AMG A35セダン ハッチバックやCLAとも異なる第3の選択肢

2019年3月29日Mercedes-Benzの新車情報, 新車情報セダン

メルセデスAMGが、A35 4Matic セダンを公開しました。
ホットハッチのA35 4Maticを、4ドアセダンにしたモデルです。

今回はAMG A35セダンの概要と画像をご覧ください。

Related Posts

AMG A35セダンの概要

エクステリア

AMG A35 4Matic セダン

ヘッドライトやバンパーはA35ハッチバックと同じ。

参考画像として、A35ハッチバックのフロントマスク。

前後オーバーハングが短く、とてもコンパクトに見える。

参考画像としてCLAのサイドビュー。

フロントのブレーキキャリパーは、ステアリングナックルにラジアルマウントされている。

明確なトランク部分を持つノッチバックセダンだ。

派手さはないA35セダンだが、テールパイプとディフューザーは攻撃的。

テールランプのデザインはハッチバックと異なる。

顔つきはハッチバックのA35と変わりません。
一方、車体後部は明確なノッチを持つセダンとなっています。
4ドアクーペのCLAとも明らかに異なるリア周りです。

サイドから見ると、CLAとの違いがさらに明白となります。
A35セダンの前後オーバーハングは、CLAと比較して非常に短いからです。
優雅なクーペといった趣のCLAに対し、A35セダンはいかにもスポーツセダンらしいプロポーションをしています。
ちなみにホイールベースは、A35ハッチバックと全く同じ(2729mm)です。

A35セダンは、後部座席のヘッドルーム(座面からルーフ内張りまで)が945m、トランク開口部の横幅は950mmと、コンパクトセダンにおいて弱点になりがちな部分もきちんとケアされています。

目次に戻る

インテリア

A35セダンのインテリア。

イルミネーションのせいでかなり派手に見える。

AMGステアリングホイールが、様々な機器の操作手段を提供する。

シートはレザーとDINAMICAマイクロファイバーを組み合わせた表皮を持つ。

後部座席の頭上が広いのはセダンならでは。

Aクラスと同じく、最新のインフォテイメントシステムであるMBUXが搭載されています。
「ハイ、メルセデス」でお馴染みのアレです。
マルチメディアやルームランプを音声認識を通じてコントロールできます。

AMGモデルということで、デジタル・インストゥルメントのグラフィックもAMGスタイルです。
中央にタコメーターを配置した「スーパースポーツモード」などが用意されている他、Gフォースなどを表示させることもできます。

センターコンソールのタッチスクリーンにも、AMG TRACK PACE(データロガー)やテレメトリデータなど、ドライビングに関する情報を表示可能です。

目次に戻る

シャシー

フロントのねじり剛性を高めるべく、エンジンの下にはアルミニウム製の補強プレートが追加されています。
また、フロントの床下にも斜めに2つのブレースが入っており、やはりねじり剛性を高めています。

サスペンション形式は、フロントがマクファーソンストラット、リアはマルチリンクです。
ウィッシュボーンはアルミ製で、ブレーキキャリパーはステアリングナックルにラジアルマウントされています。

そのブレーキは、フロントがモノブロックの4ピストンキャリパーに350mm径のベンチレーテッドディスクの組み合わせ、リアはシングルピストンのスライディングキャリパーに330mm径のベンチレーテッドディスクとなっています。

オプションでAMGライドコントロールサスペンションも装着可能です。
いわゆるアダプティブ・ダンパーで、ドライバーは3つの減衰力設定の中から適切なものを選択できます。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボです。
最高出力は306ps、最大トルクは400Nmとなっています。
0-100km/hは4.8秒、最高速は250km/hです。

このエンジンには、ピエゾインジェクターや可変バルブタイミング機構の「CAMTRONIC」、シリンダーを円錐状(横から見て末広がりに)加工するシリンダーホーニング技術である「CONICSHAPE」など、メルセデスの最新技術がこれでもかと詰め込まれています。

NEW Mercedes-Benz Engine: CAMTRONIC System
CAMTRONICの解説動画

CONICSHAPEは、ピストンスカートが熱膨張した際に、シリンダー壁面との摩擦を緩和すべく、シリンダーそのものをテーパー形状に加工する技術のようです。
つまり下死点に近づくほどシリンダー径が大きくなるように加工されています。

トランスミッションは、7速 AMG SPEEDSHIFT DCTです。
鋭い発進加速を可能にするRACE-START機能も搭載されています。

また、AMG Performance 4MATICは、前輪駆動から前後50:50までのトルク配分が可能です。

ドライブモード

5つのAMG DYNAMIC SELECTドライブプログラムが用意されています。
「Slippery」「Comfort」「Sport」「Sport+」および「Individual」です。

目次に戻る

価格・発売日

欧州での発売は2019年夏、価格は50,000ユーロ以上となりそうです。
A35ハッチバックが47,529ユーロなので、セダンの方が高くなるわけですね。

日本への導入時期は不明ですが、A35ハッチバックが未導入だったアメリカでもセダンは発売されるそうなので、日本にも導入されると思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath