チューニング 自動車文化

Novitec N-Largo 812スーパーファスト 跳ね馬のフラッグシップをさらにチューニング!

投稿日:

ドイツのチューナーであるNovitecが、フェラーリ812スーパーファストのワイドボディキットを発表しました。

Novitecは以前にも812スーパーファスト用のアップグレードキットをリリースしていますが、今回のは一段と過激なデザインになっています。
ECUやエキゾーストシステムも変更済みです。

それではNovitec N-Largoのワイドボディキットについて見ていきましょう。


Novitec N-Largo Ferrari 812 Superfast

エクステリア

Novitec N-Largo 812スーパーファスト


大きなバンパー開口部が、この車の性質を物語っている。


レーシングカーのようなフロントスプリッターだ。


ボンネット上には熱抜きダクトが追加されている。


フロントフェンダーはかなり複雑な空力処理が施されている。


ワイドボディならではの迫力ある佇まいだ。


ワイドになったリアフェンダーだが、違和感はない。


レーシングカーさながらのリアディフューザー。


リアウィングはやや大人しめ。


F1のようなサウンドを奏でるクアッド・エキゾースト。


装着されているボディキットは全てカーボン製です。
フロントは70mm、リアは140mmもワイド化されます。
もちろん公道走行可能です。

F1からインスピレーションを得たというこのデザインは、デザイナーのVittorio Strosekと共同で作成されました。
フロントスプリッターやリアウィング、リアディフューザーなどの造形は、確かにレーシングカー的です。

大きく拡大されたフェンダーに収まっているのは、Novitec NF 10 NLという鍛造ホイールです。
サイズはフロント21インチ、リア22インチとなります。
このホイールは米国のホイールメーカーであるVossenと共同開発されたもので、5組のダブルスポークと奥行きのある形状が特徴となっています。
タイヤはピレリ P-Zeroです。

車高を35mm下げるスポーツスプリングを組んだサスペンションが装着されています。
しかしボタン一つでフロントの車高を40mm上げるフロントリフトシステムがあるため、段差を恐れる必要はありません。

目次に戻る

インテリア

インテリアは顧客の望み通りにカスタマイズ可能です。
好きな色のレザーやアルカンターラを使うことができます。

目次に戻る

パワートレイン

6.5リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、ECUのセッティングが見直されたことで出力・トルクが向上し、840ps・751Nmとなっています。
ノーマルと比較して、40ps・33Nmのアップです。
それにより0-100km/hは2.8秒(ノーマル比で0.1秒速い)、最高速は345km/h(同5km/hアップ)というパフォーマンスを実現しています。

クアッド・エキゾーストは排圧を下げてパワー特性を最適化するだけでなく、軽量化にも貢献します。
インコネルで作成したエキゾーストを装着すれば、ノーマル比で11kgの軽量化が可能です。

Novitec Ferrari 812 N-Largo Exhaust
昔のF1みたいなエキゾーストサウンドがかっこいい。

目次に戻る

価格・発売日

こういう車は顧客の要求する仕様に応じて製作されるので、価格はあってないようなものでしょう。

Novitecが自動車メディアのThe Driveに語ったところによると、彼らはN-Largo仕様へのコンバージョンをわずか18台に限定するようです。
Novitecの本社、または正規販売代理店で注文することができます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

-チューニング, 自動車文化
-, , ,

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.