースによると「限界のパフォーマンスをより達成しやすくデザインされた」とあるので、スリリングな走りを、より多くの人が楽しめるようになっているはずです。

目次に戻る

価格・発売日

価格および発売日は、まだ明らかにされていません。
3月5日にジュネーブモーターショーでワールドプレミアされるので、その際に何らかのアナウンスがあると思います。
発表され次第、この項目に追記予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath